Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年12月号

大学合格力強化計画

関東学院中学校

基礎学力定着のための地道な努力と
体験型学習で着実に伸びる合格実績

YMCAと共同開発した英語教育プログラム「グローバル・ビレッジ」

YMCAと共同開発した英語教育プログラム「グローバル・ビレッジ」

進路・進学指導に生かされる
校訓「人になれ奉仕せよ」

 創立以来96年にわたりキリスト教の信仰と聖書の教えを大切にしながら教育活動に取り組んできた同校。進学指導にも、その伝統が息づいています。中高一貫校としてのメリットを生かしながら実践しているのが、「キャリアデザイン(進路指導)」「キャリアガイダンス(進学指導)」という2つの柱による指導です。キャリアデザインでは将来どのような人間として生きていくのか、自分の夢を描きながら進路を模索していきます。キャリアへの意識を育むために行われている、保護者によるキャリア講演会や職業体験学習に加え、キリスト教を通じて自然と人間のつながり、人間同士のつながりなどを学ぶ修養会が行われています。そこに生かされているのが、「人になれ奉仕せよ」という校訓です。

「グローバル社会において、文化や価値観の異なる海外の人達と交流していくうえで、大切なことは折り合う力。お互いの主義主張を認め合いながら折り合いをつけていくために、自分と同じように他人も大切にするキリスト教の考え方や価値観は大きな力となります」(冨山 隆 校長先生)

 そして、キャリアガイダンスでは、キャリアデザインで自らが思い描いた夢を叶えるために、文系・理系の選択、目指す大学・学科の絞り込みなどを行っていきます。高2、高3では、同校卒業生の著名大学教授による講演や、大学の講義を先取りする教授による特別授業、大学訪問などを通じて、大学での学びとは何かが示され、キャリアを意識した進学を考える機会を提供しています。

基礎学力強化と体験を重視し
全校レベルで学力アップを実現
 関東学院の進路指導

 同校の卒業生の約9割は、現役で国公立大学や4年制私立大学に進学しています。最近は、系列の関東学院大学への進学(院内推薦)が減少する一方で、国公立大学や早慶上智、GMARCHの合格者数が着実に伸びています。

「本校では、地道に基礎学力の定着に取り組んできました。中1から高1まで、夏・冬の休暇中に行われる指名制補習では、つまずきを先に持ち越さないように指導しています。また、よりレベルの高い学習を希望する生徒には、夏・冬・春の休暇中に希望制講習を実施しています。こうした実践を通じて全校レベルで学力が向上し、中間層が厚くなり、上位層も増加しました。その結果が、最近の合格者数増として表れているのだと思います」

 学力向上の鍵を握るのは、自学自習の習慣を身につけることです。そのためには、学ぶ楽しさを知ることが欠かせません。基礎学力という「土台づくり」をきちんと行うことがわかる喜びにつながり、その後の学習へのモチベーション向上に役立っているといえるでしょう。また、自らの手を使い、体験をさせる機会を多く設けているのも同校の特徴です。理科では実験を重視した授業を行い、技術や美術といった主要5科目以外の教科にも力を入れています。

「こうしたさまざまな『体験』は教科を超えて統合され、『経験』として蓄積されていきます。例えば美術で身につけたデッサン力は、理科の観察レポートに生かされるのです。こうした学びのすべてが、関東学院生の骨格づくりに役立っています」

新たな入試制度を見据えた
グローバル・ビレッジの導入と国際交流の推進

 2020年から質的に大きく変わる大学入試。これまでのような暗記を重視した知識の量ではなく、思考力・判断力が問われるようになります。英語の試験では4技能のバランスが評価されることになります。このような能力を重視した入試改革への対応にも同校は積極的に取り組んでいます。

「これからは外国人との対話がますます重視されるようになります。本校では、英会話教育で定評のあるYMCAと共同でグローバル・ビレッジというプログラムを開発し、希望者を対象に、放課後、独自の英語教育を実施しています。英語の4技能を高めるために役立つこのプログラムは、授業にも取り入れていく予定です」

 英語力の強化に加え、国際交流にも同校は力を入れており、オーストラリア研修旅行、ハワイ島理科研修旅行、セブ島語学研修など、海外研修の機会を設けています。

 また、今後は国内においてもグローバル社会に適応できる能力を養うために、従来から親交のあった近隣の東京・横浜独逸学院との積極的な交流も計画されています。

 さらに、甲子園とオリンピックを合言葉に、全国大会や世界大会への出場を応援する人間力育成プログラムも検討中です。他校の生徒や同年輩の外国人と競い合うことで、結果を残すために必要なスキルとそのスキルを支えるメンタルとフィジカルを実戦で体得し、大学入試突破のプラスアルファとするのです。こうした取り組みは、キリスト教を礎にした教育とともに、人間性を重視する新たな大学入試制度に適応する能力を養ううえで大きな力を発揮することでしょう。

2015年主な大学合格者数
大学名 新卒生 既卒生 総計




東京大学 1 0 1
北海道大学 0 1 1
東京農工大学 1 0 1
電気通信大学 1 0 1
横浜国立大学 2 0 2
横浜市立大学 2 0 2
大学名 新卒生 既卒生 人数



青山学院大学 34 1 35
学習院大学 8 1 9
慶應義塾大学 11 2 13
国際基督教大学(ICU) 1 0 1
上智大学 6 1 7
中央大学 9 1 10
東京理科大学 8 0 8
法政大学 18 4 22
明治大学 18 2 20
立教大学 21 0 21
早稲田大学 3 1 4

(この記事は『私立中高進学通信2015年12月号』に掲載しました。)

関東学院中学校  

〒232-0002 神奈川県横浜市南区三春台4
TEL:045-231-1001

進学通信掲載情報

【生徒に聞く学校生活】生徒それぞれの個性を大切にする校風
【未来を切り拓くグローバル教育】生徒が英語を使いたくなる3つの英語の授業を連携
【私学の光輝】生徒の心の中にしっかりと根付くキリスト教教育
【私学の英語最前線】3形態の授業の相乗効果が4技能を効果的に伸ばす
【SCHOOL UPDATE】クリスマスツリー点灯式 キリスト教の「奉仕の精神」で共生社会に貢献する人間性を育む
【本音で語る保護者座談会】生徒一人ひとりに向き合いやりたいことを尊重する手厚いサポート
【未来を切り拓くグローバル教育】使うことで伸びる英語力授業に“実践”の場を提供
【目標にLock On!! 私の成長Story】まずはやりたい気持ちを発信そうすれば道は自ずと拓ける!
【その先に備える キャリア教育】同窓 次代を担う人間性豊かな人材を「同窓」で結ばれた絆が支える
【熱中!部活動】【ダンス部/バドミントン部】生徒の自主性を原動力に伝統を創り、受け継ぐ
【SCHOOL UPDATE】部活動を通した社会貢献 音楽を通して地域や社会に貢献
【グローバル時代の学び方】グローバル社会に触れ気づきを得る海外研修
【The Voice 校長インタビュー】学外にも活躍の場を広げ 21世紀を生き抜く調整力を育む
【Students' Chat Spot】キリスト教精神のもと「人になれ 奉仕せよ」の校訓を掲げ 他人との関わりを大切にした教育
【大学合格力強化計画】基礎学力定着のための地道な努力と体験型学習で着実に伸びる合格実績
【学校生活ハイライト】徹底したマンツーマンの英語研修で豊かな国際感覚を身につける
【大学合格力強化計画】着実な伸びを示す大学合格実績 起点は2008年導入の新カリキュラム
【Students' Chat Spot】ユニークな行事が盛りだくさん 関東学院の魅力
【部活レポート】マーチングバンド部発祥の伝統校 華やかな演奏で観客をわかせます!
進学通信2015年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ