LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年8月号

学校生活ハイライト

東京成徳大学中学校

6学年が一体となって最高のイベントをつくる!
「みんなでがんばる喜び」を味わう体育祭

教室で勉強しているだけでは身につかない責任感や協調性、克己心、創造力、人間関係力を養うためにクラブ活動や学校行事に力を入れている同校。5月末に行われる体育祭は、入学したばかりの1年(中1)生にとって初めての大きな学校行事です。6年(高3)生のリーダーシップのもと6学年がそれぞれの役割を果たし一体感と感動を味わった体育祭を紹介します。
今年のパフォーマンス優勝はオレンジチーム

今年のパフォーマンス優勝はオレンジチーム。
隊形を変えながら息の合ったダンスを披露。
ウェーブも盛り込んだ魅せるパフォーマンスは、最後の退場まで表情が生き生きとしていて楽しそうでした。

友だちや先輩との密な関係はここから始まる

 1年生から6年生の縦割りで編成した4つのチームで競い合う同校の体育祭。その準備は前年度の3学期から始まります。4月から6年生となる5年生は、学年から団長を選出し、メイン競技ともいえるパフォーマンスの内容を詳細に決定。下級生に指導するためにまず自分たちが演技構成やダンスを覚えます。入学して間もない1年生から6年生まで、220人前後で行う圧巻のパフォーマンスを披露するまでには苦労も多く、普段はみんなの前に立つタイプではない生徒も下級生の指導に当たるなど、総力を挙げてパフォーマンスを完成させます。

チームTシャツにはみんなのメッセージがいっぱい書き込まれています。6年間で6枚のチームTシャツが手元に残り、一生の宝物になります。チームTシャツにはみんなのメッセージがいっぱい書き込まれています。6年間で6枚のチームTシャツが手元に残り、一生の宝物になります。

「パフォーマンスは、応援合戦からチームの団結力のアピールに変化したもので、『中学生も一緒に楽しんでいるか』ということはとても大切なのです。上級生が下級生をかわいがっている様子がうかがえるプログラムなので、親御さんもこれを見て安心されるようです」(副校長/中村雅一先生)

 保護者にとっても楽しみな学校行事のひとつとあって、600人収容のスタンドは毎年満席に。

 運営を担う生徒会スタッフや各チームをまとめていく6年生にとって、体育祭は全力投球できる最後の学校行事。みんな気合いは十分で、晴れ晴れとした表情で体育祭を楽しんでいました。

 一体感の中でしか生み出せない大きな感動を味わい、生徒たちがまた一歩成長する体育祭です。

学年ごとにクラス対抗で行われる中学全員リレー。クラス全員が出席番号順に走るため、激しく順位が入れ替わり、目が離せません。学年ごとにクラス対抗で行われる中学全員リレー。クラス全員が出席番号順に走るため、激しく順位が入れ替わり、目が離せません。
全員ヘッドギアを着用して行う高校男子の棒倒しは、生徒同士が激しくぶつかり合います。騎馬戦と並んで観客が熱狂する大迫力の競技です。全員ヘッドギアを着用して行う高校男子の棒倒しは、生徒同士が激しくぶつかり合います。騎馬戦と並んで観客が熱狂する大迫力の競技です。
土ぼこりをものともせず懸命に棒を奪い合う高校女子の棒引き。土ぼこりをものともせず懸命に棒を奪い合う高校女子の棒引き。
ポンポンを手に元気なダンスを繰り広げた黄チームのパフォーマンス。ポンポンを手に元気なダンスを繰り広げた黄チームのパフォーマンス。
可愛らしいダンスに気迫のこもった掛け声が印象的だった青チーム。可愛らしいダンスに気迫のこもった掛け声が印象的だった青チーム。
アフロの被り物、カラフルな軍手、男女ペアのダンスで魅せたピンクチーム。アフロの被り物、カラフルな軍手、男女ペアのダンスで魅せたピンクチーム。
体育祭当日にも書き込みはどんどん増えていきます。体育祭当日にも書き込みはどんどん増えていきます。
運営は生徒会が中心になって行い、生徒みんなでつくり上げます。運営は生徒会が中心になって行い、生徒みんなでつくり上げます。

(この記事は『私立中高進学通信2015年8月号』に掲載しました。)

東京成徳大学中学校  

〒114-8526 東京都北区豊島8-26-9
TEL:03-3911-7109

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】先生に相談しやすい校風のおかげでつまずいた問題は学校ですべて解決
【私たち、僕たちが大好きな先生】音楽は心を開くツール 音楽科の授業がグローバル教育にも大いに役立つと思います
【未来を切り拓くグローバル教育】他の留学生とともに学ぶ全員参加の中3学期留学
【実践報告 私学の授業】ICT活用で広がる表現力思考力・創造力を育てる教育
【目標にLock On!! 私の成長Story】やりたいことをやりたいようにやれば自分の進むべき道が見えてくる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】思考し話し合う時間を重視しタブレットで授業を効率化
【SCHOOL UPDATE】ICT導入で変わる学び 生徒に1人1台支給タブレット学習で効率化を実現
【Students' Chat Spot】中学での留学制度が進路の決め手に!またニュージーランドへ行きたい。
【目標にLock On!! 私の成長Story】エネルギー問題に興味を持って進路決定 時間の有効活用を考え抜いて現役合格へ
【目標にLock On!! 私の成長Story】今につながる経験ができた中高時代 人生の岐路には先生や友達がいた
【授業見聞録】理科 授業時間の3分の1を占める実験で「自ら考えて検証する」力をつける
【グローバル時代の学び方】中3全員参加のターム留学 2020年に向けて始動
【私学の光輝】入学式 中学生としての誇りと自覚を胸に刻む
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】全員参加の海外学期留学 心を育てることを重視して真のグローバル人材を育てる
【Students' Chat Spot】桐蔭祭への意気込みと学校の魅力
【学校生活ハイライト】「みんなでがんばる喜び」を味わう体育祭
【自立と自律】海外や野外での体験を通してたくましい生徒を育てたい
【キャンパス歩き】「文武両道」を支える充実した施設で創造性と自律心を育む
【めざせ 次代のグローバルリーダー】世界に胸を張って飛び出せる たくましい生徒を信念をもって育てる
【授業発見伝】理科 失敗から学ぶ実験の意味 「なぜ」を深める振り返り
【全人教室│心を育む私学の授業】感じて、行動して、考える… 自分を深める学習で人間力を伸ばす!
進学通信2015年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ