Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年11月号

育ち盛り食事情 学食調べ隊

東京家政大学附属女子中学校

中学3年間のスクールランチで
食の大切さと知識がしっかり身につく

11年前からスクールランチ(完全給食)を実施している同校。校内の調理施設で、専任のスタッフが作る直営方式のランチルームを取材しました。クラスごとに先生と生徒が会食することで食事の楽しさや、食に関する知識を培う食育の場にもなっています。
ランチルームに入ると、すぐに食育コーナーが。ここで今日のメニューの栄養もチェックします。ランチルームに入ると、すぐに食育コーナーが。ここで今日のメニューの栄養もチェックします。
カウンター越しに、できたての食事を受け取るシステム。調理から食事までの時間が短く、適温でおいしい給食が食べられます。カウンター越しに、できたての食事を受け取るシステム。調理から食事までの時間が短く、適温でおいしい給食が食べられます。
この日のスクールランチメニュー

 献立作成は、栄養教諭で管理栄養士の村上まさ子先生が行っています。

「日本型の食生活をと、ご飯中心の一汁三菜+カルシウムのメニューが基本。付け合せの野菜もたっぷり、カルシウムも牛乳をそのまま出すだけでなく、デザートにして提供するなど工夫しています」(村上先生)

 普段のメニューは1種類ですが、毎週火曜日は麺類と丼物、金曜日は2種の魚料理から選べます。この日のメニューは、魚料理2種類(右写真)でした。


Aランチ

ご飯、カジキのねぎ塩焼き、小松菜と小エビのおかか和え、ミニトマト、ひじきの煮物、細切り根野菜の和風スープ、杏仁豆腐(オレンジソースかけ)


Bランチ

ご飯、イカリングフライと笹かま生姜焼き、千切りキャベツ、ミニトマト、ひじきの煮物、細切り根野菜の和風スープ、杏仁豆腐(オレンジソースかけ)

ランチルームは大切な食育の場
栄養教諭の村上まさ子先生。「安全・安心はもちろん、脂肪や塩分を摂り過ぎないように配慮しています」栄養教諭の村上まさ子先生。「安全・安心はもちろん、脂肪や塩分を摂り過ぎないように配慮しています」

 食育に力を入れている同校は、中学3年間でしっかりと食に関することを学べる環境が整っています。

「高校生になると行動範囲が広がります。外食が増え、栄養が偏ってしまう生徒も少なくありません。しかし、中学生までに食に対する知識をつけておくと、自分で栄養バランスを考えた食事を選べるようになります」(栄養教諭/村上まさ子先生)

 ランチルームは単に食事をする場ではなく、今日のメニュー内容を確認し、栄養的な働きを知ることで、少しずつ偏食を克服していくよう指導しています。

食育教室も年2回学年ごとに行い、食に関する細やかな指導をしています。食育教室も年2回学年ごとに行い、食に関する細やかな指導をしています。
テーブルの上に置かれている「食育メモ」。毎日のメニューに即した内容になっています。テーブルの上に置かれている「食育メモ」。毎日のメニューに即した内容になっています。
給食がおいしいと学校も楽しい

 給食の時間になると、順番に並んで入って来る生徒たち。食事を受け取ると、クラスの班ごとに席に着き、班のメンバー全員が揃ってから食事を始めます。生徒たちに給食の感想を聞いてみました。

「季節に合ったメニューが出てくるので、とてもおいしいです」(3年生)

「月1回の『食べ残しゼロday』は、苦手なものもがんばって食べています」(2年生)

「入学前の給食試食会で初めて食べた時、とてもおいしいと思いました。それだけで学校を決めたわけではないけれど、この学校に入って良かったと思います」(1年生)

完食する生徒が多いのは、給食がおいしい証拠。おかわり用のご飯もあり、2杯目を食べる生徒もいます。完食する生徒が多いのは、給食がおいしい証拠。おかわり用のご飯もあり、2杯目を食べる生徒もいます。
食べた後は、各自で片づけ。トレーを返却する時に調理してくださった方たちに「ごちそうさまでした」の感謝の言葉も忘れません。食べた後は、各自で片づけ。トレーを返却する時に調理してくださった方たちに「ごちそうさまでした」の感謝の言葉も忘れません。
メニューが豊富なうえに、安心・安全な給食

 飽きないように、1年間毎日違うメニューを出しているスクールランチ。その中でも人気のメニューは、オムライスやハンバーグ、唐揚げです。

「レストランにあるようなメニューは、人気があります。でも、魚や野菜をなるべく食べてほしいので、付け合せを多くし、週に1度の魚の日を設けています」(村上先生)

 また、学期末のスペシャルメニューや、行事食が提供されています。

「時々はスペシャルなメニューで、ランチを一層楽しく、学校生活に活気を与えることができたらと思います。生徒たちも楽しみにしてくれているようです」

人気メニューベスト3
オムライスオムライス
チーズハンバーグチーズハンバーグ
きのこ炊き込みご飯と鶏の塩唐揚げきのこ炊き込みご飯と鶏の塩唐揚げ
行事食メニュー
1学期・七夕1学期・七夕
2学期・クリスマス2学期・クリスマス
3学期・ひな祭り3学期・ひな祭り

(この記事は『私立中高進学通信2015年11月号』に掲載しました。)

東京家政大学附属女子中学校  

〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
TEL:03-3961-2447

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】生徒の自主性を大切に、チームワークを育む 創部2年で全国出場の中学ドリルチーム部
【実践報告 私学の授業】探究的な学びで培う 自発的に考える力・伝える力
【THE VOICE 校長インタビュー】IB教育と中高大連携により21世紀を切り拓く女性を育成
【コロナに負けない!私学のアクション】「生涯学び続ける人」を育て、未来へと送り出す国際バカロレア 中等教育プログラム候補校の魅力
【私学だからできるオリジナル教育】身近なロールモデルを参考に「25歳」の自分を思い描くキャリア教育
【注目のPICK UP TOPIC!】大きな催しを成長の場に「自主自律」を胸に社会が求める女性をめざす
【学校生活ハイライト】命の大切さを学び、心を育む『家政ビオトープ』の活動
【SCHOOL UPDATE】さらに未来を見据えた教育へ 高い志を持ったしなやかでたくましい女性を育てたい
【SCHOOL UPDATE】英語で学ぶ4つの講座 楽しみながら異文化を学ぶ
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】協同学習とKaseiセミナーで主体性と思考力を養う
【The Voice 校長インタビュー】挑戦する勇気や自分で判断する「たくましさ」を育てたい
【その先に備えるキャリア教育】25歳 成長段階に合わせて組まれた螺旋的な教育プログラム
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】躍進i教育』がスタート!「生徒一人ひとりが主役」となり「競争ではなく共創」する力を身につける
【制服物語】伝統校の気品を保ちながらより美しく、そして女性らしく
【自立と自律】建学の精神「自主自律」に基づき多様化する社会に対応できる女性を育成
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】中学3年間のスクールランチで食の大切さと知識がしっかり身につく
【未来を生き抜く学力のつけかた】仲間と学び、高め合い自主自律のもと未来を拓くしなやかな女性を育てる
【その先に備える キャリア教育】25歳の理想の自分をめざす『ヴァンサンカン・プラン』
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「自主自律」の精神のもと 自ら学ぶ意欲と力を育てる
【キャンパス歩き】安心して過ごせる恵まれた環境で未来を拓くしなやかな女性を育てる
進学通信2015年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ