Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年8月号

授業見聞録

多摩大学目黒中学校

英語
習った英語を「いかに使うか」
表現力を高める授業

みんなの前に出て、「私の好きな言葉」をテーマにスピーチ。

みんなの前に出て、「私の好きな言葉」をテーマにスピーチ。
『Where there is a will, there is a way.(意志あるところに道は開ける)』は、インターネットで見つけた言葉だそう。

 生徒一人ひとりが目的意識を自覚し、向上心を持つことを大切にしている同校。日々の勉強や部活動、学校行事など、学校生活のさまざまな場面で目標を持つことが求められ、あらゆる場面がその達成に向けて努力するチャンスの場となっています。勉強面でも、得意な分野ではさらに上をめざすことを、苦手な分野でも試行錯誤を繰り返し、努力を続けることが重視されています。

 英語科のM先生に聞いてみました。

「英語の授業の中でも、まずは目標を立てさせるようにしています。中学生の段階では、英検の合格や、テストの順位など、生徒にとってイメージのしやすい目標を立てさせます。英語が苦手な生徒にも、『ここまではやってみよう』というハードルを下げた目標を持たせることで、意欲を引き出すようにしています」

 また、同校では世界の人々と対等に渡り合えるだけの英語力と表現力を伸ばすための授業づくりをめざしています。そのためにネイティブ教諭による少人数制の英会話の授業に加えて、普段の英語の授業でも、スピーチや発表をする機会が多く設けられています。

「中1では、教科書の会話文を覚えて発表することが多いのですが、中2以降は、みんなの前で自分の原稿を暗記して話す機会を増やしています。基礎的な用語や表現を反復して練習することが、英語を話すことへの抵抗感をなくし、使える英語を身につけることにつながっていると感じています」

 中3の2月には、オーストラリアへ修学旅行に行き、約2週間、ホームステイをしながら現地の学校での語学研修も行います。日本語が通じない環境の中、悪戦苦闘する経験を経た生徒たちを待ち受けるのが、中3の終わりにあるスピーチコンテスト。100語の英語スピーチを行うことが、中学の英語学習の最終目標です。

 生徒が自ら学びたくなるような授業、新たな知識を得ることが楽しいと思えるような授業を理想として、先生たちも常に試行錯誤を重ねています。

「年に2回、生徒による授業評価が行われています。生徒の声を直接聞くことができるので、こちらが意図したことがきちんと伝わっているのかを把握する良い機会になっています」

 自分たちの意見が授業に反映されることで、生徒たちも今まで以上に真剣に授業に取り組む、良い循環が生まれているそうです。

授業レポート小テストやスピーチ……
テンポよく進む盛りだくさんの50分間!
増築された新校舎の教室。可動式の壁があり少人数制の授業にも対応します。増築された新校舎の教室。可動式の壁があり少人数制の授業にも対応します。

 特進クラス(中3)の英語の授業では、50分間の授業の中、小テストやスピーチなど、たくさんの内容がテンポよく進んでいきます。生徒たちの授業態度は終始真剣。挙手や発言にも積極的です。

「小学校での英語の授業は、楽しむ要素が強いと思うのですが、中学では勉強として取り組むことが必要になってくるので、その切り替えにかなりの時間をかけています。具体的には、英語の授業を受けるための『12のルール』が決められていて、中1の初めにガイダンスを行っています。その結果、授業に対する生徒の集中力を高めることができるのです」

 評価には、相対評価と絶対評価があり、定期テストの点数のほかに、小テストや宿題、授業中の発言回数や忘れ物の回数などがすべて具体的な点数となるそう。こういった評価のポイントを生徒が理解していることも、授業への参加意欲につながります。

 中学の英語指導の中で大切にされているのが、基礎的な表現を徹底的に身につけさせること。また、習った表現を使って、スピーチの原稿を自分で作文することや、その原稿を皆の前で発表する力も重視されています。

「高校生になると、受験に向けて、英語の構文を正しく理解することを重視した指導が多くなってきますが、中学生のうちは、英語表現のストックを増やしつつ、それを『いかに使うか』を大切にした指導をしています。発展的な内容も含まれるので、盛りだくさんの授業だとは思いますが、それでも意欲と緊張感を持ってついてきてくれるのは、生徒たち自身の力だと感じています」

小テストの内容は、前回の授業内容を応用した英作文。知識を定着させ、「いかに使うか」が問われます。小テストの内容は、前回の授業内容を応用した英作文。知識を定着させ、「いかに使うか」が問われます。
競い合うように手を挙げて発表。競い合うように手を挙げて発表。
特進クラスでは、教科書の範囲を超えて、一つの表現から派生したさまざまな表現を学びます。特進クラスでは、教科書の範囲を超えて、一つの表現から派生したさまざまな表現を学びます。
2人1組になって、会話文の練習。最終的には、教科書を見ないで言えるようになることが大切。2人1組になって、会話文の練習。最終的には、教科書を見ないで言えるようになることが大切。

(この記事は『私立中高進学通信2015年8月号』に掲載しました。)

多摩大学目黒中学校  

〒153-0064 東京都目黒区下目黒4-10-24
TEL:03-3714-2661

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】国際感覚を磨く第一歩として最初の語学研修はイギリスへ
【グローバル特集 海外研修[アジア]】リアルな韓国の文化を体験する高大接続プロジェクト
【大学合格力強化計画】『クリティカル・シンキング』と徹底した学習指導で大学合格実績が伸長
【未来を切り拓くグローバル教育】2019年度より『S探究コース』『LAコース』がスタート! より深い学びへ
【私学の校外学習・学外交流】大学、企業、自治体との連携で主体的な学びを身につける 校外アクティブラーニング活動
【大学合格力強化計画】合格実績が大躍進タブレット活用で大学入試改革への対策を一歩リード
【大学合格力強化計画】合格実績の上昇がやる気を発揚アクティブラーニングも強化
【校長が語る 思春期の伸ばし方】子どもが夢中になれることを応援し自己肯定感や意欲を伸ばします
【熱中!部活動】【サッカー部/ダンス部】めざすは全国の頂点 夢が絆を強くする
【大学合格力強化計画】生徒の可能性を最大限に活かす指導で大学合格実績が加速度的に上昇
【校長が語る 思春期の伸ばし方】好きなことがなかなか見つからなくても 子どもを信じて焦らず見守りましょう
【熱中!部活動】実力と精神力を高める濃密な部活時間
【大学合格力強化計画】中高一貫色をより明確にし 最難関大学もめざせる学習体制を整える
【授業見聞録】英語 習った英語を「いかに使うか」 表現力を高める授業
【めざせ 次代のグローバルリーダー】「英語が話せる」ではなく「英語で何が話せるか」で勝負してほしい
【大学合格力強化計画】教員と生徒、生徒同士の強い絆で合格実績が飛躍的に向上
【部活レポート】サッカー部
進学通信2015年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ