Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年12月号

私学の光輝

日本工業大学駒場中学校

仲間と協力してアイデアを形にする
 文化祭

教員や地域の人と一緒に担ぐ神輿。2時間の道のりを一団となって歩きます。

SL愛好会によるミニSLの運転は、子どもたちに大人気。SL愛好会によるミニSLの運転は、子どもたちに大人気。

 澄みわたる秋の空のもと、今年も開催された『日駒祭』。毎年、保護者や卒業生を始め、地域の方々など、多くのお客様が来場する活気あふれる行事です。

 中1生と中2生は学年ごとの合同展示を行い、中3生はクラスごとに出し物を出展します。試行錯誤しながらアイデアを形にすることに意欲的なのは、同校の生徒の特徴。コツコツと努力することに長けている生徒が多いそうです。

 限られた予算と時間の中でアイデアを実現する際には、意見がぶつかることもありますが、その過程も大切な学びの場。仲間とともに作り上げる文化祭は、生徒たちを一回り大きく成長させてくれます。

「アイデアを出し合って新しいものを作るには、課題を発見する力やその課題を解決する力、仲間と協力して物ごとを成し遂げるコミュニケーション能力が必要になります。『日駒祭』は、社会に出てから必要となるこのような力を養うキャリア教育の一つになっていると感じます」(入試広報室/増田徹先生)

 また、同校では生徒を育てるうえで、学校と保護者との連携は欠かせないと考えています。『日駒祭』にも、たくさんの保護者の方々がお手伝いにかけつけました。

「自分を好きになる気持ち、自分はやればできるのだという気持ちを育むことは、生徒たちが意欲を持って前に進んでいくための大切な土台となります。特に、中1と中2では、家庭と密に連携しながら、生徒一人ひとりの自己肯定感を育む関わりを大切にしています。一人ひとりの個性にしっかりと向き合う大人の姿勢は、周りの人にやさしく接することができる落ち着いた生徒を育ててくれていると思います」

快晴の空に掲げられた看板も、生徒たちの手によるもの。快晴の空に掲げられた看板も、生徒たちの手によるもの。
スチューデントホールは食品販売で賑わっていました。スチューデントホールは食品販売で賑わっていました。
茶道部では、男女ともに和装でお点前を披露。茶道部では、男女ともに和装でお点前を披露。
中1生は、『海の生き物』をテーマに展示を行いました。中1生は、『海の生き物』をテーマに展示を行いました。
大迫力の手作りジェットコースター。教室内のコースを1周します。大迫力の手作りジェットコースター。教室内のコースを1周します。
保護者による後援会では、お父さんも活躍。保護者による後援会では、お父さんも活躍。

(この記事は『私立中高進学通信2015年12月号』に掲載しました。)

日本工業大学駒場中学校  

〒153-8508 東京都目黒区駒場1-35-32
TEL:03-3467-2130

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】身近な台湾で異文化を体験し英語のコミュニケーションを実践 中3台湾研修旅行
【学校生活ハイライト】新潟県「赤倉山荘」で育む豊かな人間力と確かな学力
【私たち、僕たちが大好きな先生】勉強ができることより 人柄が温かいことが大事 人から好かれる人間になってほしいです
【中1の始め方】自主性と団結力を促進する学外活動
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒も先生もイキイキしている様子があふれる『日駒オープンキャンパス』
【制服物語】洗練された新制服に身を包み21世紀を切り拓く力を育む
【大学合格力強化計画】早慶上理GMARCH合格者数が増加 進学サポートを強化し実績ある中堅進学校へ
【The Voice 校長インタビュー】新たな『日駒新教育構想』を掲げ基礎学力を徹底する全人格教育を
【その先に備える キャリア教育】育成 変化する世の中を生き抜き活躍することができる力を育む
【中1の始め方】学習習慣と自己肯定感を育むことが成長への第一歩となる!
【私学の光輝】日駒祭 男子と協調しつつ躍動する日駒女子
【6年間の指導メソッド】将来に向け、学力とともに生きる力を育む
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】難関校への合格率が大幅UP 楽しんで学ぶ「体験学習」が学力向上の秘密 生徒と学校が飛躍し続ける注目校!
【目標にLock On!! 私の合格Story】人間関係が温かいから 落ち着いて乗り越えられた受験期
【私学の光輝】仲間と協力してアイデアを形にする 文化祭
【大学合格力強化計画】GMARCH合格者が前年度の2倍 新しいキャリア教育で進路意識を変革
【母校にエール!OGOB interview】個性を伸ばすきめ細かな指導が今の進路へと導いてくれました
【私学の光輝】日駒祭
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】学習習慣と自信をつける『ファイトノート』で基礎学力定着
進学通信2015年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ