LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年10月号

学校生活ハイライト

横浜創英中学校

正しい国際感覚を身につけ、人格を形成
外国人留学生と歩く関西歴史研修

「考えて行動のできる人」の育成をめざし1940年に母体となる高校が創設された同校(中学は2003年)。授業や学校行事、部活動などを通じた思考力と行動力の育成に努めています。なかでも人格形成に大きな意味を持つのが各学年で体験する校外学習や宿泊行事です。外国人留学生に京都を案内する中2の関西歴史研修をクローズアップします。
中3のカナダ語学研修は、中学生活の集大成。ホームステイをしながら現地校の授業に参加し、異文化体験をさらに深めていきます。

中3のカナダ語学研修は、中学生活の集大成。
ホームステイをしながら現地校の授業に参加し、異文化体験をさらに深めていきます。

自国の伝統を学び、他国の文化を理解する
中1のアドベンチャー・スクールでは、信濃川でのラフティングを体験。お互いに助け合う心や問題解決能力を養います。中1のアドベンチャー・スクールでは、信濃川でのラフティングを体験。お互いに助け合う心や問題解決能力を養います。

「正しい国際感覚を身につけることと、豊かな人格を形成することを狙いとしています。また、普段の授業や学校行事・部活動などにも『考えて行動のできる人』をめざしたシステムが導入されています」
(入試広報部部長/稲垣勝二先生)

 同校では生徒の人間力向上を目的に、各学年で校外学習を実施しています。中1は学校生活の基本を学ぶ『ラーニングキャンプ』やコミュニケーション能力や問題解決能力を養う『アドベンチャー・スクール』、中2は関西歴史研修、中3はカナダでの語学研修と、身近な場所から世界へと、徐々に視野が広がるようにしています。なかでも2泊3日で京都・奈良を訪れる関西歴史研修では、オリジナリティあふれるプログラムが待っています。

「生徒たちが京都市内の半日見学コースを考え、英語でアテンドする準備をします。現地では、京都大学の外国人留学生が各グループに参加。彼らに日本文化や京都の見どころを紹介したり、留学生の出身地に関する話を聞いたりしながら観光を楽しみます。この研修の目的は、英語力を上げることだけではありません。自国の文化や歴史を学んで国際社会でアピールする力、そして異文化を理解する心を養うことが大きな狙いです」

 こうした経験を糧に、中3でのカナダ語学研修ではさらなる見聞を広める生徒たち。国際社会に貢献する、新たな俊英がここから巣立っています。

研修旅行前に、各グループで観光ルートを選定。見どころを調べ、英語で説明できるように練習してきました。「僕らが京都を案内します!」
研修旅行前に、各グループで観光ルートを選定。見どころを調べ、英語で説明できるように練習してきました。
各グループに1人、京都大学の外国人留学生が参加します。まずは自己紹介からスタート!各グループに1人、京都大学の外国人留学生が参加します。まずは自己紹介からスタート!

最初はうまく話せなくても、京都市内を散策するうちに次第に英会話に慣れていきます。最初はうまく話せなくても、京都市内を散策するうちに次第に英会話に慣れていきます。
多くの生徒は英語力の未熟さを痛感して帰校するのだとか。この経験が、英語学習のやる気につながります。多くの生徒は英語力の未熟さを痛感して帰校するのだとか。この経験が、英語学習のやる気につながります。

アメリカ、アフリカ、アジアなどさまざまな国からやってきた留学生。彼らの話を聞くことも国際教育の一環です。

(この記事は『私立中高進学通信2015年10月号』に掲載しました。)

横浜創英中学校  

〒221-0004 神奈川県横浜市神奈川区西大口28
TEL:045-421-3121

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】ゲームで世界の課題を討論し協力して解決策を導き出す
【学校ってどんなところ?生徒の一日】「考えて行動のできる人」をめざして勉強に部活動に全力投球!
【私たち、僕たちが大好きな先生】仮説を立てたり、疑問に思ったことを調べたり。自分で学ぶための手法を習得できる授業がしたい
【中1の始め方】多彩な行事を通して自然と身につく創英生としての自覚と誇り
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】主体的な学びが育む『考えて行動のできる人』
【学校生活ハイライト】協調性や表現力も育む生徒主体の一大イベント
【熱中! 部活動】【バトン部】表現力や団結力を培い人間性を豊かにする
【SCHOOL UPDATE】実践的国際教育で世界に羽ばたく人材を育てる
【カリキュラムを読み解く】少人数制で全員の能力を引き上げる
【校長が語る 思春期の伸ばし方】距離感を持ち、幅広い目で見ると 子どもたちの多様な面を評価できます
【目標にLock On!! 私の合格Story】一日一日を無駄にせず自分ができる最大のことを
【学校生活ハイライト】正しい国際感覚を身につけ、人格を形成 外国人留学生と歩く関西歴史研修
【校長が語る 思春期の伸ばし方】日々の授業で鍛錬し自分で考え行動できる人間へと導く教育
【Students' Chat Spot】語学研修などの行事や部活動そして学習サポートを通じた“考えて行動のできる人” の育成
【部活レポート】バトン部
【校長が語る 思春期の伸ばし方】日々の鍛練と段階的な体験で心と頭を磨く
進学通信2015年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ