LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年7月号

10年後のグローバル社会へのミッション

文化学園大学杉並中学校

自分の可能性を世界で開花させる
2カ国の卒業資格

写真はアクティブ・ラーニングを取り入れた数学の『Co-Teaching』授業の様子。

写真はアクティブ・ラーニングを取り入れた数学の『Co-Teaching』授業の様子。

日加両国のカリキュラムを3年間で履修

 グローバル社会で自ら考え、自ら行動できる女性の育成をめざす同校。2015年4月から高校に『ダブルディプロマコース』がスタートしました。“ディプロマ”とは高校卒業資格のことで、日本のカリキュラムと海外の高校に準じたカリキュラムが同時進行で行われ、卒業時には日本と海外の高校の両方の卒業資格が得られるというものです。

 このコースは、カナダのブリティッシュコロンビア州政府から「海外校」としての認可を受けて実現したもの。カナダの高校生としての資格を持つため、卒業後はカナダ、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの大学を受験することが可能です。日本の大学でも、ダブルディプロマを取得した生徒向けの特別入試をする大学もあります。

日本人としての教養も大切に育成

『ダブルディプロマコース』では、カナダのカリキュラムをブリティッシュコロンビア州政府が認可した教員が英語で行います。一方、日本のカリキュラムは同校の教員が日本語で行います。内容が重なるところは日本人とカナダ人の先生による『Co-Teaching』として、日本語と英語両方を使って指導しています。

 同コースがスタートしてまだ間がありませんが、生徒たちの成長ぶりには目を見張るものがあると青井静男教頭先生は言います。

「例えば数学の『Co-Teaching』の授業では日本語で説明があった後、生徒が2人1組になって、英語で内容を説明し合います。他にも英作文やカナダ人教師との会話など、日々英語を使うことで、たった1カ月でこんなに英語が話せるようになるのかと、驚くほど上達しています。生徒も『間違えるのが怖くなくなった』と言い、わからないところはどんどん聞き、自信を持って英語を使っています」

 同校が『ダブルディプロマ』にこだわったのには理由があります。高い英語力を持ち、相手国の背景を知るとともに、日本人として深い教養を身につけることが、真の意味でのグローバル教育につながると考えているからです。

「日本の教育をきちんと受けているというのは、その人のコアになります。本校では、これまでも四季の伝統行事を校内で行うとともに、礼儀作法や武道、茶道に関する考え方を身につけています。今後は国内の企業でも上司や同僚に外国人がいるという状況は珍しくなくなるでしょう。そうした社会でもリーダーになれる人物の育成をめざしています」(青井教頭先生)

文化学園大学杉並の取り組みレポート

ベテラン教員による授業に引き込まれる生徒たち

 現在同校で教えるカナダのブリティッシュコロンビア州から派遣された教員は、教育博士として活躍したり、他国の海外校で校長をしていたなどベテランぞろい。ブリティッシュコロンビア州と同じ基準で行われる州統一テストで上位を狙います。『ダブルディプロマコース』の生徒たちなら大丈夫!」と熱の入った指導をしています。

武道や茶道を授業に取り入れアイデンティティーを自覚させる

武道や茶道を授業に取り入れアイデンティティーを自覚させる

 中高6年間で、なぎなたや剣道、茶道を必須科目として学び、日本古来からの伝統や考え方を体得します。中学ではなぎなたが、高校になると剣道と茶道が必修です。他にも力士を招いての餅つき大会など、四季折々の伝統行事を校内で行い、日本文化を身につけます。

中学から行われる週6時間の英語授業
希望者は特別授業も受講可能

中学から行われる週6時間の英語授業

 同校では中学時から英語の授業は週6時間あります。そのうち4時間を受け持つネイティブ・スピーカーの教員は、本国での教師経験を豊富に持ち、教え方も一流。「生徒の力を伸ばしたいという熱い思いにあふれた先生ばかりです」と青井教頭先生も胸を張ります。さらに、今年から希望者はカナダ人教員による特別授業の受講も可能になります。

グローバル教育を受けた生徒が新たな日本を拓く

中高一貫コースの6年間

 同校の高校課程で『ダブルディプロマコース』に進むには、英検凖2級以上のレベルが必要です。同校の中学課程では3年修了時までに、難関進学の『グローバルコース』で英検2級を、総合進学の『シグネットコース』で凖2級取得をめざしているため、いずれのコースからも進学が可能です。

(この記事は『私立中高進学通信2015年7月号』に掲載しました。)

文化学園大学杉並中学校  

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-48-16
TEL:03-3392-6636

進学通信掲載情報

【未来を切り拓くグローバル教育】中学に来春新設 DD準備コース
【私学の英語最前線】英語で他教科を学ぶ新コースを中学に開設
【中学入試のポイント】教科への集中力を見る「英」「算」特別入試
【学校生活ハイライト】表現する楽しさに満ちているから訪れる人も心から感動
【中学入試のポイント】英・算の特別入試を導入 共学化で新時代へ
【SCHOOL UPDATE】中学『ダブルディプロマ準備コース』開設 世界水準の学びに備える中学からの英語教育プロジェクト
【SCHOOL UPDATE】男女共学化で“協働”を学び 適応力を磨く教育改革
【中1の始め方】めざすべきゴールに向かって『自律』を育むことが学校生活の第一歩
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ダブルディプロマコースで自ら学ぶ生徒を育てる
【グローバル時代の学び方】バイリンガル教育で日本にいながら“海外校”
【注目のPICK UP TOPIC!】日本で唯一の「ダブルディプロマコース」
【授業見聞録】カナダ人教師によるグローバルな教育
【学校生活ハイライト】勉強も行事も大切!生徒みんなの力を結集した元気いっぱいパワー全開の体育祭
【注目のPICK UP TOPIC!】日本初「ダブルディプロマコース」が発足!
【10年後のグローバル社会へのミッション】自分の可能性を世界で開花させる2カ国の卒業資格
【Students' Chat Spot】スクールモットーは「燃えよ! 価値あるものに」将来を見据え、卒業後も活かしていける学びを実践
【キャンパス歩き】勉強もスポーツも作法も趣味も!女子が輝く多彩な施設
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】日本人らしさを身につけ 国際感覚を備えた心優しい「大和撫子」を育みます
【めざせ 次代のグローバルリーダー】日本と海外両方の高校卒業資格を取得できるコースが国内で初めて誕生
進学通信2015年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ