LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年9月号

授業見聞録

星野学園中学校

英語
万全のサポートで “伝わる英語” を体得

iPadの辞書機能を使いながら、プリントの問題に挑戦。

iPadの辞書機能を使いながら、プリントの問題に挑戦。

『理数選抜クラス』は、東京大学や京都大学、国立大学医学部といった難関国立大学合格を目標に据え、理系だけでなく文系の進路にも対応したクラスです。授業では広く深く学ぶとともに論理的な思考力を育成しています。

 特に英語は、ネイティブ教員による1時間の授業を合わせて週6時間授業が行われます。授業では文法や書く力に加え、耳と口、つまり聞く力、話す力を鍛えていると英語科の三宅由佳里先生は言います。

「英語はコミュニケーションに使われる道具です。授業では “伝わる英語” の重要性を伝え、細かい発音も修正します」 (三宅先生)

 ネイティブ講師と接する機会が多いこともあって、生徒たちは正確な発音や英語ならではの抑揚を身につけようと積極的に取り組んでいます。また、中学で十分な語彙力をつけることが、高校、大学での学習をスムーズにするという考えから、検定教科書を使用しつつ、プリントや副教材で補って十分な語彙力が身につくように指導しています。

 さらに、今年度から新しい取り組みとして、ネイティブの講師が道徳の授業を英語で行う時間を設けています。これは、国ごとに異なる普遍的な視点を知ることが、異文化を理解するうえで欠かせないという考えに基づいたもの。中3で行われるオーストラリアでのホームステイや高校での修学旅行でも、国際人教育に磨きがかけられます。

電子黒板を使えば板書の時間も短縮。マーカーの太さや色を変えて、大事なところを強調するのも簡単に。 電子黒板を使えば板書の時間も短縮。マーカーの太さや色を変えて、大事なところを強調するのも簡単に。

 ICTの利用も進めています。現在、全学年でタブレット端末を使用しているほか、Apple TVを導入し、電子黒板を使った授業を展開しています。

「電子黒板によって板書の時間が短縮されるので、机間巡視で生徒に接したり、質問に答える時間を増やすことができました。また、テンポよく授業が進められるのも、大きな利点だと感じています」(三宅先生)

 タブレット端末は、授業中に辞書機能や調べ物に使用するほか、自学自習のための教材や小テスト、さらには自宅学習の計画と結果など、生活面の把握にも活用しています。

「本校では全人教育のもと、学力を身につけ、コミュニケーション力や問題解決能力を培い、バランスのとれた骨太な人格形成を心がけています。豊かな感受性や好奇心を育み将来の目標を見つけて、新しい自分に出会う学校です」 (英語科主任/加藤薫先生)

英語科主任の加藤薫先生。英語科主任の加藤薫先生。
中3理数選抜クラスの英語を担当する三宅由佳里先生。中3理数選抜クラスの英語を担当する三宅由佳里先生。
授業レポート
プリントを使い習熟度に合わせた授業で生徒のやる気と実力を引き出す
細かい発音を注意しながら発音の練習。 細かい発音を注意しながら発音の練習。

 習熟度に合わせたプリントを使って、学びを確かなものにするのが同校の授業の特徴です。同じ内容を学習するのでも、問題の穴埋めの場所や問題数を調整し、作文も取り入れて難易度を変え、『理数選抜クラス』と『進学クラス』の進度を合わせています。

 三宅先生が行う中3の『理数選抜クラス』の英語の授業でも、事前に配布したプリントを使用します。前回の授業で行った関係代名詞や不定詞の復習からスタートです。人の見た目の聞き方を復習したあと、単語を確認します。「水玉模様」や「縞模様」といった日常で使う名詞や、「身につける」という熟語を確認して語彙数を増やします。

 プリントに書かれた絵をイメージした作文を作成し、発表。さらに読み方もしっかり練習します。その後、応用編として、冷蔵庫について説明する文を、不定詞、関係代名詞、接続詞を使ってそれぞれ作文しました。

 三宅先生は机間巡視をしながら、生徒の質問に答えていました。

「本校の生徒は、中1から予習、復習の習慣が身についていますが、それでも理解が足りない場合はバックアップ体制が整っています。日常的に『ホームルームテスト』と呼ばれる小テストを行うほか、定期テスト後には補習もあり、『ここまでは必ず到達するぞ』という強い思いを先生と生徒がともに持って学習に取り組んでいます。小学校によって英語の授業に差があることを不安に感じる方もいるでしょうが、習熟度別の授業もありますので、質問がしやすくのびのびと勉強できる環境が整っています」(三宅先生)

(この記事は『私立中高進学通信2015年9月号』に掲載しました。)

星野学園中学校  

〒350-0824 埼玉県川越市石原町2-71-11
TEL:049-223-2888

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】恩師からの個性に合った指導のもと 自分の得意科目を飛躍させた学校生活
【キャンパスのビジョン】理想の教育環境を追求し全天候型グラウンドを完備
【目標にLock On!! 私の成長Story】自分が主役──主体的に生きる方法を教えてくれた中高6年間
【グローバル時代の学び方】海外体験と異文化交流で国際人たる知性を育む
【学校生活ハイライト】異文化に触れ、相互理解が生まれる修学旅行
【目標にLock On!! 私の成長Story】みんなが真面目な学校なので真面目でいられる安心感が心地良い
【授業見聞録】理科 たくさんの実験体験で理科の楽しさに触れ将来の進路にもつなげる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】グループディスカッションで大学入試問題に挑戦
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】まずは学ぶ楽しさを知ることから 面倒見が良く手厚い指導で新中1の学習習慣の定着化を図る
【学校生活ハイライト】しなやかな感性を育み人間力を養う芸術鑑賞会
【校長が語る 思春期の伸ばし方】失敗には寛容に接し挑戦の機会を与え続ける
【授業見聞録】英語 万全のサポートで “伝わる英語” を体得
【部活レポート】中学サッカー部/中学新体操部
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】その言い方、もしかして「甘えた日本語」!?
【私学の情報リテラシー】常に全人教育の理念に立ち返り コミュニケーション力を磨く
進学通信2015年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ