Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年10月号

注目のPICK UP TOPIC!

本郷中学校

学校からの信頼を得て、生き生きと活躍する生徒会

旺盛な自立心が充実した生徒会活動に反映
中学、高校の生徒会役員。左から高校副会長の安藤稔くん(高1)、高校会長の倉田怜於くん(高2)、中学会長の伊藤竜輔くん(中3)。

中学、高校の生徒会役員。
左から高校副会長の安藤稔くん(高1)、高校会長の倉田怜於くん(高2)、中学会長の伊藤竜輔くん(中3)。

「本校の特徴の一つとして挙げられるのが、『学校の主役は生徒』ということがさまざまな場面で感じられることです」

 入試広報部の佐久間昭浩先生によると、そうした校風が生徒会活動にも顕著に表れているそうです。同校の文化祭である本郷祭や体育祭など全校を挙げて行う行事から、朝礼の司会進行や学校見学会まで、多数の行事に生徒会の役員が関与しています。

 生徒会は、中学と高校それぞれで選挙を行い、会長、副会長などの役員が選ばれます。現在の役員は中学16人、高校15人。中高が分かれて行う行事ではそれぞれの会長が中心に、中高一緒の行事では高校の会長がリーダーとなります。また、役員は会則で決められた『運動』『文化』『会計』『総務』の4つの部門の他に、『ホームページ局』『公開討論会局』『学校生活向上局』などの6つの局に分かれて活動をしています。

「4つの部門は体育祭や本郷祭に生徒会として関わるほか、生徒会全体の運営を行い、各部門長は高2の生徒が務めます。6つの局はしたいことを自分たちで行うのがモットーです。『生徒目線での活動』をコンセプトに、中学生でも活躍できる場をつくり、より充実した生徒会活動を行う目的で始めました。中学生が局長を務める局もあります」(高校生徒会長/倉田怜於くん)

 6つの局の活動を一部紹介すると、『ホームページ局』では、学校の公式ホームページとは別に、生徒会独自のホームページを立ち上げ、その運営を行っています。『学校生活向上局』は、校内に設置した投書箱に投函された意見をもとに学校生活の向上を図るもので、教員やカフェテリアなどと交渉することもあるそうです。『公開討論会局』は一般の生徒にも生徒会活動に興味を持ってもらうため、公開討論会を企画・運営しています。昨年度は1学期に1回の割合で開催しました。

 先生から依頼されて行う活動もあります。学校見学の際に放映する学校紹介ビデオは、構成から撮影、編集までを生徒会が行いました。半年かけて制作した作品は見学者にも大変好評だと佐久間先生は言います。

「以前から『生徒が主役』という校風ではありましたが、生徒会の活動が評価されたことで生徒の活動の幅が広がったと感じています。これまでは本郷祭ではクラス単位の参加しかできませんでしたが、高校は有志企画が認められるようになりました。生徒が発案し、それを結果まで結びつける力が認められた証拠だと思います」(倉田くん)

高校会長の倉田くん。

「普段の生活でも本郷祭の企画でも、やりたいことを自分たちで作り上げる機会があるのは、とても貴重なことなのだと感じています。忙しいけれどやりがいがあります」

中学会長の伊藤くん。

「強いリーダーシップというよりも、下級生が自分で考えて行動できるようにしていきたいです。先輩たちは忙しいので、それを中学生が支えられるようになりたいですね」

高校副会長の安藤くん。

「昨年の本郷祭では、生徒会企画としてフォトコンテストを行いました。最初の説明会の参加者はなんと3名でしたが、夏休み中もホームページなどで根気よく呼びかけて、最終的には47作品の応募がありました」

活動日は特に決まっておらず、局や部門ごとに集まります。また、中学、高校に分かれて会議を行うほか、月に1度は合同の月例会議を行い、情報共有と意見交換を行っています。活動日は特に決まっておらず、局や部門ごとに集まります。また、中学、高校に分かれて会議を行うほか、月に1度は合同の月例会議を行い、情報共有と意見交換を行っています。
大好評だった学校紹介ビデオに続き、現在部活動紹介ビデオを生徒会のメンバーで作成中。大好評だった学校紹介ビデオに続き、現在部活動紹介ビデオを生徒会のメンバーで作成中。
先輩と後輩の仲が良く、中学生と高校生が相談しながら活動を進めています。現在は生徒会長として全体を統率する倉田くんも、下級生の時は先輩に何時間も話を聞いてもらったこともあったそうです。先輩と後輩の仲が良く、中学生と高校生が相談しながら活動を進めています。現在は生徒会長として全体を統率する倉田くんも、下級生の時は先輩に何時間も話を聞いてもらったこともあったそうです。
広報誌の発行も大切な生徒会活動。「生徒総会で時間をかけて行っていた活動報告を広報誌で補い、生徒総会をより具体的な議論の場にしたい」と倉田くん。広報誌の発行も大切な生徒会活動。「生徒総会で時間をかけて行っていた活動報告を広報誌で補い、生徒総会をより具体的な議論の場にしたい」と倉田くん。

(この記事は『私立中高進学通信2015年10月号』に掲載しました。)

本郷中学校  

〒170-0003 東京都豊島区駒込4-11-1
TEL:03-3917-1456

進学通信掲載情報

【私たち、僕たちが大好きな先生】実物に触れることで知識だけでは得られない感動を伝え理科を面白く感じる
【熱中! 部活動】学業と部活動を両立させ 人としての基礎力を育てる
【私学の英語最前線】男子ならではの競争意識を刺激に変え、やる気をアップ
【大学合格力強化計画】「先取り学習」を中学から実践 新大学入試への対応も万全
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒による質疑応答や校内ツアーで学校生活をリアルに想像できる説明会
【熱中!部活動】疑問を突き詰めやり遂げる力を養う
【注目のPick up TOPIC!】卒業生から後輩へエールを送る「2017 難関大進学セミナー」開催!
【私たち、僕たちが大好きな先生】さまざまな話題で英語の本来の楽しさに気づかせながら生徒の意欲を引きだす
【熱中! 部活動】【バドミントン部/陸上部】部活動と学業を両立し「文武両道」を実現
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】「自分で考えて行動する」生徒の自主性を引き出す指導が文武両道で活躍する生徒を育成
【学校生活ハイライト】生徒たちの熱い思いが結実する感動の2日間
【熱中!部活動】【社会部/軟式野球部】文武両道の精神で人間性を高める
【The Voice 新校長インタビュー】育てたいのは「自分で決められる男」 リーダーとして、先を見通す力を養成
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自ら感じ自ら学ぶ経験が「自律」と「自立」を促す
【注目のPICK UP TOPIC!】学校からの信頼を得て、生き生きと活躍する生徒会
【私学の光輝】体育祭 本郷魂を誓うぼくらの青春譜 復活した『本郷学園応援歌』
【母校にエール!OGOB interview】文武両道の校風のおかげで中高生活を完全燃焼できました
【キャンパス歩き】文武両道の紳士を育てる自学自習の学習環境を充実させた新校舎
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】学びを楽しむ素地をつくる 本郷流のモチベーション形成
進学通信2015年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ