Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年12月号

10年後のグローバル社会へのミッション

東京女学館中学校

世界に羽ばたく女性の育成をめざす
伝統校の真の国際化教育

約3週間の滞在で、現地の先生ともすっかり打ち解けました。2015年夏に行われたアメリカ研修旅行には、30名が参加。

約3週間の滞在で、現地の先生ともすっかり打ち解けました。2015年夏に行われたアメリカ研修旅行には、30名が参加。

多文化共生の時代を生き抜くインクルーシブ・リーダーシップ

「諸外国の人々と、対等に交流できる女性の育成」が建学の精神である同校。

「創立以来130年近い歴史のなかで、建学の精神は深く熟成されてきました。そして今、世の中のグローバル化の流れのなかで、時代に沿う形での国際交流を通した人づくりをしていこう、という思いを強くしています」
(教頭/渡部さなえ先生)

 国際化が進み、価値観も一様ではなくなった21世紀。子どもたちは、正解のない課題や見たことも聞いたこともない課題に直面することも少なくないでしょう。こうした多文化共生の時代を生き抜く力として求められているのが、インクルーシブ・リーダーシップです。

「一人がリーダーとなり人を動かすのではなく、適材適所という言葉のように、互いの良さを理解し、みんなの力を総合的に集めてやり遂げていくリーダーシップのことです。これには高いコミュニケーション力はもちろん、他国の文化理解が欠かせません」(渡部先生)

伝統校ならではの国際交流プログラムと『国際学級』

 同校では、アメリカと東南アジアへの文化研修をはじめ、短期留学生を迎える提携校相互交流などを通して、国際交流を行っています。

「特に東南アジアの提携校とは、ホームステイを通じて相互の交流を深めています」(英語科/多田道子先生)

 生徒の家庭がホストファミリーとなって留学生を迎えるなど、海外に行かなくても異文化体験ができるのも魅力。同校の国際交流は20年近く続いており、蓄積されたノウハウは財産となっています。また、アメリカ文化研修で行われる「ジョブ・シャドウイング」は、同校ならではのプログラムです。

「社会の第一線で活躍する女性に丸一日、密着させていただきます。文化の違いを肌で感じて、気づきを得ることが成長につながります」(渡部先生)

 国際交流を通じた国際化教育は、同校の柱です。この求心力となっているのが、2004年に開設された『国際学級』です。世界で通用する、英語力の育成に特化したクラスで、帰国生と一般生が机を並べて学んでいます。

「国際学級には、国際交流に高い意識を持つ生徒がいます。こうした生徒が刺激となって、一般学級の生徒も含めた学校全体がグローバルな視野を広げています」(渡部先生)

 伝統の精神と、時代に合わせた柔軟な教育が、次世代のリーダーシップを担う女性を育んでいます。

東京女学館の取り組みレポート
異文化を理解する広い視野を育てる 2つの海外文化研修

オレゴン州の豊かな自然のなかで学ぶアメリカ文化研修

 夏休みを利用して、高1と高2の希望者を対象に行われています。オレゴン州のTIUA(東京国際大学アメリカ校)での寮生活を基本に、週末にはホームステイなども組み込まれた約3週間のプログラムです。

 生徒は、研修終盤のジョブ・シャドウイングに向けて準備を重ねていきます。研修に先だって、英語のブラッシュアップと相手国の文化を学ぶ授業を目的に、1泊2日の事前研修も組まれており、単なる語学研修に留まらない学びが得られます。

ホームステイで地元の文化を知る東南アジア文化研修

 タイとマレーシアの提携校で、それぞれの学校の生徒の家庭に1週間ずつ滞在。さらにマレーシアのマラッカやタイのアユタヤなど古都への小旅行も加えた約17日間のプログラムです。提携校では地元の生徒たちと共に授業にも参加するなど、文化や歴史を様々な機会を通じて学びます。出発前には、参加者を対象に社会の教員による歴史の学習も行われています。タイでは、貧しい地域への見学も含めるなど、生徒の問題意識を喚起する研修内容となっています。

イギリス・アメリカ名門女子校へ 1年間の留学制度

 高2生を対象に、学業面および生活全般において優れた生徒を選抜して、イギリス・アメリカの提携校に派遣しています。これからのグローバル社会を生きる生徒にとって、最高の自分磨きの機会となっています。

6年間を通して自分の考えを英語で表現する力をつける

 英語力の育成は、同校の教育の柱でもあります。その特色として挙げられるのが、スピーキングの重視。「次々に与えられるプレゼンテーションやディベートなどの課題を通して、日本語でも英語でも、自分の意見を発表することへの抵抗感が、学年が上がるとともに薄れていくように感じます」と多田先生。また英作文も多く取り入れ、受け身ではなく自ら発信できる力を育てることを大切にしています。

一生涯の出会いを育む 提携校からの訪問団の受け入れ

 タイやマレーシアの提携校とは、先生と生徒が本校に来校する相互交流を行っています。また、2014年からは夏休みにアメリカの名門女子校スミス・カレッジの学生を迎えてエンパワーメント・プログラムを実施。いずれのプログラムも生徒の家庭がホストファミリーになるなど、生活面からも親睦を深めています。

「英語力に関わらず、国際的視野を広げられる内容です。こうしたプログラムを通して深まった海外の生徒との絆は、生徒の一生涯の宝になっているようです」(多田先生)

(この記事は『私立中高進学通信2015年12月号』に掲載しました。)

東京女学館中学校  

〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-7-16
TEL:03-3400-0867

進学通信掲載情報

【私学の英語最前線】習熟度別・少人数制の新指導体制で英語力を強化
【コロナに負けない!私学のアクション】5月11日から全学年で1日6時間のオンライン授業 学びを止めない取り組み
【SCHOOL UPDATE】英語劇『ロミオとジュリエット』 英語力や表現力を磨き揺るぎない自信を得る
【その先に備えるキャリア教育】自覚 卒業後の目標を定め高校生の自覚を促す研修旅行
【目標にLock On!! 私の成長Story】思いやりや礼儀正しさ、協調性 母校での学びが卒業後も活きていると実感
【私学の校外学習・学外交流】「英語を使うのって楽しい!」と意欲的になるプログラムが満載
【学校生活ハイライト】日々の努力の成果を示して一人ひとりの個性が輝く
【私学だからできるオリジナル教育】生涯にわたって生きる感性を身につける授業
【注目のPICK UP TOPIC!】熱戦が繰り広げられた伝統の「体育大会」
【制服物語】2年後に創立130周年を迎える 歴史と伝統を持つ女子校
【熱中!部活動】好きなこと、得意なことを通じて また一歩、成長した自分に出会う!
【10年後のグローバル社会へのミッション】世界に羽ばたく女性の育成をめざす 伝統校の真の国際化教育
【私学の先生から受験生へのアドバイス】中学の学びは知識+思考力 ニュースや時事問題に関心を持とう
【制服Collection】80年以上前に定められた伝統の制服は誰もが憧れる清楚なセーラー服
【The Voice 新校長インタビュー】自分のことばに責任を持ち 表現し、伝えられる人物を育てます
進学通信2015年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ