LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年7月号

未来を生き抜く学力のつけかた

トキワ松学園中学校

知的好奇心を呼び覚ます「探究女子」教育
社会と人生の変化に対応できる素養を身につける

図書室オリエンテーリング

本の基礎情報の見方を学んだあとで、
図書室の蔵書の中から課題となる本を実際に探し出す『図書室オリエンテーリング』。

 来年、創立100周年を迎える同校は、情報にあふれるこの時代に確かな判断力と発信力を持つ人間を育てることを目的に、多角的な教育活動を展開しています。その柱となるのが「思考力教育」を中心とした「5教育」で、調べスキル・創造性・協働力・プレゼン力・国際感覚の5つの力を伸ばします。同校が伝統的に進めてきた調べ学習・課題解決型学習を基礎に、活字を通して正確な情報を選び取る経験を積み重ね、5つの力を伸ばしていく取り組みを強化しています。

 図書室を利用しての授業は年間240時間。各教科で積極的に図書資料を用いた授業が行われ、現代の若者に不足しがちな活字力を養い、教養と知識を高めるのがねらいです。

活字を読み解く力が次の扉を開く

 同校の生徒たちが中学3年間で読む冊数は1人平均で100冊。各教科の中でも課題図書が出されるなど、読書の習慣がなかった生徒も無理なく活字に親しむ工夫を凝らしています。図書室には専任の司書教諭が常駐で2人いるため、気軽に資料について相談できる環境です。授業に関連する図書は常に目につきやすい位置に配置され、生徒たちが自ら選べるようにと配慮を怠りません。

 こうした環境の中で養われた活字力は、母国語の力を育むだけでなく、生徒たちの目を広い世界へといざなってくれます。中2で取り組む社会科の歴史新聞は、まず普通の新聞が「主観記事」と「客観記事」に分かれることを学習してから、新聞を作ります。日本の人物を選んだ場合は同時代の世界の出来事を、世界の人物を選んだ場合はその時、日本はどのような時代だったのかをトピックとして入れるのがルールです。こうした新聞作りを通して、生徒たちが主観と客観、日本と世界をリンクして考えられるように導いています。

 また、英語の『グローバル・スタディーズ』の授業では日本語の新聞を切り抜き、内容の要約を英語で書きます。日頃から新聞への関心を高めて英語で発信することを学び、活字を媒介に多面的に学ぶことで、生徒たちは知的好奇心を養い、さまざまなトピックを通して世界へと目を向けていくようになるのです。

「ネット社会の情報は生徒たちにも大きく影響を与えます。信頼度の高い資料を自分で選び、判断できる力を養うことは、社会を生きるうえで重要なことだと考えています。人生の中でいろいろな変化を経験するのが女性ですから、さまざまな対応力を身につけてもらいたいと願っています」(金谷三枝子校長先生)

未来を生き抜く「調べスキル」

 同校がめざしているのは、情報の信憑性を判断できる力を身につけることですが、その足がかりとなるのが「調べスキル」です。本を調べ、利用するためには、本の索引と目次を使いこなせるようになること、また、本の基本情報がわかる奥付の見方を理解する必要があります。このため、図書学習の導入となる中1では、課題となる本を探し出し、本の中から必要な情報を見つけ出す『図書室オリエンテーリング』を行っています。生徒一人ひとりに異なる課題を出すため、みな真剣に本探しに奔走します。生徒たちは、5冊の本を探し当てる中で、自然と本の情報の見方を身につけていきます。

未来を生き抜く「国際力」
ゲストを招いての交流会ゲストを招いての交流会。積極的に英語で話しかけ、お互いの理解を深めます。

 これからの時代、英語はただ話せるだけでなく、話す内容も重要になります。そうした未来を見据えて、同校では中身のあるコミュニケーションを取れる英語力の育成に努めています。中学では人前で身近な話題について話せるようにしていきます。自己紹介の後は、友達を他の人に紹介する「他者紹介」にチャレンジ。どんなことが好きなのか、家ではどのように過ごしているのかなどをインタビューして英語で紹介文を作ります。同校のある目黒区は、各国大使館が多く建ち並ぶ区でもあり、そんな土地柄を活かして、外国人ゲストを迎えての交流学習も行っています。英語圏でない国の人々を積極的に招き、英語で交流する機会を設けています。普段はなかなか触れることの少ない国の文化について知ることは、生徒たちのグローバルな視野を広げるきっかけとなっています。

未来を生き抜く「探究女子」
柱としている「5教育」

 探究心はその後に進む大学はもちろん、社会に出てからも役立ちます。探究心が育っていれば、何事にも積極的に取り組めるようになると考えています。柱としている「5教育」では、身につける5つの力をそれぞれリンクさせて総合的な力にするように6年間のプログラムが組まれているのが同校の教育の特徴です。企業とのタイアップにより、実際の商品開発に生徒が関わるなど、学年が上がるにつれて働くことに直結するような総合学習も行われています。学習を通して職業観が身につくことで、生徒たちは明確な進路を見つけやすくなったといいます。

(この記事は『私立中高進学通信2015年7月号』に掲載しました。)

トキワ松学園中学校  

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL:03-3713-8161

進学通信掲載情報

【私学だからできるオリジナル教育】アクティビティで培う協働し課題解決する力
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒が自らの手で作り上げた説明会 部活動見学・体験も充実!
【私学だからできるオリジナル教育】答えのない問いを考える力をつける美術
【私学の英語最前線】質の高い指導力が生み出す“ハイブリッド”授業
【授業見聞録】保健体育 『PA』が伸ばす本質的思考
【学校生活ハイライト】真剣にぶつかり合うからこそ深まる友情
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】図書室活用で言語技術アップ!中1の新授業『思考と表現』
【SCHOOL UPDATE】図書と英語教育による知的好奇心の伸ばし方 学園創立100周年進化を続けるトキワ松の教育
【グローバル時代の学び方】将来を見据えて学ぶ独自の英語教育
【大学合格力強化計画】細やかな進路指導と校内講座で志望校に合格
【熱中!部活動】演劇部 一人ひとりの個性が融合し より一歩高い自分たちに!
【未来を生き抜く学力のつけかた】知的好奇心を呼び覚ます「探究女子」教育で社会と人生の変化に対応できる素養を身につける
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】実りある学校生活の第一歩は“正しい言葉”で伝えるところから
【部活レポート】ダンス部/写真部
【めざせ 次代のグローバルリーダー】“グローカル”な感覚を養い 世界と交流する国際力をつける
進学通信2015年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ