Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年10月号

注目のPICK UP TOPIC!

日本大学豊山女子中学校

「サイエンス部」が全国大会に出場

都内で唯一の「理数科」がある女子校
ネイティブの先生と読み合わせ。細かな注意を受けながらも、生徒たちは授業をとても楽しんでいました。

 全国に点在する日本大学付属校の中で、唯一の女子校である同校。高校では都内でただ一つ、「理数科」を設置していて、医療系大学への進学に高い実績を誇ります。

 部活動では「サイエンス部」の活躍がめざましく、昨年参加した理科研究発表会の全国大会予選を見事通過、7月・8月に滋賀県で開催された第39回全国高等学校総合文化祭自然科学部門(研究発表生物部門)に、東京都代表校として出場しました。

「発表した内容は、『身近な食品の抗菌作用について』です。11種類の食品と4種類の菌(納豆菌・乳酸菌・酵母菌・コウジカビ)を使って、どの食品だとどの菌が生えにくいかを調べました」 (部長/進藤百葉さん・高2)

 実験は、1日6時間にわたることもあり、頭を使うだけでなく体力勝負なのだとか。「大変ですが実験結果に一喜一憂しながら楽しくやっています。納豆菌は繁殖力がすごいので、10分の1に薄めて使うんですよ!」と、進藤さんは熱心に語ってくれました。

 また、夏休みなどの長期休暇中には、中学生・高校生合同で解剖実験を実施することもあります。同校の理数科出身であり、サイエンス部顧問を務める白戸智恵先生が解剖について教えてくれました。

「今年の夏は、豚の眼や腎臓、鶏の頭の解剖を行いました。解剖の方法は、経験豊富な高校生が中学生にていねいに教えます。こうして、年齢の垣根を越え、縦のつながりを構築できるところが中高一貫の良さだと思います」

 毎年9月に開催される文化祭(秋桜祭)では、こうした体験型実験を用意し、来客者に好評だそうです。今年の文化祭では、人工イクラに色をつけ、カラフルなイクラを作る体験を考えているとのこと。この人工イクラの実験は、神奈川県にある日本大学生物資源科学部へ訪問した時に教えてもらったもの。各地の日本大学との連携が取れるのも、付属校ならではの魅力です。

 こうして理数科、サイエンス部、ともに専門性の高い勉強ができるため、それに伴った実績を求められることも事実。しかしそれだけではないと白戸先生は語ります。

「結果だけを求めるのではなく、まず自分が楽しく、納得することを大切にしてほしいですね。どんな分野に進んでも、自分の知りたいことをとことん調べて突き進んでほしいです」

 楽しむこと、向上心を力にして、これからますます活躍する女性を育成したいと、言葉に力を込めました。


第3回東京都高等学校 理科研究発表会
「私は生徒達も大切ですが、お母様方やお父様方も大切です。そして、もうひとつ大切にしているのが、卒業生達です」と島村先生。

昨年11月に開催された、全国大会の予選にあたる都大会に出場。ポスターを用いたプレゼンテーションで優良賞を受賞し、全国大会出場権を獲得しました。


「身近な食品の抗菌作用に 関する研究」の実験
「私は生徒達も大切ですが、お母様方やお父様方も大切です。そして、もうひとつ大切にしているのが、卒業生達です」と島村先生。

都大会、全国大会の研究テーマを実験している様子。「写真で使用している『クリーンベンチ』という機械は、無菌状態で作業ができる大変高価なもの。高校でこの機械を設置しているのはかなり珍しいです」 (白戸先生)


豚の眼を使った解剖実習
「私は生徒達も大切ですが、お母様方やお父様方も大切です。そして、もうひとつ大切にしているのが、卒業生達です」と島村先生。

高校生が中学生に指導しながら解剖を行います。中学受験生向けの学校説明会や、文化祭でも解剖を披露し、理科への興味を高めます。


全国大会へ向けてプレゼンテーションの練習
「私は生徒達も大切ですが、お母様方やお父様方も大切です。そして、もうひとつ大切にしているのが、卒業生達です」と島村先生。

プロジェクターを使った発表練習。「質疑応答があるので、とっさに答えられない、わからない、とならないように対策を練っています」(進藤さん)


サイエンス部にある鶏の標本
「私は生徒達も大切ですが、お母様方やお父様方も大切です。そして、もうひとつ大切にしているのが、卒業生達です」と島村先生。

鶏を丸ごと買ってきて作った標本。「お肉は美味しくいただいてから、漂白剤などを使って骨だけにして組み立てました。細かい骨や爪はどの部分かを探すのが大変でした」 (進藤さん)


衣類に使われる繊維の燃焼性と吸水力を調べる実験

実験テーマは、本やインターネットで調べたり、都大会や全国大会で見た他校のテーマから発展させたり……面白そうと思ったものについて、みんなで話し合って候補を絞ります。

「私は生徒達も大切ですが、お母様方やお父様方も大切です。そして、もうひとつ大切にしているのが、卒業生達です」と島村先生。
「私は生徒達も大切ですが、お母様方やお父様方も大切です。そして、もうひとつ大切にしているのが、卒業生達です」と島村先生。
都内唯一!理数科の授業風景

サイエンス部部員の半数以上は理数科に在籍し、日々高い目的意識を持って学習に取り組んでいます。全国大会へ出場するようなサイエンス部の活動を中心に、理数教育に力を入れています。

理数科の特別講座でJAXAの筑波宇宙センターへ。宇宙科学について学びました。理数科の特別講座でJAXAの筑波宇宙センターへ。宇宙科学について学びました。
日本大学生物資源科学部に赴いての実験体験。大学生の実験内容に大きな刺激を受けます。日本大学生物資源科学部に赴いての実験体験。大学生の実験内容に大きな刺激を受けます。
同校の多目的ホールにて、日本大学理工学部数学科の教授を招き、大学の授業を模擬体験しました。同校の多目的ホールにて、日本大学理工学部数学科の教授を招き、大学の授業を模擬体験しました。

(この記事は『私立中高進学通信2015年10月号』に掲載しました。)

日本大学豊山女子中学校  

〒174-0064 東京都板橋区中台3-15-1
TEL:03-3934-2341

進学通信掲載情報

【中学入試のポイント】新入試プレゼンテーション(課題発見)型を実施
【学校生活ハイライト】体育祭で育む団結力学年対抗の組分けが絆を深める
【未来を切り拓くグローバル教育】ターム留学制度を新設海外への扉を増やす
【中学入試のポイント】英語インタビュー入試など 新たに3つの入試を導入
【その先に備えるキャリア教育】価値 次世代型キャリア教材で培う新しい価値を創造する力
【行ってきました!学校説明会レポート】女子の心をつかむ体験授業が魅力夏休み学校見学会
【The Voice 校長インタビュー】「女子にしばられない」教育で視野を広げて未来を切り拓く
【SCHOOL UPDATE】広い視野を持ったグローバルリーダーを育成
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】1人1台タブレット利用で思考力を磨き多面的に学ぶ
【中学入試のポイント】調べてまとめて発表する思考力型入試
【SCHOOL UPDATE】文化週間・合唱コンクール 固い団結力を歌にのせて各クラスが優勝をめざす
【グローバル時代の学び方】世界に飛び出すきっかけをつかむ2つの海外研修
【The Voice 新校長インタビュー】女性の活躍の場が広がりゆく今こそ未来を見据えた学校改革を
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語にたくさん触れて 自主的に英語を楽しむ環境づくりと教育
【注目のPICK UP TOPIC!】「サイエンス部」が全国大会に出場
【SCHOOL UPDATE】タイムカプセル開封式 15年間の成長と母校での日々に思いをはせる
【部活レポート】放送部
【授業発見伝】理数科 創造的な学習意欲を育てる課題研究発表会
【母校にエール!OGOB interview】教育実習生として戻ってきた今 母校の素晴らしさを痛感しています
進学通信2015年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ