LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年7月号

キャンパスのVISION

玉川学園(中)

世界標準の教育伝統環境を活かし
自ら学び、考える力を養う

「全人教育」を教育理念とし、世界標準の教育を理想とする同校は、首都圏最大規模のキャンパスと充実した設備が魅力の一つ。その中でも、理科教育の専門施設「サイテックセンター」と、開館したばかりの「学術情報図書館」を案内してもらいました。
●サイテックセンター 化学・生物・物理とフロアごとに分野が分かれ、それぞれ専門的に学べます。

●サイテックセンター
化学・生物・物理とフロアごとに分野が分かれ、それぞれ専門的に学べます。

広大な敷地と充実の専門施設で勉強が楽しくなる空間づくり
理科教育の拠点、サイテックセンター

 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けている同校には、校舎すべてが理科教育のための専門施設となっているサイテックセンターがあります。

「中学部では、週1回の自由研究を通して生徒たちが興味のある分野の学びを深めていきます。約30の研究分野に分かれるのですが、中でもサンゴの研究ができるのはめずらしく、5年前から専用の水槽でサンゴの飼育・繁殖を始めました。今年はそのサンゴを石垣島の海に返す、という活動に初めて取り組みます」(中学部/市川信先生)

 実際に飼育している中2生(8年生)の田村あんずさんとジャムサクダヌワット健太くんに話を聞きました。「サンゴはとてもデリケートな生き物で、水質のチェックが欠かせません。水族館や沖縄まで研修に行けるのも楽しみです」。環境保全に関する興味が将来的にも深まりそうです。

●サンゴの水槽 国内ではめずらしい、サンゴの飼育や研究ができる水槽があります。●サンゴの水槽
国内ではめずらしい、サンゴの飼育や研究ができる水槽があります。
●プラネタリウム 学校施設としては国内最大の直径12mのドームを備えています。●プラネタリウム
学校施設としては国内最大の直径12mのドームを備えています。

学修スペースが豊富な“滞在型図書館”
●図書館エントランス ホテルのフロントなども参考にしたスタイリッシュなデザイン。●図書館エントランス
ホテルのフロントなども参考にしたスタイリッシュなデザイン。

 高等部になると、今年4月にオープンしたばかりの大学の施設、教育学術情報図書館が使えるようになります。

「今まで自分たちが使っていた図書館にはない、海外の本などがあるのがうれしいです」(吉田由希惠さん/高3生(12年生))

 学修席が多く、“滞在できる図書館”の一面も。

「約100席の個人学修個室を始め、館内の1〜4階に1,040席あり、かなり豊富です」(教育学術情報図書館課長・小野口直喜さん)

「将来建築家をめざしているのですが、まず建物自体の造りが素晴らしくて驚きました。大学生と同じ空間で勉強できるのも刺激になります」(永井康博さん/高3生(12年生))

●雑誌コーナー 国内外600種の雑誌がずらり。●雑誌コーナー
国内外600種の雑誌がずらり。
●大学教育棟 1~4階に教育学術情報図書館が入っています。●大学教育棟
1~4階に教育学術情報図書館が入っています。
93万5千冊の蔵書すべてにICタグを導入。国内最大級の自動搬送書庫を有した最新型図書館です。93万5千冊の蔵書すべてにICタグを導入。国内最大級の自動搬送書庫を有した最新型図書館です。
●個人学修スペース 「互いに勉強する姿を見て、刺激を受けてほしい」(小野口課長)●個人学修スペース
「互いに勉強する姿を見て、刺激を受けてほしい」(小野口課長)

(この記事は『私立中高進学通信2015年7月号』に掲載しました。)

玉川学園(中)  

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL:042-739-8931

進学通信掲載情報

進学通信2015年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ