Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年7月号

10年後のグローバル社会へのミッション

武蔵野大学中学校

1年間の留学で人間力を養う
国際交流コースが誕生

国際交流コースでは、日本を学び、英語力を培う独自のカリキュラムを採用。

国際交流コースでは、日本を学び、英語力を培う独自のカリキュラムを採用。

異なる文化を受け入れ柔軟な心を育てるコース

 これまで30カ国以上の国々に、200名を超える長期留学者を送り出してきた同校。本年度からはグローバル教育をさらに推進するため、高等部に国際交流コースを新設しました。最大の特徴は、高2の夏から高3にかけて1年間の長期留学を必修とするカリキュラムです。留学中の単位を認定するため、休学することなく3年間で高校を卒業できるようになっています。

 国際交流コースが重視するのは、語学力だけではありません。めざすのは、日本人としての誇りを持ち、日本について語る発信力を培い、海外の多様な文化に触れることで地球規模の視野を身につけた国際人の育成です。そのため、カリキュラムも他のコースとは一線を画します。茶道や華道など日本の伝統や文化を学ぶ講座、英語でディベートを行う講座があるほか、日本語検定や英語版の数学検定、TOEICや英語検定にもチャレンジします。

「高1の冬休みに広島を旅行するのも、このコースならではの特徴です。国際人として、日本の文化や国際問題をどう捉えるか。留学先で自分の意見をどのように発信するか。国際交流を前提に、自国を見つめ直し、英語発信力を高める授業を行っています」(国際理解教育室室長/渡邉多美恵先生)

 現在、同コースには海外からの留学生2名を含む16名が在籍しています。高1で準備を整えた彼女たちは、高2の夏に各国へ留学し、高3で帰国すると同時に大学進学をめざします。

「上智大学をはじめ、推薦入試で進学先が決まる生徒がほとんどです。過去には、留学を機に国際関係の学部をめざし、報道の仕事をするためにテレビ局のディレクターになった卒業生もいます。留学を単なるひとつの経験で終わらせるのではなく、考え方の深化や人間的成長につなげ、社会で活躍してほしいと願っています」

 大学生ではなく、高校生のうちに留学することにも意味があると渡邉先生は次のようにお話しくださいました。

「私も大学時代に留学を経験しましたが、授業についていけるか、友達ができるかなど、すべてが自己責任でした。高校生は、先生やホストファミリー、コーディネーターなどがしっかりフォローするため、万全の状態で異文化や語学を吸収できます。言葉も文化も宗教も違う人々と生活し、多様性を受け入れるボーダーレスな心は、できるだけ若いうちに養うほうが良いのです。心を柔らかく耕し、語学力を活かして、日本と諸外国との懸け橋になるような女性に育ってほしいですね」

武蔵野女子学院の取り組みレポート

留学に備えて英語での発信力を育成する

発信地での学びを将来につなげる「学習体験旅行」英語による自己紹介の授業では、生い立ちや家族、趣味などについて発表。

 国際交流コースでは、自分の国への理解を深める特別講座と並行して、自分の考えを英語で発信できる力も養います。ネイティブの先生が担当する英語発信力養成講座では、英語での自己紹介やディスカッションなどを行い、スピーチ力やプレゼン能力などを培っています。16名の少人数制クラスだからこそ、互いの意見をじっくり聞き、視野を広げることができます。

日本人としてのアイデンティティーを確立する特別講座を実施

発信地での学びを将来につなげる「学習体験旅行」4月には、オーストラリアの協定校から日本を訪れた生徒たちといっしょに茶道を体験しました。

 高1からスタートする国際交流コースでは、留学を前提とした特別講座を多数用意。茶道や書道、浅草での日本文化体験、戦争について考える広島旅行などを通じ、日本を深く見つめ直していきます。

異文化に関する見識を深める中3の語学研修旅行

リベラルアーツが舞台を広げる「土曜プログラム」オーストラリアの海外研修旅行では、現地校で同年代の生徒たちと交流を図ります。さらに、2人1組でのホームステイも経験します。

 同校の国際理解教育は、中学から始まります。中2では英語に親しむ国内研修旅行、中3ではオーストラリア語学研修旅行に全員参加。また、高1、高2の希望者を対象に、オーストラリア短期留学も実施しています。

(この記事は『私立中高進学通信2015年7月号』に掲載しました。)

武蔵野大学中学校  

〒202-8585 東京都西東京市新町1-1-20
TEL:042-468-3256

進学通信掲載情報

【グローバル特集 授業 】「言語の4技能」を伸ばす「英語+国語」の『言語活動』
【中1の始め方】安心して失敗できる環境でたくさんの新しいチャレンジを!
【未来を切り拓くグローバル教育】TOEFL対策授業で世界標準スキル習得
【SCHOOL UPDATE】第2回オープンスクール「課題を解決する力」を育み世界への扉を開く
【The Voice 校長インタビュー】合言葉は『Challenge!』校名変更、共学化を機に教育内容を刷新
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】興味・関心を主体性を持った学びにつなげる
【キャンパスのビジョン】四季折々の表情を見せるキャンパス。木の温もりが魅力の新体育館が完成
【私学だからできるオリジナル教育】外国人教員が主導のダブルティーチャー制
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】全員所有のiPadでアクティブラーニングを加速
【目標にLock On!! 私の成長Story】自身が大きく成長した中高時代 母校の教師となる夢が叶いました
【SCHOOL UPDATE】浄土真宗の仏教精神 仏教の教えを通じて実行力ある近代的女性へ
【中1の始め方】仏教主義の人間教育が育む豊かな心と未来を切り拓く力
【SCHOOL UPDATE】TTによる英語の授業 浴びるように英語を聞いて養われる言葉の感覚
【10年後のグローバル社会へのミッション】1年間の留学で人間力を養う国際交流コースが誕生
【授業発見伝】宗教
【Students' Chat Spot】仏教の精神を礎に、自然豊かなキャンパスで、勉強に部活動に励む学校生活
【部活レポート】バトン部/アニメーション部
進学通信2015年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ