LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年12月号

学校生活ハイライト

麗澤中学校

チームワークとコミュニケーション力で
「麗澤らしさ」を発揮する3日間

『麗鳳祭』は中高合同で行われる全国でも珍しい3日構成の文化祭です。1日目は柏市民会館で行われる文化部による文化発表会。2日目は校内での各クラスの展示。3日目は弁論大会が行われます。先生たちはサポートに徹し、準備から実行までを生徒が中心になって進めていきます。今年も学校が一丸となって盛大に実施されました。
日本文化部では留学生も交え、全員が浴衣姿で琴の演奏を披露しました。

日本文化部では留学生も交え、全員が浴衣姿で琴の演奏を披露しました。

心の成長をめざす、生徒主催の一大イベント

「心の力」を重視する教育が定評の同校では、行事を通じて生徒たちの心の成長をめざしています。9月11~13日にかけて行われた『麗鳳祭』は、まさに生徒たちが成長するまたとないチャンス。生徒会のメンバーと各クラスから選抜された『麗鳳会』のメンバーが運営を進めてきました。

「準備期間は、毎日のように“緊急事態”が起こります。生徒会11人全員が、今、何をしているのか、どこが滞っているのかを常に把握していなければならないのが大変でしたね」と生徒会長のU.Hさん(高3)。

 3日間の麗鳳祭は、総勢30人による琴の合奏あり、たこ焼きやお好み焼きの屋台あり、1年をかけた調べ学習の発表ありと見どころが盛りだくさん。さまざまな企画や発表を通して、生徒たちは学年を越えて絆を結び、一回り大きく成長したようです。同校入試広報部の村上先生は、同校の行事への取り組み方を語ってくれました。

「本校の教育のベースは、人としての生き方を学び、それを支えるために感謝・思いやりの心・自立の3つの心を鍛える『道徳』です。周囲への感謝や思いやりの心、相手を考える行動ができて初めて個人の自立があると考えています。麗鳳祭はまさに、生徒同士や先生とのコミュニケーションや全体への奉仕を通じ、自立へのステップを歩む貴重な体験の場なのです」

生徒会長 U.Hさん(高3)

他校では、「運動部が目立っている」と感じることが多いですが、麗澤の文化部はとてもレベルが高く、『麗鳳祭』の文化発表会もみんな楽しみにしています。『麗鳳祭』2日目は学校内での展示会で、生徒全員が盛り上げる側に回ります。麗澤らしさが各場面で表れていますよ!

副会長 Y.Kさん(高3)

麗澤の中1~3では「自分ゆめプロジェクト」と呼ばれる授業があり、各学年ごとにテーマを決め、1年をかけて調べたり、研究するなどして、麗澤祭でその成果を発表します。自分自身、「自分プロジェクト」で調べ、学んだことが生活の芯になっていると思います。また、麗澤は東京ドーム10個分の敷地があり、自然あふれる場所です。こういう環境で学べるのは、素晴らしいですね。

和太鼓部は女性が中心です。ねじりハチマキにはっぴ姿でキメのポーズもりりしい。和太鼓部は女性が中心です。ねじりハチマキにはっぴ姿でキメのポーズもりりしい。
演劇部の発表は未来の社会を舞台にした、ちょっとシリアスな現代劇。大道具の移動や設置など、裏方もすべて生徒たちが担当しました。演劇部の発表は未来の社会を舞台にした、ちょっとシリアスな現代劇。大道具の移動や設置など、裏方もすべて生徒たちが担当しました。
吹奏楽部はコンクールで入賞した実力派の部活です。中・高校生はコンクールの時期以外は一緒に練習をするので、中等部のレベルも自然と上がります。吹奏楽部はコンクールで入賞した実力派の部活です。中・高校生はコンクールの時期以外は一緒に練習をするので、中等部のレベルも自然と上がります。
書道部のパフォーマンス。力強く、一文字一文字を書いていきます。麗鳳祭は文化部が日ごろの練習の成果を発揮できる、またとない機会です。書道部のパフォーマンス。力強く、一文字一文字を書いていきます。麗鳳祭は文化部が日ごろの練習の成果を発揮できる、またとない機会です。
高3生は主に模擬店を担当します。クラスが団結して、販売を行いました。高3生は主に模擬店を担当します。クラスが団結して、販売を行いました。
中1は7月に体験した群馬県みなかみ町での「奥利根水源の森フィールドワーク」の成果をまとめました。中1は7月に体験した群馬県みなかみ町での「奥利根水源の森フィールドワーク」の成果をまとめました。
中2の「自分プロジェクト」は「日本文化研究」が大テーマ。「日本の神話」「神社」「宮中行事」「伝統的なお祭り」などについてのレポートを発表しました。中2の「自分ゆめプロジェクト」は「日本文化研究」が大テーマ。「日本の神話」「神社」「宮中行事」「伝統的なお祭り」などについてのレポートを発表しました。
中3の「自分プロジェクト」のテーマは「職業の過去・現在・未来」。グループ別にさまざまなジャンルの職業について調べました。中3の「自分ゆめプロジェクト」のテーマは「職業の過去・現在・未来」。グループ別にさまざまなジャンルの職業について調べました。
麗鳳祭3日目は弁論大会です。予選を突破した生徒たちによる熱い弁論が、第2体育館ステージで繰り広げられました。麗鳳祭3日目は弁論大会です。予選を突破した生徒たちによる熱い弁論が、第2体育館ステージで繰り広げられました。

(この記事は『私立中高進学通信2015年12月号』に掲載しました。)

麗澤中学校  

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
TEL:04-7173-3700

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】温かい人たちに囲まれて過ごした6年間 弓道に打ち込みながら第1志望校に合格
【キャンパスのビジョン】古き良き伝統と新しさが調和した食堂「けやき」が誕生
【私学の校外学習・学外交流】伝統に息づく先人の志や願いに触れ国際社会を生きる基盤を培う
【目標にLock On!! 私の成長Story】クラスメートとの濃密な日々を通して得た成長と気づきが、未来を切り拓く原動力に
【目標にLock On!! 私の成長Story】楽しく学び、医学の道に進めたことに感謝するばかりの6年間
【学校生活ハイライト】日本の伝統・文化を深く学び表現する麗鳳祭
【グローバル時代の学び方】グローバルな視点を育むユネスコスクールの取り組み
【6年間の指導メソッド】実体験に根ざした教養教育を中学から
【大学合格力強化計画】「叡智」を磨く東大コースを新設 豊富な課外講座で万全の志望校対策
【私学の光輝】入学式 共に磨き合う仲間と迎える新たな門出
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自分の夢を追いながら社会にも貢献できる人に
【学校生活ハイライト】チームワークとコミュニケーション力で「麗澤らしさ」を発揮する3日間
【10年後のグローバル社会へのミッション】知識と人間性を兼ね備えた 叡智にあふれるリーダーを育成
【その先に備える キャリア教育】一人ひとりを進むべき進路へ導く 道徳教育に基づくキャリア教育
【On Going! 進歩する私学の注目情報】道徳教育を基盤とする叡智を磨き真のリーダーを育成する『叡智コース』
【私学の光輝】〝誇り〟と〝謙虚〟さを胸に学校生活の第一歩を踏み出す
進学通信2015年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ