Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年8月号

10年後のグローバル社会へのミッション

京華女子中学校

第2外国語の授業で異文化への
視野を広げる「英才教育」

「みなさんとても真剣に授業を受けてくれます。廊下でも気軽に『ボンジュール』と声をかけてきてくれてうれしいです」(フランス語講師/マチュー・ゴリ先生)

「みなさんとても真剣に授業を受けてくれます。廊下でも気軽に『ボンジュール』と声をかけてきてくれてうれしいです」
(フランス語講師/マチュー・ゴリ先生)

中学から中国語・フランス語に親しむ

「英才とはいわゆる秀才にあらず。固き材木の材、社会、国家に有用の材をいう」という孟子の言葉から、同校の建学の精神「英才教育」が生まれました。「天下の英才を得てこれを教育す」という創立者の思いが、今も受け継がれている同校は、多様化する現代に合った「英才教育」として、今年新しい取り組みを始めました。それが中1から始める第2外国語の授業です。

「言葉を学ぶことを通して、生徒たちが異国の文化に触れる機会を増やしたいと考えたのがきっかけです。中国語は利用人口も多く、フランス語は本校の卒業生がフランス語を公用語とする西アフリカの国を支援するNPOを立ち上げたこともあり、これから交流を進めたいと検討しています。これらの言語に触れることで英語圏以外の文化にも関心を高めさせたいと考えました」(大野葉子校長先生)

 こうして導入した第2外国語の授業では現在、中1から中3までが週に1時間、ネイティブの先生より授業を受けています。学ぶ言語は、入学後にフランス語、中国語の両方の授業を体験してから選択することができます。

 授業を導入してみると、漢字を使う中国語は親しみやすく、フランス語もまた、子どもの関心の高い言語だということがわかったそうです。

「クラシックバレエを習っている生徒も多く、“ポーズの名前はだいたいフランス語だから親しみがわく”と話す生徒もいました。また女子はファッションにも敏感です。ファッションの先端を走るフランスですから、そうした点でも関心は高いようです」(グローバル教育推進委員・英語科/須田英里先生)

6年間で3カ国を訪れるチャンスを用意

 海外研修の機会の多さも同校の特徴の一つです。中1での2泊3日の国内英語研修「イングリッシュキャンプ」を皮切りに、英語力を養うための多彩なカリキュラムが組まれています。中3ではカナダへの修学旅行、中2~高3の希望者を対象に、夏休みに行う「オーストラリア夏季海外研修」や、現地の学校に通い3カ月を過ごす「ニュージーランドターム留学」など、英語圏での語学研修のチャンスが広がっています。現地校での単位を同校でも認めているため、留学しても帰国後はもとの学年に戻れます。

 英語圏へのアプローチに加え、第2外国語という新しい授業を取り入れた同校。世界へと広い視野を持った女子を育てる取り組みに期待が高まります。

京華女子の取り組みレポート
まずは楽しく学ぶが鉄則

 フランス語の授業はフランス人の先生から会話を中心に学びます。男性名詞、女性名詞など難しい印象を受けがちなフランス語ですが、場面を設定した会話形式の授業は楽しく、無理なく自然に言葉を覚えることができます。

 日本の若い俳優の写真を見せながら「これは誰ですか?」「〇〇です」といった会話のやりとり練習もあり、生徒が飽きずに学べるように工夫された授業を展開しています。

京華女子の取り組みレポート
学内のトピックをまとめた英字新聞で長文に親しむ

 英語科の教員により、毎月発行されるレポート新聞は全て英語です。わかりやすい単語が使われ、中学生でも読めるよう工夫がされています。今回のトピックは西アフリカ ニジェール共和国を支援するNPOを立ち上げ、寺子屋を作る活動をしている福田英子さんが同校を訪れて講演した時のことが掲載されました。フランス語が公用語として使われているニジェール共和国と、今後、交流を深めていく予定です。

京華女子の取り組みレポート
言葉を通して異文化を知る

 中国人の明るい先生のリードで進める中国語の授業もあります。発音の難しい中国語ですが、ネイティブの先生のきれいな発音をお手本に、基本をしっかりと学んでいきます。説明は日本語で行われ、先生が自国の習慣などについて紹介してくれることも多いそうです。第2外国語の各科目では、言葉を通して文化に触れる授業が行われています。

京華女子の取り組みレポート
豊富に用意された英語を伸ばす機会

 中3の修学旅行では、全員がカナダでのホームステイ生活を体験します。夏休みに中2~高3の希望者を対象に、オーストラリアのセントメリースターオブザシーカレッジで授業に参加する語学研修は毎年参加希望者が増えています。高校生になると1月から3月までの3カ月間を現地の学校で過ごすニュージーランドターム留学に行くこともできます。3つの国々での経験を通して、文化はもちろん、同じ英語でも発音の違いがあることを学ぶことができます。

(この記事は『私立中高進学通信2015年8月号』に掲載しました。)

京華女子中学校  

〒112-8613 東京都文京区白山5-13-5
TEL:03-3946-4434

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】グローバルな視点を養う豊富な国際教育プログラム マレーシア・シンガポール修学旅行
【中学入試のポイント】英検利用入試を新導入 適性検査型入試も継続
【本音で語る保護者座談会】たくさんの先生方が子どもを見てくださっていることが実感できます。
【学校生活ハイライト】3校による合同開催の『京華祭』議長校として統率力を発揮
【Students' Chat Spot】先生とも先輩ともとても距離が近いので何でも相談できます
【グローバル時代の学び方】ターム留学で国際感覚と自立した心を養う
【The Voice 校長インタビュー】バランスの取れた教育方針と独自プログラムで生徒の才能を伸ばす
【中1の始め方】『八ヶ岳イングリッシュキャンプ』で英語の経験値ギャップを解消
【熱中!部活動】【マーチングバンド部】一つのショーを通して“共生力”を学ぶ
【私学の光輝】BACK TO THE FUTURE 120 創立120年、伝統を未来へとつなぐフレスコ画が完成
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】“気づき”や“驚き”を共有できる協働型の授業
【制服物語】TPOに合わせた制服の着こなしから女性としての品性を養う
【未来を生き抜く学力のつけかた】生徒のやる気を高め理解を促すタブレットの活用
【10年後のグローバル社会へのミッション】第2外国語の授業で異文化への視野を広げる「英才教育」
【私学の先生から受験生へのアドバイス】的を絞らず習った全範囲をていねいに学習しておきましょう
【私学の情報リテラシー】電子黒板の授業で 生徒の苦手克服を促す
【私学の光輝】有名学食の手づくり弁当で 体も心も満たされるランチタイム
進学通信2015年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ