LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年8月号

大学合格力強化計画

京華中学校

新教育体制でバックアップする
「第一志望を諦めない」精神

現役合格推移

『2015年度私立中学校高等学校受験年鑑』(大学通信)に掲載された特集記事で、
「面倒見が良い私立中」ランキング1位を獲得しています。

難関大学合格者輩出の秘訣は学校全体でがんばる姿勢

 同校は2012年度から新教育体制となり、今年初めての卒業生を送り出しました。新設された「S特進コース」では、難関国公立大学をめざすカリキュラムで、見事、京都大学や大阪大学をはじめとする難関大学合格者を多数輩出。また、国公立・難関私立大学をめざす「特進コース」、有名私立大学現役合格をめざす「進学コース」からも国公立大学合格者が出ました。この結果を、「期待以上の健闘」と、進学指導主任の岡田一顕先生は振り返ります。

「新教育体制を立ち上げる際、各教科の教員が集まってプロジェクトチームを立ち上げ、互いの進度やレベル、バランスを調整しながら学習指導計画を立てました。そこで、『学校全体でがんばりましょう』という雰囲気が作られたのは確かだと思います」

「みんなでがんばる」という先生方の意気込みは、生徒たちにも浸透します。

「センター試験は、AO・推薦入試組も含め、生徒全員で受験します。教員も、各会場に分かれて激励に行きます。学年全体が一丸となって、『みんなでがんばる』雰囲気になりました」

塾や予備校に通わずとも学内講座・サポートの活用で学力も人間力も向上できる

 期待以上の合格実績につながった取り組みの一つとして、「Z会添削+東大生学習サポーター制度」が挙げられます。S特進コースと特別選抜クラスの生徒は全員、特進コース・進学コースと中高一貫クラスの生徒は希望制で、Z会の教材及び課題が与えられ、添削を受けることができる制度です。団体で参加するため、誰一人として手を抜くことはできません。まさに“団体戦”として挑む姿勢が、全学年を通して身につけられるのです。

 また、希望者には放課後、参加生徒約10名に対し1名の割合で、学習サポーターの東大生が付きます。彼らはZ会添削の勉強をサポートするほか、東大の試験問題から課題を出したり、大学生活を語ったりして、良き先輩として生徒たちを励まします。岡田先生によれば、「彼らのおかげで、生徒たちにとって難関大学が身近な存在になってきている」のだそうです。

 さらに、「夏期講習」や「冬期講習」などの短期集中学習支援、「7限ゼミ」などの受験対策講座も充実しています。したがって、塾や予備校に通わない生徒が多くいます。「特に今年の難関大学合格者の多くは、こうした学校の講座をフル活用した生徒たちばかり」と、岡田先生は語ります。

「講座以外でも、学校をうまく活用してくれたと思います。職員室に度々訪れ、添削を依頼しに来る生徒も多かったですね。課題を与えた際、『いつ提出に来るのか』と尋ねると、『明日出します』と即答される場面もあって、生徒の意欲、成長を感じました」

 学力だけでなく、人間力の向上にも力を入れています。それを実践するのが、国際教育です。中1から始まる授業「イングリッシュ・コミュニケーション」から、中2で行う国内留学「イングリッシュ・キャンプ」、中3で現地へ出かける「マレーシア修学旅行」まで段階的に学べるからこそ、抵抗感なく英語が使えるようになるのです。その結果、高校では海外留学に興味を持つ生徒が増え、過去3年間の実績として、12名が「1年留学」へ、年間約40~50名が「2週間留学」へ参加しています。

「本校の目標は、大学合格だけではありません。社会でどう活躍できるか、までを考えています。ですから、留学はもちろんのこと、学内の一つひとつの行事も含め、生徒が自己肯定感を高め、自信を得られるようなさまざまな活躍の場を用意しています」

東大生サポーター東大生サポーターは、勉強のことだけでなく、大学生活のことも話してくれるお兄さん的存在。学ぶモチベーションも上がります。
“生きた英語”を学ぶ国際交流を経験できます。“生きた英語”を学ぶ学内の授業から国内留学、海外研修旅行、夏季海外研修、各種留学制度へと、段階的に国際交流を経験できます。

「ネバー・ダイ」の精神で最後まで第一志望にこだわる

 同校の校訓の一つは、「ネバー・ダイ」の精神。決して諦めない心を持つことです。進学指導においても、「第一志望を最後の最後まで諦めさせない」ということにこだわります。学年の教員が集まって「志望校検討会」を開くのも、生徒が最後までチャレンジできるようにバックアップする取り組みの一つです。生徒一人ひとりの性格や学力、適性を考慮しながら、進路を検討するとともに、「もう少し上をめざせるのではないか」など、意見を出し合います。

 これから夢・目標を持って入学してくる受験生に向け、岡田先生は次のように語ります。

「夢・目標の実現を山登りに例えてみましょう。頂上(=実現)までのルートは一つではありませんね。本校では、教員一人の視点ではなく、複数の視点からアドバイスします。みなさんが道に迷うことのないよう、学校全体で導いていきたいと思っています」

新コース制

中学 2コース(クラス)制

◆特別選抜クラス
京華の「英才教育」によるハイレベルな授業を展開。原則として高校の「S特進コース」に進学し、東大をはじめとする難関国公立大を主な目標とするクラス。

◆中高一貫クラス
京華独自の「面倒見の良い教育」を徹底。高校入学時には「S特進コース」「特進コース」「進学コース」から本人の希望・意欲・成績によって進学するコースを判断する。

高校 3コース制

◆S特進コース
東大を始めとする難関国公立大学をめざすコース。豊富な選択授業と受験対策講座で「学校完結型受験指導」を展開する。

◆特進コース
志望大学に対応したオンリーワンカリキュラムで早慶上智をめざす文系コースと国公立・早慶上理をめざす理系コースを設置。

◆進学コース
きめ細かな学習指導で、意欲的に学ぶ姿勢を身につけ、有名私立大学への現役合格をめざす。

2015年春
主な大学合格実績(既卒生含む)
大学名 人数




京都大学 1
大阪大学 1
九州大学 1
神戸大学 1
国際教養大学 1
筑波大学 3
千葉大学 3
横浜国立大学 2
埼玉大学 2
その他 11







昭和大学 2
東邦大学 1
日本大学 1
愛知医科大学 1
大学名 人数



早稲田大学 10
慶應義塾大学 8
上智大学 3
東京理科大学 21





学習院大学 10
明治大学 17
立教大学 6
中央大学 21
青山学院大学 6
法政大学 30

(この記事は『私立中高進学通信2015年8月号』に掲載しました。)

京華中学校  

〒112-8612 東京都文京区白山5-6-6
TEL:03-3946-4451

進学通信掲載情報

【私たち、僕たちが大好きな先生】できないことができるようになって喜ぶ生徒の顔を見るのが好きです
【目標にLock On!! 私の成長Story】不安も悩みも聞いてくれる恩師に見守られ自分の道を見つけることができた
【その先に備えるキャリア教育】結実 さまざまな価値観や仕事観に触れ自分自身の「興味」を掘り起こす
【学校生活ハイライト】協力し、ともに汗をかくことで芽生え、育まれる友情
【熱中!部活動】【陸上部】互いに高め合い不屈の精神を養う
【私学の光輝】BACK TO THE FUTURE 120 創立120年、伝統を未来へとつなぐフレスコ画が完成
【こどもの自立を促す教育】男子校ならではの環境で秘めたる英才を磨き上げる面倒見の良い教育
【The Voice 新校長インタビュー】120年の伝統を核に「人を育む」男子校であり続ける
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】中学生の平日は家庭からの愛情弁当 土曜日には学食でコミュニケーションも
【10年後のグローバル社会へのミッション】スモールステップで経験を積みながらグローバル社会に必要とされるコミュニケーション力と発信力を養う
【大学合格力強化計画】新教育体制でバックアップする「第一志望を諦めない」精神
【全人教室│心を育む私学の授業】交流や体験を重ねプレゼン力を伸ばして“ヤングジェントルマン”になる
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】気持ちの伝達ベタは心配ご無用!“大人で子ども”な中学男子を見守る
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】“ネバーダイ”の精神であきらめない 先生・生徒・保護者の三位一体教育
進学通信2015年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ