Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年8月号

SCHOOL UPDATE

日本大学豊山女子中学校

タイムカプセル開封式
15年間の成長と母校での日々に思いをはせる

NYの国連本部で本物さながらの会議を体験できます。

 タイムカプセルは、特別に合金で作られ、直径約100cm、高さ約130cm、重さ約100㎏。

続々とやってくるOGたちを生徒が出迎えます。続々とやってくるOGたちを生徒が出迎えます。
当時から生徒たちに大人気のパン屋「マルフク」が出張営業。当時から生徒たちに大人気のパン屋「マルフク」が出張営業。みんな大喜びで並びます。
吹奏楽部の演奏が開封式に華を添えました。吹奏楽部の演奏が開封式に華を添えました。
創設50周年を機に封印された思い出と再会
開封委員会の先生方の手によっていよいよ開封。右から2人目がタイムカプセルの提案者の齊間先生。開封委員会の先生方の手によっていよいよ開封。右から2人目がタイムカプセルの提案者の齊間先生。

 日本大学付属校の中で唯一の女子校・豊山女子がめざすのは、どのような時代にも希望と勇気を持って歩み続けられる生徒の育成。同校で、ミレニアムを迎えた2001年、 齊間文也さいまふみや校長(当時)の「新しい時代の夜明けを生徒と一緒に祝いたい」という提案で封印されたタイムカプセル。その『開封式』が開校50周年を翌年に控えた2015年5月3日に行われました。

 8号館玄関に鎮座し静かに時を見つめてきたカプセルの中には、当時の中1から高3の全生徒が未来の自分に宛てて書いたはがきが入っており、この日はそれを受け取りにOG400人以上が会場に駆けつけました。15年前の『封印式』の際には神主によって祝詞があげられ、その模様は教室へ生中継されて全校生徒が見守りました。真空状態にしていたため、当時のままの姿で再び中の品々が光を浴びます。

恩師との、友との、15年前の自分との、懐かしい再会でいっぱい!

 2児の母・川島加奈子さんのはがきには「結婚して、子どもがいてくれたらうれしいです」と書かれています。「全部叶った。今の夢は家族で沖縄旅行!」。現在同校のバレーボール部コーチをしている尾崎宏美さんは、中高と同部で活躍。はがきの「ママさんバレーやっていますか?」の問いに、「それどころか実業団も経験しました」。希望通り母校に戻って就いた現職には「一番やりがいがある」と尾崎さん。

「中学、高校と青春時代の懐かしい心境に時を超えて向き合い、明日からの自分への活力になったと思う。本当にやって良かった」と、齊間先生。当時の先生や級友との再会で盛り上がり、社会で活躍している卒業生が一堂に会したことを通じて、同校の絆やつながりが見え、有意義なタイムカプセル開封式となりました。

タイムカプセルを囲む机の上に品々が並べられました。瀨在幸安元総長がこの日のために書いた「飛翔」の色紙も。タイムカプセルを囲む机の上に品々が並べられました。瀨在幸安せざいゆきやす元総長がこの日のために書いた「飛翔」の色紙も。
谷村祥世教頭「今日の日を教員一同楽しみにしていました。女性特有のコミュニケーションスキルが身につき、社会に出て女子だけで過ごした生活が生きてくるようです」谷村祥世たにむらさちよ教頭。
近藤博七校長 「来年で創設50周年。あなた方の母校が素晴らしい学校であり続けるようにしてみせます」と近藤博七こんどうひろし校長が宣言。
それぞれのクラス名が書かれた袋に入っているはがきや色紙を皆、感慨深そうに手に取ります。それぞれのクラス名が書かれた袋に入っているはがきや色紙を皆、感慨深そうに手に取ります。
思い出のフィルムの上映に合わせてOGによる先生へのインタビューが行われ、会場を盛り上げました。思い出のフィルムの上映に合わせてOGによる先生へのインタビューが行われ、会場を盛り上げました。
母校への愛であふれた最高のセレモニー。

 母校への愛であふれた最高のセレモニー。

(この記事は『私立中高進学通信2015年8月号』に掲載しました。)

日本大学豊山女子中学校  

〒174-0064 東京都板橋区中台3-15-1
TEL:03-3934-2341

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】体育祭で育む団結力学年対抗の組分けが絆を深める
【未来を切り拓くグローバル教育】ターム留学制度を新設海外への扉を増やす
【中学入試のポイント】英語インタビュー入試など 新たに3つの入試を導入
【その先に備えるキャリア教育】価値 次世代型キャリア教材で培う新しい価値を創造する力
【行ってきました!学校説明会レポート】女子の心をつかむ体験授業が魅力夏休み学校見学会
【The Voice 校長インタビュー】「女子にしばられない」教育で視野を広げて未来を切り拓く
【SCHOOL UPDATE】広い視野を持ったグローバルリーダーを育成
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】1人1台タブレット利用で思考力を磨き多面的に学ぶ
【中学入試のポイント】調べてまとめて発表する思考力型入試
【SCHOOL UPDATE】文化週間・合唱コンクール 固い団結力を歌にのせて各クラスが優勝をめざす
【グローバル時代の学び方】世界に飛び出すきっかけをつかむ2つの海外研修
【The Voice 新校長インタビュー】女性の活躍の場が広がりゆく今こそ未来を見据えた学校改革を
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語にたくさん触れて 自主的に英語を楽しむ環境づくりと教育
【注目のPICK UP TOPIC!】「サイエンス部」が全国大会に出場
【SCHOOL UPDATE】タイムカプセル開封式 15年間の成長と母校での日々に思いをはせる
【部活レポート】放送部
【授業発見伝】理数科 創造的な学習意欲を育てる課題研究発表会
【母校にエール!OGOB interview】教育実習生として戻ってきた今 母校の素晴らしさを痛感しています
進学通信2015年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ