LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年10月号

The Voice 新校長インタビュー

かえつ有明中学校

新しい時代を生きる子どもたちのため
これからの時代にふさわしい力を育てる
革新を続ける注目校の教育とは

本番に向けて、生徒が自主的に練習に取り組む合唱祭も、人間的成長に欠かせない行事の一つです。

石川 一郎  (いしかわ・いちろう)
7歳でアメリカへわたり、小3の夏に帰国し、暁星小学校に編入。中学・高校も暁星で学び、早稲田大学教育学部へ進学。
大学で教員になることをめざし、大学卒業後は暁星国際中学校・高等学校に社会科教員として勤務。
その後、『かえつ有明』の開校直前に、変革の担い手として赴任。
同校が10年の節目を迎える2015年春、校長に就任し、現在に至る。

「未来からの留学生」に持たせる力を考える学校
校舎

 私たちは、一人ひとり大切な存在である生徒たちを未来へ送り出さなくてはなりません。だからこそ学校は、彼らが生きる時代に役立つことを学べる場でありたいと思っています。

 私は生徒たちのことを「未来からの留学生」と言っています。彼らにどんな力を持たせて未来へ送り出してあげられるのかということが、これからの学校は求められているのです。

 世の中の変化が激しく、子どもたちが社会に出ていくときには今とは異なる価値観・異なる社会となっているでしょう。既に言い古されている感もありますが、今ある職業の多くはなくなっているのかもしれません。人工知能が人間の脳を超える時代も間近でしょう。

 確かにAIはビッグデータを駆使して、人間の代わりに世の中に役立つことを次々と提供してくれるでしょう。しかし、果たしてそれですべての人間が満足できるのかというと、私は疑問です。これからは、人が生きるということはどういうことなのかという問いと向き合わなければならない、これまでとは違う、新しい時代がやってきているのだと思います。

 新しい時代の学校は、人間が持っている感性といったものを教育の中に組み込んでいくことで、存在価値を高めていけるのではないかと考えています。

論理的思考力 プレゼンテーション能力を育む『サイエンス科』『プロジェクト科』
論理的思考力を培うベースは
クリティカルシンキング

クリティカルに捉える
 ↓(受信)
クリティカルシンキング
 ↓(発信)
わかりやすく伝える

 本校は2006年に有明キャンパスに新築移転後、共学化し「答えのない問いに対して答える力」「実社会に直結する力」を身につけることを教育目標に掲げ、新しい時代に向けた価値のある学びを実践してきました。

 その一つが、論理的思考力を磨く中学の『サイエンス科』、高校の『プロジェクト科』という「クリティカルシンキング」をベースとした授業の導入です。

 どんな困難な問題にぶつかった場合でも、自分なりに考える軸を育むことが目標です。例えば多民族国家のアメリカでは、共通の指標がないと紛争の火種になってしまいますから、学校で徹底的に「クリティカル・シンキング」を鍛えています。一方、空気を読んで調和する日本人はその必要性が薄く、学校教育でも軽視されてきました。

 しかしネット社会の到来で、意見がぶれる傾向が強まっている観があります。ネットに大量にあふれている情報を、自分なりの指標に基づいて、きちんと精査できる力の育成が急務になっているのです。

 中学での『サイエンス科』、高校での『プロジェクト科』では、自らの興味・関心に応じて課題を設定し、それを解決するための情報収集・分析を行います。次にグループでのディスカッションなどを重ねて、自分たちなりの仮説を立てます。その仮説に対して、全体を俯瞰して何らかの論理的な破綻がないか、整合性の取れない部分はないか検証します。この作業がまさにクリティカルに考えるということなのです。そして、何よりも大切にしているのが、レポート、ポスター、写真、グラフなどを使ったプレゼンテーション、作品制作など、最終的な成果物に結実させることです。

 また、そうした「クリティカル・シンキング」を鍛える授業を海外で経験してきた帰国生の受け入れも積極的に行っており、すでに中学では5人に1人が帰国生となっています。

 本校が「I think...because…」が言える生徒にと言っているのは、海外の人たちは幼少の頃からこのフレーズで物を言う習慣があるので、私たちも海外の人に物を言うのであれば、相手に寄り添う必要があるからです。国際的ルールと言っても良いかもしれません。

 帰国生に対しては、彼ら彼女らがこれまでに築いてきたスキルをさらに向上させることを目的として、国際バカロレアを参考にした英語教育の充実や、海外経験者、自分自身が帰国生という教員が学年に1人はいる(中学期)サポート体制の充実も図っています。

男女別学だからふくらむ男女それぞれの可能性

 本校では、男女の発達段階の違いを考慮して、中学期は男女別学による授業を導入し、高校からは進路に合わせた男女混合クラスを編成しています。キャッチフレーズは『共学だけど授業は別学』というもので、男子は、『大きな夢を描かせ、創意工夫してチャレンジさせる』ことが目標です。一方、女子は、『手に届く目標を持たせ、着実に階段を上がらせる』ことを目標にしています。

 高校生になると、学習面における男女差は、かえって良い刺激になってきます。それまでのんびりしていた男子が、女子を猛追する段階に入るのです。そういった男子の集中力は、逆に女子をさらなる高みへと向かわせる原動力になっています。

 自分の可能性を引き出す機会がたくさんあるところが学校です。新しい友達や先生方との出会いに感謝し、楽しく学ぶことによって自分を豊かにし、可能性を広げていってほしいと願っています。もちろん大学受験も重要なのですが、それを突き抜けていくところに、未知の世界を生きていく力が備わっていくものと確信しています。

[学校沿革]
1903年に嘉悦孝が日本で初めての女子を対象とした私立女子商業学校を設立。2006年に有明キャンパスに新築移転し共学化。現校名になる。2013年には『共学だけど授業は別学』をビジョンに掲げた学びをスタート。2016年には有明移転10周年を迎える。

進学通信2015年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ