Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2016年1月号

注目のPICK UP TOPIC!

東京農業大学第三高等学校附属中学校

発見と感動の北海道修学旅行

体験型で学ぶ実学の集大成
大地の恵みをみんなで収穫。タマネギは自宅のおみやげになりました。

大地の恵みをみんなで収穫。タマネギは自宅のおみやげになりました。

 同校は「実学」を教育の軸に置いています。実学教育とは、さまざまな自然現象や社会現象を主体的に観察し、あらゆる角度からの疑問を投げかけながら研究課題を発見し、実験や体験、調査などを通じて明らかにしていく学び方のことです。中1では、自ら育てたダイズから味噌をつくり(醸造体験)、中2では、稲作体験を通して実学のおもしろさを体現していく同校の生徒たち。中3の9月には、自然いっぱいの道東で過ごす北海道修学旅行で、実学教育の集大成を迎えます。

「北海道修学旅行は観光が目的ではなく、あくまでも体験型の修学旅行である点が一番の特徴です。これまでの醸造体験、稲作体験に、大規模農場での収穫体験や水産加工体験(新巻鮭づくり)を重ねていきながら、北海道の文化・産業への理解を深めていきます」(中3学年主任/三浦 健先生)

 またそれと同時に、東京農業大学オホーツクキャンパス(網走市)も見学します。新たな学びの視点を発見する貴重なキャリア教育の場として位置づけ、実際にオホーツクキャンパスで学ぶ同校の卒業生から話を聞く機会も設けているそうです。

 出発前には、各自が「歴史分野」「自然科学分野」「農業・漁業・産業分野」の3つのテーマからキーワードを選び、本や新聞、インターネットなどを活用して北海道についての調査を行い、事前学習としてA4版レポートを3~4枚提出。現地の見学先ではさらに深く調査・研究を行い、その結果を卒業論文としてまとめていきます。

「北海道旅行の経験はあっても、自然遺産でもある知床半島を含めた道東に行ったことのある生徒は限られます。オホーツクの雄大な海を見て真冬の流氷に思いを寄せることも、クリオネなどの神秘的な生物と出合うことも貴重な経験です。道東の大自然を満喫する中でトウモロコシやジャガイモの収穫に携わり、また、サケの遡上を目の当たりにする体験型の学習を通して、日本が抱える食料自給率の問題に関心を寄せるようになった生徒も少なくありません。
 さらに、北海道開拓の歴史や、先住民族であるアイヌの文化に触れることも勉強です。北海道はまさに本校が力を入れる実学教育に最適の学びのフィールドと言えるでしょう」

 3泊4日の修学旅行の一番のお土産は、何といっても自ら手作りの新巻鮭です。北海道を代表する大自然のごちそうは、数日後には食べ頃となって生徒一人ひとりの自宅に届けられました。

一人ひとりが新巻鮭の加工に挑戦。北海道の食文化を学ぶ貴重な体験でした。一人ひとりが新巻鮭の加工に挑戦。北海道の食文化を学ぶ貴重な体験でした。
東京農大オホーツクキャンパスを訪れた生徒たち。研究室にも入れていただきました。東京農大オホーツクキャンパスを訪れた生徒たち。研究室にも入れていただきました。
こちらは阿寒湖アイヌコタンでの一コマ。全員で伝統の古式舞踊も体験しました。こちらは阿寒湖アイヌコタンでの一コマ。全員で伝統の古式舞踊も体験しました。

生徒にインタビュー
道東の修学旅行は初めての体験でいっぱい!
感想をうかがった中3の生徒たち。(左から)山崎桃佳さん、冨永 舜くん、迫田彩香さん。感想をうかがった中3の生徒たち。(左から)山崎桃佳さん、冨永 舜くん、迫田彩香さん。

迫田さん
到着したその日の夜のナイトネイチャーウォッチングで、キタキツネやエゾシカに出合いました。北海道の大自然は予想以上に感動ものでした。

冨永くん
北海道でも道東エリアに絞って行った体験は、かなり貴重だと思います。自宅に届いた新巻鮭はおいしかったです。家族みんなで、いただきました。

山崎さん
最初はなぜ北海道なんだろうと思いましたが、行ってみたら初体験の連続でおもしろかったです。収穫したばかりのトウモロコシを生で食べた時のおいしさは忘れられません(笑)。

修学旅行前の事前研究
個人研究は3つのテーマと27のキーワードに挑む
事前学習は個人研究。生徒一人ひとりが、一つのことを深く掘り下げて調べることの難しさや楽しさを身をもって体験します。事前学習は個人研究。生徒一人ひとりが、一つのことを深く掘り下げて調べることの難しさや楽しさを身をもって体験します。

 生徒たちは北海道修学旅行に行く前に、3分野からキーワードを選んで北海道について調べ、研究レポートを作成します。現地ではこれをさらに深く調査し、その成果は卒業論文としてまとめられます。

テーマ1

 オホーツク文化・モヨロ貝塚・文化・蝦夷地・アイヌ民族・シャクシャインの乱・間宮林蔵と伊能忠敬・函館開港・開拓使・網走監獄・北方領土

テーマ2

 流氷・オホーツク海・クリオネ・釧路湿原・知床世界遺産・エゾシカ・キタキツネ・ヒグマ・道東の植物・火山

テーマ3

 寒冷地農業・4大農業地帯・ニシン漁・北洋漁業・新巻鮭・炭鉱

(この記事は『私立中高進学通信2016年1月号』に掲載しました。)

東京農業大学第三高等学校附属中学校  

〒355-0005 埼玉県東松山市松山1400-1
TEL:0493-24-4611

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】『次世代型学力』を軸とした教育改革で“自分に誇れる未来”をつかむ力を育成
【WEB版『Hello! School』】実学で得た体験は未来に活きる知的財産!主体的に学ぶ生徒たちが弾ける「農三」へ
【コロナに負けない!私学のアクション】『究理探新』の心を育てる実学教育を休校期間中も実践
【未来を切り拓くグローバル教育】肌で感じ、自ら学び取るグローバル感覚
【グローバル特集 授業 】「オンライン英会話」でやる気と英語力をアップ
【本音で語る保護者座談会】のびのびとした環境の中で「実学」を通してたくましく成長する生徒たち
【私学の英語最前線】工夫を凝らした課題で基礎を徹底インプット
【学校生活ハイライト】生徒の積極性を引き出すグローバルイングリッシュキャンプ
【6年間の指導メソッド】多彩な体験学習で論理的思考力を養う
【先生の本棚】広大なキャンパスに点在する白い校舎や施設
【学校生活ハイライト】英語のシャワーの中で国際力を実らせる
【6年間の指導メソッド】体験学習が思考力・判断力・表現力を育成
【その先に備えるキャリア教育】探求 実体験から知恵を培い自ら学びの道を切り拓く
【学校生活ハイライト】語学力も人間力も大きく成長する約2週間のNZ語学研修
【注目のPICK UP TOPIC!】発見と感動の北海道修学旅行
【熱中!部活動】科学部/吹奏楽部 「究理探新」精神のもと 思いやりと自ら学ぶ心が育つ
【授業見聞録】英語 英語をツールとして自己表現できる生徒を育てる
【授業発見伝】理科 生徒の “探究心” に火をつけ知識と理科的思考力を伸ばす
【部活レポート】サッカー部/野球部
【その先に備える キャリア教育】教科連動の実学キャリア教育で自立した進路選択を可能に
進学通信2016年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ