LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年10月号

授業見聞録

東洋英和女学院中学部

英語
英語を学ぶ楽しさを経験し生きた英会話が身につく授業

英語習得への近道は、たくさん話すこと。ボクソール先生の授業は楽しむことが基本。

英語習得への近道は、たくさん話すこと。ボクソール先生の授業は楽しむことが基本。
生徒たちは真剣に、そして楽しそうに授業を受けています。

隣の人とペアになって、センテンスを使った会話をします。隣の人とペアになって、センテンスを使った会話をします。

 カナダのメソジスト教会によって築かれた同校の英語教育は、総合的な英語力の習得にとどまらず、英語圏の行事や文化を学び、生きた英語を身につけることをめざしています。

 中1では週に6時間の英語の授業があり、そのうち2時間はネイティブの先生による英会話の授業を、20名ほどの少人数で行っています。ただし中1の1学期は、小学部出身者と、受験による入学者で分けて、英会話の授業をしているそうです。

「小学部出身者は小学1年生から英語に触れています。そのため最初は中学から入った生徒とは、英語力の差が出てしまいます。でも、1学期が終わるころには、ほとんど差がなくなるので、2学期からは、混合クラスで授業を行います」 (英語科主任/吉本琢哉先生)

 また、英会話の授業では、先生が制作したオリジナルのテキストを使うなど、教材にもこだわりが感じられます。

「日本人教師の授業では『プログレス イン イングリッシュ21』という教科書を使っています。この教科書は、文法などを覚えるのと同時に、イギリスやアメリカの文化や歴史を学べます。文化や歴史は言語と密接な関係があるので、それらを英語で学ぶと、もっと理解を深めることができます。

 そして英会話の授業では、英語の教科書に準じながら、実際の生活に合った英会話が学べるように、オリジナルの教科書を使用しています。オリジナルの教科書は以前から使い続けていて、毎年少しずつ内容を更新しています」

 また中1の10月からは、授業の最後の10分で、それぞれの生徒が好きな本を選び、音声を聞きながら読む『多読』が始まります。

「イギリスやアメリカで出版されている本を、日本語は介さずに読みます。英語をそのまま理解する訓練として、昨年度から導入しました。辞書は使わず、わからない単語があっても前後の文脈や挿絵などで判断して読み進めることで、英語に慣れさせるのが目的です」

 また授業のほかに、英語礼拝や、クリスマスプログラム、スピーチコンテスト、レシテーションコンテストなど、英語で発表する機会が学年に応じて用意されています。

「英語を活かした仕事に就きたいという生徒が多く、日々の学習が生徒の将来と結び付いていることを実感しています。だからこそ中学時代には、大学受験を意識するよりも、土台となる生きた英語を身につけてほしいと思っています」

授業レポート
オリジナルの教科書で友達とたくさん会話しながら学ぶ

 中学受験で入学した生徒たちは、本格的に英語を勉強し始めてまだ3カ月。担当のボクソール先生は日本語も話せるので、時々日本語を交じえながらも、基本は英語での授業です。まず、英会話の教科書に出てくるセンテンスを学び、その後ペアになり、例文をアレンジして会話します。

「中学からの入学者の中にも、小学校である程度は勉強している生徒はいますが、やはり英語に慣れていません。でも、楽しくリラックスして学べるようにと心がけています」 (英会話/ボクソール先生)

 時々わからない単語があると、生徒同士で教えあったり、挙手をして先生に聞いたりして、和気あいあいと楽しそうに会話をしています。

「たくさんの発音の練習が必要だと思います。大人にも『話すことが怖い』という人は多いですが、英語は楽しいと思える経験をすれば話したくなるし、勉強したくなるものです」

 そのため黒板を使っての勉強よりも、生徒同士で話す時間を多くとっているそうです。

「私と話すよりも、友達と話すほうが楽しいでしょう?本校の生徒たちは、勉強したい、話したいという気持ちが本当に強い。だから、上達も早いのだと思います」

立ち上がって6人の友達に質問「What do you do everyday?」。
答えをもらったら、教科書の空白に書き込みます。

立ち上がって6人の友達に質問「What do you do everyday?」。答えをもらったら、教科書の空白に書き込みます。

英会話の教科書(前列右)日本人の先生の授業で使う教科書「プログレス イン イングリッシュ21」。(後列)ネイティブの先生たちが作った英会話の教科書。(前列左)多読の授業で読んだ本を記録するノート。
イングリッシュルームイングリッシュルームには、英語の本やDVD、外国の写真などがあり、英語をより身近に感じられる空間になっています。ここでネイティブの先生たちと、ランチを食べることもできます。
海外語学研修・留学
「カナダ語学研修」の様子。「カナダ語学研修」の様子。
前半は、同校の制服をデザインしたハミルトン校長の出身大学の寮に滞在し、語学研修を行います。後半は「赤毛のアン」の舞台であるプリンスエドワード島でのホームステイなど、内容が充実しています。

 文部科学省が推進するスーパーグローバルハイスクール(SGH)事業において、アソシエイト校に指定され、グローバルな視野を育む教育を展開しています。その一環として希望者を対象に、海外語学研修や留学の制度があります。中3以上が参加できる3週間の「カナダ語学研修」、高1・2では、2週間の「アメリカ短期留学」や、1月~3月の2~3カ月間行われる「海外短期留学」。高校生対象の「海外認定留学」は、1年間海外へ留学し、留学中の単位を高等部の単位に置き換えることが可能です。

 また、海外ではありませんが、7月と3月に校内で2日間行われる「イングリッシュ・シャワー」では、ネイティブの先生と海外から来ている大学生を招き、ディベートとプレゼンテーションを学んでいます。

(この記事は『私立中高進学通信2015年10月号』に掲載しました。)

東洋英和女学院中学部  

〒106-8507 東京都港区六本木5-14-40
TEL:03-3583-0696

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】オープンスクール“英和の魅力を伝えたい”生徒からあふれる愛校心
【その先に備える キャリア教育】自治 生徒の積極的な自治で育まれる自主性とアイデアを実現する力
【学校生活ハイライト】神聖なる大自然の中で自己を見つめ、真の友情を育む
【中学入試のポイント】学校への理解を深める面接試験
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】英語のコミュニケーションを“考える”授業で育む
【注目のPICK UP TOPIC!】奉仕活動の学習『ディアコニア』 「誰かのためにできること」を学ぶ
【グローバル時代の学び方】「誰かのために」を考え行動するグローバル教育
【制服物語】伝統を大切にしつつ新しさも採り入れる 生徒の発案で改良したコートやバッグ
【Students' Chat Spot】建学の精神のもと生徒の豊かな心を育む
【学校生活ハイライト】みんなでつくり上げる伝統の『楓祭』は生徒たちが最も輝く2日間
【授業見聞録】英語 英語を学ぶ楽しさを経験し生きた英会話が身につく授業
【目標にLock On_!! 私の合格Story】アットホームな雰囲気の中で好奇心を学びにつなげた6年間
【授業発見伝】理科 「好奇心」を「学ぶ意欲」に育てる生徒参加型の授業
【全人教室|心を育む私学の授業】多彩な「習い事」で自分を磨くプログラム 伝統の課外教室
【The Voice 新校長インタビュー】キリスト教教育の伝統を守り受け継ぎながら 幅広い視野で奉仕の心を育む
進学通信2015年10月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ