LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年9月号

10年後のグローバル社会へのミッション

森村学園中等部

『言語技術』が養う世界標準の
コミュニケーションスキル

外国人とのコミュニケーションに欠かせない『言語技術』とは

 日本人同士であれば以心伝心、多くを語らずとも理解することができます。これは日本人の特質として尊ぶべきものです。ところが、外国人との間では、この方法が通用しないこともあります。そこで、世界標準のコミュニケーション能力を身につけるために、同校で2012年から導入しているのが『言語技術』という授業です。

「世界標準となるコミュニケーションスタイルをどうすれば身につけられるのか。それを探っていったとき、欧米をはじめ世界各国で採用されているランゲージ・アーツにたどり着きました。外国人は、早くからこの母語教育を通じて、プレゼンテーションやディベートの技術を磨いています。言語技術はその翻訳版で、本校の創立者で、日米貿易の先駆者でもある森村市左衛門先生が説く『世界に伍す若者の育成』という考えにも一致するものでした。本校では、日本における言語技術の第一人者である『つくば言語技術教育研究所』の三森ゆりか先生にも指導のご協力をお願いしています」(入試広報部長/小澤宗夫先生)

中等部3年間を通じて身につける論理的・批判的思考力と鑑賞力

 中1から中3まで、正規の授業として週1回行われている言語技術。授業の中で重視されているのは、論理的思考(Logical Thinking)、批判的思考(Critical Thinking)、鑑賞(文学・芸術)(Appreciation)という3つの要素です。授業では、さまざまなプログラムを通じて、物事を構造的に捉える力、分析し解釈できる力、善し悪しを論じる力を養っていきます。

「ランゲージ・アーツを学んでいる国の人々は、自分と他人は違うことを前提にコミュニケーションをしています。相手とは違う自分についてきちんと伝えられるか、自分の意見や考え方を主張できるか。外国人と友人関係を築いたり、議論をするためにも、この能力は標準的なものとして身に付けておく必要があります。そして、グローバル社会で生きていくうえで、重要な礎になるものと確信しています」(小澤先生)

 普段の英語の授業やイングリッシュキャンプ(中等部2年生)、ニュージーランドへの修学旅行(中等部3年生)などの語学教育においても、言語技術の能力は生かされています。グローバル化が進む社会の中で、世界標準のコミュニケーション能力を養うための同校の画期的な取り組みは、近い将来、必ずその成果を表すことでしょう。

森村学園の取り組みレポート
『言語技術』の授業に注目!

1.「あなたは花火を見るのが好きですか」〜問答ゲーム

 授業はここからスタートします。見出しの質問に対して、「好き」「嫌い」「まあまあ」といった答え方で完結してしまうのは、言語技術の観点からすれば不十分。主題文・展開文・まとめ文で意見を述べる訓練をします。

2.「フランス共和国の国旗を、言葉だけで相手が正確にイメージできるように説明してください」〜空間配列の説明

 伝えるべき大項目、小項目を整理し、さらに項目の説明順位を論理的に分析し、簡潔にして明快な説明文を組み立てる訓練をします。

語学教育への取り組みも充実!

 語学教育にも力を入れている同校。中等部生活でのハイライトは、イングリッシュキャンプと修学旅行です。このほかにも、「放課後イマージョンプログラム」や、約3カ月間のプログラムで行われる「ターム留学」などがあります。

1.イングリッシュキャンプ

 中等部2年生の時に行われる2泊3日のイベントです。成田のホテルに宿泊し、10人程度のグループにネイティブの教員が1名ついて、英語の寸劇をグループごとに作り上げていきます。最終日に寸劇を披露して、優秀なチームは表彰されます。そのほかにもさまざまな企画が用意されていて、英語漬けの充実した3日間を過ごします。

2.ニュージーランドへの修学旅行

 中等部3年生のイベントです。3〜4人ずつのグループに分かれての3泊4日のファームステイや、現地マオリ族の人との交流、現地校での同年代の若者とのふれあいなど、盛りだくさんの修学旅行です。現地の家族との英語でのコミュニケーションは、それまでに培った語学力、言語技術を発揮する絶好の機会となります。

3.放課後イマージョンプログラム

 2014年から始まったプログラムで、算数の四則計算、俳句、地理、生物などを英語で学んだり、一つのテーマについて英語でディスカッションしたりプレゼンテーションを行います。ネイティブの教員のインタビューに合格した中等部生が受講できます。

(この記事は『私立中高進学通信2015年9月号』に掲載しました。)

森村学園中等部  

〒226-0026 神奈川県横浜市緑区長津田町2695
TEL:045-984-2505

進学通信掲載情報

【THE VOICE 新校長インタビュー】『言語技術』の授業や英語力の向上で生徒たちを世界へ羽ばたかせたい
【未来を切り拓くグローバル教育】グローバルな視点とコミュニケーション能力を身につけるニュージーランド修学旅行
【注目のPICK UP TOPIC!】「言語技術」の授業で言葉の力を高めアクティブ・ラーニングを実践する
【注目のPick up TOPIC!】グローバルな思考を学びながらイングリッシュキャンプで英語を学習
【学校生活ハイライト】互いを認め尊重し絆を深める
【グローバル時代の学び方】真の国際人を育む言語技術教育
【熱中!部活動】【テニス部】首都圏有数の恵まれた環境で部活を通して自主性を育む
【その先に備える キャリア教育】実現 社会に役立つ人となるために自らの進むべき『路』を探る
【大学合格力強化計画】生徒のやる気に火をつける指導で過去最高の合格実績!
【中1の始め方】新入生の不安を取り除き スムーズな中学生活をスタート
【10年後のグローバル社会へのミッション】『言語技術』が養う世界標準のコミュニケーションスキル
【学校生活ハイライト】球技会をはじめさまざまな行事を通じて豊かな情操と自主性を育む
【注目のPICK UP TOPIC!】先輩から後輩へ受け継がれる夢への情熱 南極と生中継で特別授業『南極教室』
【大学合格力強化計画】先輩たちの受験記録をまとめた『進路の手引き』でやる気をサポート
【めざせ 次代のグローバルリーダー】日本式の母語教育に加え 世界標準の言語能力を磨くLanguage Arts(言語技術)
進学通信2015年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ