Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年10月号

10年後のグローバル社会へのミッション

東洋大学京北中学校

めざすは哲学を持って生きる
本当の教養を身につけた国際人

必要なのは本当の教養と相手を思いやる心

 この春、大学との連携を強め、男子校から共学校に生まれ変わり、校舎も文京区白山に移転。校内は真新しく清々しい雰囲気に満ちています。

「私は、これからの日本が取り組まなくてはいけないのは、少子高齢化問題だと思います。保育園の充実など、子どもの受け入れ体制が整備された社会の実現はもちろん、移民受け入れの可能性を探るなどの問題は、世界規模で考えなくてはいけません。海外とやりとりするにあたり、政治、経済、医療、福祉など、いろいろな分野で今以上に倫理観をもって対応すべき時代がやって来ます。世界中の人と協力しながら、理想の社会を築くことができる人材を育てる。私はそんな学校を作りたいと思っています」(校長/石坂康倫先生)

 新しい学校の目標に掲げたのは、建学者の井上円了先生の考え方にのっとった“本当の教養を身に付けた国際人を育成する”という言葉です。

「国際人というのは、今の言葉でいうとグローバル人材ということになりますが、本校では日本語であえて“国際人”と表現しています。本当の教養というのは、まず知識があることが大前提。知識は考えるために、また、外国人を含め、人とコミュニケーションをとるために必要なことです。さらに、人と相対する時に、相手の一面だけを見て、その人の全てを見抜くことはできません。特に外国人に対しては、より多面的に捉えることが大事だと思います。そして、相手が今、どういう気持ちでいるのか思いやる心が必要ですよね」

建学の祖の言葉はグローバル社会を生き抜く指針

 副校長の杉原米和先生による書が、全ての教室に飾られており、そこには「正礼し 正聴し 尽瘁じんすいすれば 不可無く 良生なり」とあります。「あいさつをしっかりして、人の話をしっかり聞いて、どんなことに対してもしっかり取り組む」という意味です。

「これができると、ほとんどのことができるし、この言葉は、“国際人”の育成にも関係していると思います。外国人に対して、まず“ようこそ来てくれました”とあいさつをして、相手の言うことをよく聞く。そうすると相手はリラックスできますよね。そして、相手が求めていることを提供できると、結果としてよりよい面会ができたということになります。ただ英語が話せるだけではなく、そのような対応ができる人が本当の“国際人”ではないかと思います」

 建学の祖が百余年前に提唱した教育理念は、10年後のグローバル社会を生き抜く指針とも言えます。新しくなった同校では、今、未来の“国際人”がすくすくと育っています。

東洋大学京北の取り組みレポート
英語を話す機会を数多く用意した「国際教育」

 外国人とコミュニケーションをとり、時には議論できるような英語力をつけるのが、同校の国際教育です。そのために、実際に英語を話す機会が数多く設けられています。

「中1は5月に『フレッシュマン イングリッシュキャンプ』を体験しました。これは2泊3日の国内合宿で、アクティビティを通して、英語を日常化するきっかけを作る取り組みです。入学したばかりなので、生徒同士の懇親の意味もありますね。中2になると国際サマーキャンプ(国内施設)があり、中3になるとカナダ修学旅行があり、バンクーバーとビクトリアでホームステイを体験します。加えて、今年は1週間程度フィリピンのセブ島を訪れ、グループ授業やマンツーマン授業を通して、英語だけの生活を送るプログラムを用意しています(学年不問。希望者のみ)」

 日常の学校生活でも、自分の意見を英語で話す“英語スピーチコンテスト”や、昼休みや放課後に、日本語厳禁「English Conversation Room」を開いています。これは、4人のネイティブ教師か日本人英語教師が常駐して、生徒たちが授業で習った英語を実際に使う場です。さらに「Let’s Chat in English!」と題して、東洋大学の留学生を同校に招き、英会話やゲームを通じて英語を学ぶ取り組みを行うなど、英語を日常化するための教育に力を入れています。

考える習慣をつける「哲学教育」

 哲学は、今年から始まった週1回の討論形式の授業です。この授業は、ひとつの答えを導き出すのではなく、“考える習慣”をつけることに重きを置いています。

 例えば、日本の昔話の『うらしまたろう』や、芥川龍之介の『くもの糸』を絵本で読み、湧いてきた疑問をみんなで話し合います。「竜宮の人たちは本当にいい人たちか」「お釈迦様はなぜカンダタを助けたのか」などの問いについて、自分の意見と他人の意見を比べたりしながら、考えることを習慣づけていきます。

中1からの進路面談と“学びライブ”で「キャリア教育」

 同校では中1から進路面談を行います。“どこの大学へ進むか”ではなく、“将来何になりたいか”という動機付けを、中1から行っていくのです。また、高3に理系文系の選択をしますが、それまでは全科目履修型です。

「私は、文章を書くにも宇宙の知識は必要だし、医者になっても文系の知識は大切だと思います。例えば、歴史好きの患者さんと日本史の話ができたら、患者さんは診察室でリラックスできますよね。いろいろな知識を身につけると、人間として幅の広い“国際人”になれると思います」

 また、同校には“学びライブ”という取り組みがあります。高校生が大学を訪問し、大学生や大学院生と一緒に授業を受けたり、学食でお昼ご飯を食べたりと、一日大学で過ごします。単に授業を見学するだけではなく、大学生活に参加できるので、将来の自分の姿をイメージしやすいのが特徴です。“学びライブ”は、大学との連携が強い同校ならではの取り組みと言えます。

(この記事は『私立中高進学通信2015年10月号』に掲載しました。)

東洋大学京北中学校  

〒112-8607 東京都文京区白山2-36-5
TEL:03-3816-6211

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】“哲学”を中高6年間で学びすべての教科の基礎とする
【中1の始め方】国際人を育成するため早期から英語に触れる
【熱中!部活動】礼儀・自主性・思いやりを育み 人としても大きく成長
【未来を切り拓くグローバル教育】異文化に触れ英語力を試す中3のカナダ修学旅行
【私学だからできるオリジナル教育】小説の執筆を通して生き方を考える時間
【6年間の指導メソッド】人間性の向上『より良く生きる』がテーマ
【グローバル時代の学び方】3つの柱を掲げた独自の国際教育
【Students' Chat Spot】「哲学教育(生き方教育)」「国際教育」「キャリア教育」の柱のもと、本当の教養を身につけた国際人を育成
【その先に備える キャリア教育】哲学 哲学的に生きる生徒たちは主体的にキャリアを考える
【キャンパスのビジョン】陽光の入る開放的な図書室が探究心と学習意欲を高めてくれる
【Students' Chat Spot】「哲学教育(生き方教育)」「国際教育」「キャリア教育」の柱のもと 本当の教養を身につけた国際人を育成
【10年後のグローバル社会へのミッション】めざすは哲学を持って生きる 本当の教養を身につけた国際人
【キャンパスのVISION】広々とした新校舎でおおらかに成長し「より良く生きる」
【その先に備える キャリア教育】自分の哲学を持って生きる本当の国際人の育成
【The Voice 新校長インタビュー】満を持して、いよいよ東洋大学京北がスタートする
【私学しゅん報】HERE!新たなスタート 新校舎&共学化
【On Going! 進歩する私学の注目情報】大学との連携を強めより深い教養を学ぶ 共学校の誕生!
進学通信2015年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ