LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年12月号

10年後のグローバル社会へのミッション

獨協中学校

海外での多彩な「体験」が
グローバルな発想と思考を育てる

ブリティッシュヒルズ英語研修(中3)では、「スコーン作り」などの体験を通じてイギリスの文化にも触れます。

ブリティッシュヒルズ英語研修(中3)では、「スコーン作り」などの体験を通じてイギリスの文化にも触れます。

伝統的なグローバル精神のもと語学と異文化を学ぶ

 132年前、近代化を進める日本において、ドイツ文化の摂取・移入の目的で創立された同校。その教育理念には、「海外の文化から学び、国家を創り上げる」という精神が根づいています。この伝統的なグローバル精神をベースに、今の時代に世界とどう関わり合っていけばいいのかを生徒が自分で考え、自分なりの将来像を展望できるように導くことがグローバル教育の目標です。

 グローバル教育の柱に据えているのは、英語教育と体験教育。英語学習については、週7時間の授業時間を確保するとともに、ネイティブの先生を常駐させ、生徒が日常的に英語に触れることができる環境を整えています。

「普段の英語学習に加えて、『体験』による英語の学びがよい刺激となります。夏休みを活用し、中1・2は『国内ミニ留学』と称して、学校でネイティブの指導を受けながら英語漬けの生活を体験します。さらに、中3では、福島県にあるブリティッシュヒルズに3泊4日で出掛け、英語で生活を送りながら、イギリスの文化に触れるアクティビティを行い、異文化理解も深めます」(副校長/笠井淳三先生)

環境・科学をテーマに多様な海外研修を展開

 中学3年間で段階的に英語学習、異文化体験を重ね、高1では海外研修、高2ではハワイ修学旅行に参加し、現地に行かなければ得られない貴重な体験を通して、語学力の向上とともに、国際感覚を磨きます。

 同校では、環境問題への取り組みに力を入れており、高1の海外研修では、語学習得をメインとした「シアトルホームステイ」に加え、大自然を体感する「イエローストーンサイエンスツアー」や、本場の環境教育を学ぶ「ドイツスタディツアー」など、科学や環境をテーマにした研修を企画しているのが特徴的です。どの研修も、現地の企業や教育機関の協力を得た多彩なプログラムで構成され、生徒が見聞や体験を通して、将来、海外留学したり、海外で仕事をしたりすることが具体的にイメージできるようにしています。

「『体験』こそが、子どものグローバルな発想・思考を育てると考えています。海外研修でさまざまなテーマに関心を寄せた生徒たちは、そのテーマをもっと深く学び、その道で活躍していくには語学力が不可欠だということに気づきます。それがモチベーションとなり、語学学習にもいっそう真剣に取り組むようになるのです」(笠井先生)

獨協の取り組みレポート
アメリカの自然科学研究に触れる
「イエローストーンサイエンスツアー」

 世界初の国立公園であるアメリカのイエローストーンを訪れるツアー。ハイキング、天体観測、キャンプなどの活動を通し、大自然を体感するとともに、地元のモンタナ州立大学にも足を運び、恐竜の化石や温泉に生息するバクテリアの研究などについても学びます。自然と一体化した環境のなかで、アメリカの自然科学研究の一端に触れることで、科学への関心や環境問題への意識を高めることができます。

環境と平和について学ぶ
「ドイツスタディツアー」

 ドイツの高校・大学や生物教育園などを訪問し、現地の人と交流しながら、ドイツ人の考える「人と自然の共生のあり方」を学ぶ研修旅行。環境大国であるドイツならではの先端的な取り組みに触れ、環境問題への理解を深めます。

 また、ベルリンの壁や強制収容所にも立ち寄ることにより、戦争の歴史と平和についてじっくり考えることを促しています。

海外で学び、働くことを見据えた
「シアトルホームステイ」

 アメリカのシアトルでホームステイをしながら、語学習得と、現地の人との交流を大きなテーマとしている研修旅行です。最後の数日間は、サンフランシスコに移動して小旅行を楽しみます。現地の学校で英会話を学ぶほか、大学訪問や企業見学なども行い、生徒が海外留学や海外勤務を視野に入れて、将来のことを考えられるようなプログラムを組んでいます。

グローバル教育の集大成
「ハワイ修学旅行」

 高校2年で行く「ハワイ修学旅行」は、中学から取り組んできたグローバル教育の集大成ともいえる行事です。修学旅行でも環境・科学がテーマの一つとなっており、ハワイ島特有の気候や自然について学び、キラウエア火山のトレッキングやマウナケア登山などを通して、豊かな自然を体感します。また、ハワイ大学で現地の学生と交流しながら、コミュニケーション力も磨きます。

(この記事は『私立中高進学通信2015年12月号』に掲載しました。)

獨協中学校  

〒112-0014 東京都文京区関口3-8-1
TEL:03-3943-3651

進学通信掲載情報

【学校ってどんなところ?生徒の一日】先生方に見守られながらのびのびと知・徳・体をバランス良く育む
【本音で語る保護者座談会】“獨協愛”が先輩から後輩に受け継がれています
【行ってきました!学校説明会レポート】未来を見据え、他人のために行動できる人を育てる
【未来を切り拓くグローバル教育】「ドイツ研修旅行」で養う世界的視野の問題解決力 歴史と伝統が育む獨協独自の教育
【校長が語る 思春期の伸ばし方】社会へと視野を広げることで 人との関わりから男子は多くを学びます
【Students' Chat Spot】成長を実感! これからも、文武両道でがんばります。
【熱中! 部活動】【演劇部】より楽しい芝居を全員の力でつくりあげる
【目標にLock On!! 私の成長Story】チャレンジ精神の肯定で伸ばされた学生時代 今、自由な発想で社会を生きる
【熱中!部活動】【鉄道研究部/バスケットボール部】素直さと自由さを生かして仲間とともに成長する
【その先に備えるキャリア教育】成長 職業を絞り込むより方向性を探るキャリア教育
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】チーム一丸となって面倒を見る 「学年会」の先生方の温かな指導が 男子の心身の成長を支えている
【Students' Chat Spot】豊富な海外研修プログラム 研修に参加した高1生と高2生が語る獨協の魅力
【10年後のグローバル社会へのミッション】海外での多彩な「体験」がグローバルな発想と思考を育てる
【SCHOOL UPDATE】新入生合宿 他者と関わり信頼関係を築く3日間
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】チームの力が高まることで個々も成長する支え合いの学習環境
【部活レポート】ワンダーフォーゲル部/吹奏楽部
【Students' Chat Spot】授業内容から学校行事まで 自慢のスクールライフ
進学通信2015年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ