Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年7月号

生徒の未来対応型学校へバージョンアップ

目白研心中学校

主体的に将来を選び取る
3段階の選択ステージ

学習支援センター

「自分で人生を選択できる人間を育てる」ことをめざして、同校では2016年度の新入生より入学時のコース制をなくし、中3、高1、高2が始まる前にコースを選択します(下図参照)。

 新しい制度では、中1〜中2は国語、数学、英語の3教科で達成度に合わせた習熟度別授業で学び、中3で第1回目のコース選択を行います。

 中3のコース選択はトライアルと位置づけられ、総合コース、特進コース、Super English Course(以下、SEC)から選択したコースで1年間授業を受け、高1になるときに第2回目のコース選択を行います。

 第3回目の選択となる高2では、総合コースは文系、理系、英語難関からクラスを選択。特進コースも特進文系、特進理系いずれかのクラスを選びます。

 2016年ら変わるコース選択/各コースの目標と特色

「生徒が主体性を持ち、自分の達成度を基に選択できるのがこの3段階の選択ステージ制の特徴です。選んだからには責任が生じるということを、発達段階に応じて教えていきたい」と松下秀房校長先生は言います。

 コース選択には、生徒自らが目標を定めることが求められます。同校では目標を設定し、実行する力を備えることを重要視し、今年から中学生とSECの生徒を対象に、自己管理を目的とする『セルフ・マネジメントノート』を導入しました。日々の生活の中で目標設定能力を高め、達成する力をつける指導を行っていきます。

 学力面をバックアップするのは、2013年にスタートした『学習支援センター』です。基礎力定着やステップアップのほか、週4回以上部活動をしている生徒のために「クラブ優先時間帯」を設け、学校内で勉強が完結できるようにフォローします。

「さまざまな教育活動を通して、自己を肯定し、自己決定力のある生徒を育てたい。それが本校の思いです」(松下校長先生)

ココがポイント
基礎力育成と自学自習
『学習支援センター』の活用で目標達成を後押し

『学習支援センター』には、基礎力定着プログラム、ステップアッププログラム、受験対策プログラム、そしてクラブ優先時間帯の4つがあり、それぞれ年度の始めに利用登録を行います。基礎力定着プログラムは単元別に映像講座を活用します。基礎力を試す朝テストで不合格になった生徒や、基礎力に自信が持てないという生徒向け。ステップアッププログラムは映像学習のほかプリント学習も取り入れます。部活動で疲れて家では勉強ができないという生徒は、夜7時(高校生は8時)まで利用が可能です。部活動が終わった後、ステップアッププログラムを受講することができます。

ココがポイント
自己管理を習得
目標を立て実行する力を養うセルフ・マネジメントノート
セルフ・マネジメントノート

 今年から導入された『セルフ・マネジメントノート』は、学校行事や家庭学習の予定などを書き込み、計画通りに実行できたかを振り返ります。

「目標を決めることは大人が考える以上に子どもにとっては難しいことです。何をどれぐらいやるかという数値目標を自分で立てる習慣を、中学のうちから身につけてほしいと考えています」(松下校長先生)

ココがポイント
ACEプログラム
独自のプログラムとSECでグローバル社会で活躍する人材を育成
「タフな心を持った子どもを育てたい」と語る松下秀房校長先生。「タフな心を持った子どもを育てたい」と語る松下秀房校長先生。

 中学生の英語の授業は週7時間。4時間は日本人教員による従来の授業、3時間はネイティブ教員による同校独自のプログラム『ACEプログラム』が行われます。これは、英語でコミュニケーションする力を育成するプログラムで、聞く、話す、読む、書くの4技能をバランスよく伸ばせるように開発されました。

 中学3年から選択が可能な『SEC』コースは、海外の大学、あるいはすべての授業が英語で行われる日本の大学への進学をめざすもの。英語を使えるだけでなく、世界の人たちと対等にコミュニケーションが取れる力を培っていきます。

 さらに、「タフな心を持った子どもを育てたい」と松下校長先生は言います。

「日常生活や勉強で壁にぶつかったときに前へ進んでいくには、自分を励まし、勇気づけることができるタフな心が必要です。そのためには先輩や教員など身近にロールモデルがいることはとても大切なことです。クラブ活動や学校行事はもちろん、普段の学校生活の中でも先輩と後輩が触れ合えるような場づくりをこれからも進めていきます」 (松下校長先生)

(この記事は『私立中高進学通信2015年7月号』に掲載しました。)

目白研心中学校  

〒161-8522 東京都新宿区中落合4-31-1
TEL:03-5996-3133

進学通信掲載情報

【Students' Chat Spot】夢と個性と学力を健やかに育む
【Students' Chat Spot】一人ひとりの力を伸ばしてくれる学校
【SCHOOL UPDATE】体験重視の教育 グローバル社会に貢献するために3つの力を育成
【グローバル特集 留学】6カ国22校と提携! 目的と希望に合わせて選べる留学 
【校長が語る自立へのプロセス】失敗してもいいから積極的にやってみるそうした体験の中で人は作られます
【学校生活ハイライト】先輩から後輩へと“物語”を紡ぐ平成最後を飾る『桐陽祭』
【行ってきました!学校説明会レポート】説明会、校内見学、個別相談 生徒たちがイキイキと活躍!!
【The Voice 校長インタビュー】英語」と「体験」が育むグローバル教育来年度より「次世代スキル入試」も導入
【SCHOOL UPDATE】英語力や表現力を評価発信する力を伸ばす
【大学合格力強化計画】右肩上がりで上昇する合格実績 確かな進路選択で目標達成をめざす
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期はさまざまな体験をさせ 未来を生きる力を育むチャンス
【Students' Chat Spot】『じぶん、世界化。』をテーマに、「コミュニケーション力」「問題解決力」「自己肯定力」の3つの力を伸ばし、グローバルに活躍する人を育てる
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】異文化理解と発信力を高める社会科「世界事情」の授業
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】活発なグループワークを通じて“自ら気づく学び”を実践
【キャンパスのVISION】生徒の個性を尊重し心の成長と自学自習の力を育むキャンパス
【10年後のグローバル社会へのミッション】10年後、20年後のグローバル社会に適応できる人材育成を
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】主体的に将来を選び取る3段階の選択ステージ
【The Voice 校長インタビュー】自分で人生を選択できる人間を育てたい これからの生徒達のための一貫教育へ
【キャンパス歩き】空が広い高台のキャンパス 光あふれる校舎が生徒をのびやかに育みます
【めざせ 次代のグローバルリーダー】英語力を発展させ対話力で世界と渡り合う
進学通信2015年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ