LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年10月号

SCHOOL UPDATE

目黒学院中学校

富士登山
「日本一高い山」へのチャレンジで身につく精神力と自信

八合目から3時間をかけ登頂!夏山シーズン限定の郵便局からハガキを投函したり、土産物を見たり、日本一の高さをしばし満喫しました。

八合目から3時間をかけ登頂!
夏山シーズン限定の郵便局からハガキを投函したり、土産物を見たり、日本一の高さをしばし満喫しました。

五合目まではバスで行きます。今年は吉田口登山道から山頂をめざします。五合目まではバスで行きます。今年は吉田口登山道から山頂をめざします。

 建学の精神を「明朗・勤勉・礼節」とする同校。そのうち「明朗」については、「ものごとを前向きに捉えて前進する意欲の表明である」と定義し、その実践に努めています。

 富士登山は、同校ならではの「明朗」精神にのっとった新しいチャレンジです。過去5回の全国優勝を誇るラグビーフットボール部など、全国制覇を成し遂げた運動部が8つもある同校。学校行事の新たなる挑戦においても「日本一」を意識しました。

「日本一の山・富士山の頂に立つことができれば大きな自信になります。ゆっくりでも一歩一歩進んで、いつか頂に立つことができれば、この上ない達成感を味わえるのです。
 体調不良などで山頂へのチャレンジを迷うケースも出てきますが、判断は生徒自身に委ねています。断念したとしても『できなかった』とマイナスに捉えるのではなく、『来年またがんばる』というように自分で考えて判断できるようになってほしいからです。また無理をすることで周囲にかける迷惑を考え、勇気ある撤退を選択することもあります。
 生徒たちは登山から多くのことを学んでいます。富士登山は、勉強やスポーツへの取り組みの姿勢にも通じる経験ができる、絶好の機会なのです。
 ガイドの方が落ちているゴミを拾う姿を見て世界遺産であり続けることへの努力を知り、自分にできることは何かを考えるきっかけにもなります」(入試対策広報部主任/井手智洋先生)

 天候や健康状態によってその年の登山の内容に満足できないことも考えられるため、中1から高1まで4年間チャレンジできるプログラムとして完成させていく予定です。

平成27年度 富士登山の行程
初日
7:10 学校出発
11:00 富士吉田口(五号目) より登山開始
―八合目・白雲荘泊―
2日目
5:15 ご来光
5:45 山頂めざして登山開始
登頂
お鉢巡り(火口一周)
下山
―八合目・白雲荘泊―
3日目
5:15 ご来光
吉田口五合目まで下山
河口湖温泉にて入浴
学校帰着
一歩一歩を積み重ねて富士山の頂へ
五合目のレストランで腹ごしらえ。カレーのライスも富士山型!五合目のレストランで腹ごしらえ。カレーのライスも富士山型!
ベテランガイドさんについて、1日目は五合目から八合目までを6時間かけて登りました。ベテランガイドさんについて、1日目は五合目から八合目までを6時間かけて登りました。
雲に阻まれ太陽の姿を見ることはできませんでしたが、ご来光がとてもきれいでした。雲に阻まれ太陽の姿を見ることはできませんでしたが、ご来光がとてもきれいでした。
「こんなにすごいことが自分にもできた」
という達成感が大きな成長につながる
梅雨明け前とはいえ天候に恵まれ、「♪頭を雲の上に出し~」という歌の歌詞をリアルに体感しました。梅雨明け前とはいえ天候に恵まれ、「♪頭を雲の上に出し~」という歌の歌詞をリアルに体感しました。
視界を遮るものがなにもない富士山からは、地図の形そのままに広がる伊豆半島や大島、相模湾を見渡すことができます。大迫力のパノラマです。視界を遮るものがなにもない富士山からは、地図の形そのままに広がる伊豆半島や大島、相模湾を見渡すことができます。大迫力のパノラマです。
高度の高い富士山では太陽の日差しも厳しいので、雲が出てくるとホッとします。ゴツゴツとした岩場は勾配も急で、登るのが大変です。高度の高い富士山では太陽の日差しも厳しいので、雲が出てくるとホッとします。ゴツゴツとした岩場は勾配も急で、登るのが大変です。

(この記事は『私立中高進学通信2015年10月号』に掲載しました。)

目黒学院中学校  

〒153-8631 東京都目黒区中目黒1-1-50
TEL:03-3711-6556

進学通信掲載情報

【The Voice 校長インタビュー】自分らしく生き、自ら選び取る将来をじっくりと考える6年間をサポート
【私学の校外学習・学外交流】東日本大震災の経験を学び防災意識を高める
【SCHOOL UPDATE】オールイングリッシュの授業 英語を楽しみ自己表現のツールの一つに
【Students' Chat Spot】積極的な発言が飛び交う活気ある授業! 自主性を伸ばせます。
【グローバル時代の学び方】発信力と国際理解力を養いグローバルリーダーを育成
【学校生活ハイライト】全学年に強い絆が生まれる『体育祭』や『プレゼン技法研究発表会』
【6年間のメンタルケア】カウンセラーと生徒指導部を中心に学校全体が家族のように心の成長をサポート
【グローバル時代の学び方】世界への視野を開く2つの海外研修
【中1の始め方】少人数のメリットを最大限に活かし 一人ひとりに目を配る
【SCHOOL UPDATE】富士登山  「日本一高い山」へのチャレンジで身につく精神力と自信
【めざせ 次代のグローバルリーダー】アメリカとアジア諸国の政治・宗教・風習の違いを知る貴重な機会が広い視野を育てる
【私学の光輝】富士登山
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】普段の授業を小学生に体験してもらう『体験授業』 日々実践している教育を肌で感じて理解してほしい
進学通信2015年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ