Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年9月号

大学合格力強化計画

共立女子第二中学校

併設大学を含めた選択肢の拡大
本当に進学したい学部・学科を決める

6年間の進路指導の流れ

6年間の進路指導の流れ

希望や適性を第一に考え最適な受験に導く
最新の進学実績 最新の進学実績

 ここ数年、併設の共立女子大学・短期大学への進学と、外部大学への進学はほぼ同じ比率。共立女子大学に看護学部や児童学科など、実学的な学部・学科が新設されたこともあり、同大学の関心は依然として高いものがあります。

 一方、難関大学進学をめざす『APクラス』(Advanced Placement Class)と、多様な進路実現を可能にした『Sクラス』(Standard Class)のコースを再編したことにともなって、国公立大学や最難関私立大学への進学者の増加も顕著です。

主な外部大学合格実績(現役生のみ)の推移 主な外部大学合格実績(現役生のみ)の推移

「今春の卒業生はAPクラスがあることを知って入学された最初の生徒たちです。今春の合格実績は、本校の進学指導の充実ぶりを表したものと自負しています」

 と、話す進路指導部主任の池田 孝先生に、生徒の進路希望の実現に向けた取り組みをうかがいました。

 最新の進学実績を見ると、約90%の生徒が四年制大学に進学しており、今後も四年制大学志向がさらに顕著になっていくでしょう。

「本校の進学指導で最も重視しているのは、生徒の希望や適性を第一に考えて、最適な受験に導くということです。そのためには、本人に “なぜこの大学の学部・学科を受験するのか” を明確にさせることが必要です。仮に本人の意にそぐわない受験だとしたら、私たちはそれを勧めることはしません。本校には共立女子大学への進学というアドバンテージもありますので、やりたいことがある場合には、選択肢を上手に有効活用することで、可能性が大きく広がっているからです。だからこそ自分の希望進路が見え始めたら、遠慮なく私たち教員に相談してもらいたいと思っています。可能性を見つけようと努力をしている生徒の相談には、真摯に対応するのが本校の進学指導の基本です」

中高6年間のテーマは「学び残し」をしないこと

 受験をより確実なものにするために、通常の授業のほかに “必要な学びを必要なだけ受講できる” 豊富な学習システムが整っています。その一つが、中学で行っている基礎学力の定着に焦点を絞った補習の時間です。

「中学の補習は、徹底して基本を重視するという方針に基づき、指名制で行っています。教科は、英語・国語・数学の3つで、曜日により科目を変えて実施しています。少人数の生徒に対してていねいな指導を行うことで、学力の不足部分を補充する内容です。

 またこういった通常の補習とは別に、身についた基礎学力をより確かなものにするための補習もあります。英語と数学が中心で、単元ごとにしっかり理解できるまで、繰り返しドリルに取り組んだり、朝学習の時間に『学習確認テスト』を導入したりしながら、より強固な基礎固めに力を入れています」

 高校からは、授業の補習的要素の強いものから、難関大学受験に合わせた受験講習まで、多くの講習が設けられています。さらに、中3と高1のAPクラスを対象とした登校型の集中プログラム『夏期APゼミ』や、高2・高3の希望者が参加する『勉強合宿』(4泊5日)なども用意されています。

「学び残しをしないというのが、中高6年間を通しての大きなテーマです。それはこれからも変わりません。なお、2020年度の大学入試制度改革にともない、共立女子大学との併設高校特別推薦制度※も見直されます。新たな入試制度については決定次第、ホームページなどで発表いたします」

主な外部大学合格者実数(現役生のみ)の推移
大学名 2013 2014 2015
東京学芸大学     1
首都大学東京   1  
横浜国立大学 1    
早稲田大学   2 9
上智大学 1    
東京理科大学 1    
小計 3 3 10
大学名 2013 2014 2015
明治大学 1   6
青山学院大学   4 8
立教大学   3 9
中央大学 6 9 18
法政大学 4 7 11
小計 11 23 52
大学名 2013 2014 2015
学習院大学 3 4 9
成蹊大学 5 4 8
成城大学 3 3 8
明治学院大学 6 12 12
津田塾大学 3   1
東京女子大学 5 3 14
日本女子大学 8 7 9
小計 33 33 61

※併設高校特別推薦制度=共立女子大学や同短期大学への推薦合格を得た後も、外部大学へのチャレンジができる制度。

(この記事は『私立中高進学通信2015年9月号』に掲載しました。)

共立女子第二中学校  

〒193-8666 東京都八王子市元八王子町1-710
TEL:042-661-9952

進学通信掲載情報

【ビジョン】体験重視で多彩な進路を実現
【私学だからできるオリジナル教育】美と伝統に触れて今だけの感性を伸ばす
【行ってきました!学校説明会レポート】在校生による学校紹介に充実の入試報告も!!
【校長が語る 自立へのプロセス】体験を通して学び、後輩へ受け継いでいく
【行ってきました!学校説明会レポート】説明会+入試問題研究会で親も子も学校の魅力に触れる
【私学の英語最前線】『4技能統合型授業』で確かな英語力を体得
【キャンパスのビジョン】「4技能統合型授業」でグローバル社会に通用する英語力を
【グローバル時代の学び方】英語力を効率的に伸ばす4技能統合型授業
【先生の本棚】八王子の豊かな自然に抱かれた美しい学校
【注目のPICK UP TOPIC!】英語の必要性を体感できるプログラム 文化も学べる「イマージョン・ワークショップ」
【私学の光輝】第46回体育大会 広々としたグラウンドで先輩と後輩の絆を深める
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期の子どもたちは、粘り強く接する中で自分を気にかけてくれる存在の元に戻ってきます
【授業見聞録】理科・家庭科 約300㎡の校内ファームで土に触れ 収穫の喜び、食の楽しみを体験する
【学校生活ハイライト】戦後70年に平和への思いを込めた『白亜祭』
【大学合格力強化計画】併設大学を含めた選択肢の拡大が本当に進学したい学部・学科を決める
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】不安を払拭するオリエンテーションと学習指導で円滑なスタートを切る
【全人教室│心を育む私学の授業】統的な礼法で“相手を思う心”と品格を育む
【その先に備える キャリア教育】大学進学からその先を見すえ 一人ひとりが選択する「針路」
進学通信2015年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ