Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年7月号

未来を生き抜く学力のつけかた

横浜富士見丘学園中学校

なぜ学ぶのかを理解させ社会でのスキルを学び
選択肢に広がりを

図書室オリエンテーリング

この4月、中2はパワーポイントを使って『探究発表』を行いました。
課題を自分たちで探究し、自分たちが作成したパワーポイントでプレゼンテーションしています。

両翼を担う2つの活動

 現代の女性は、多彩な活躍を期待され、社会に出てからは人生のライフステージに合わせてさまざまな選択をしなければなりません。同校では、そのような時代を生きるためには、個人の選択肢を多く持つことが必要だと考えています。教室で行う教科学習を柱に、両翼を担うのが、部活動や体育祭などの校内での課外活動と校外の教育力を活用する地域や企業連携型学習です。教科教育で学力の基礎をつくり、両翼の活動を通して、他者理解を深め、社会を理解する力をつけることがねらいです。

「学力を大きく伸ばすためには、徹底した “体験” と、体験によって育まれる “自主性” がかぎとなります。学力は教え込む労力と時間に比例すると思いますが、体験と自主による学力は等比数列的な伸びが期待できます」(松田由紀子校長先生)

 松田校長先生は、学業でも課外活動でも、生徒たちが主体的に取り組むことで、将来像が描きやすくなり、進学先を自分から積極的に選ぶことができるようになると言います。

「体験によって自ら目標を明確にした生徒は、その経験を受験に置き換えて取り組むことができます。受験講座や補習など授業以外の指導もきめ細かく行っていますが、生徒の自立を支える個別のカウンセリングが重要です」

 両翼の活動を通して自ら選択することを学び、自分なりの方法論をつかませることで、将来像がクリアになります。そうなれば学習に対する意欲も湧くというのが、同校が考えている進路教育です。

中学で社会貢献を学び
高校ではリアルに社会を考える

 このような考えのもと、同校では綿密に考えられたプログラムを用意しています。中1で自己理解、他者理解を促し、中2で地域研究、中3で世界へと目を向けられるようにと、外部講師を招いての勉強会を数多く実施しています。

 中2の地域研究では、地域のさまざまな方々に講演や助言役をお願いしています。街の現状を知り、改善点を提言するという社会貢献を意識した取り組みです。

 また、仕事を肯定的に知る機会も大切です。企業との連携によって一つの商品をつくるのにも、ユニバーサルデザインや環境保全、社会貢献的な取り組みなど、多角的な視野に立って製造が行われていることを知り、社会への参加意欲を高めることも、生徒の学習意欲につながります。高校では実際に、企業からの課題に取り組むなど、企業連携型の探求学習も行っています。

未来を生き抜く「関係性を知る力」

 中2の地域研究では、区役所や地域のロータリークラブ、障がい者施設などの協力で、自分たちが学んでいる地域では、どのようなことが起こり、何が必要とされているのかを学ぶ時間を設けています(※)。実際に現場の声を聞くことで、問題を解決するためにはどうしたらいいかを当事者意識を持って考えるのが狙いです。税金はなぜ払わなければいけないのか、地元が潤うにはどんな策があるのかなどを、各施設や担当者の方からお話をうかがい、具体的な事例を見ながら地域の課題を考える活動を行います。自分と周りを取り巻く環境を理解することで、社会の一員としての自分の立ち位置を考えるきっかけとなっています。

※「実社会との接点を重視した課題解決型学習プログラム」(文部科学省)

未来を生き抜く「自己決定能力」
中1はオリエンテーション合宿で自己理解、他者理解を深める第一歩として、『他人史取材』を行い、模造紙でプレゼンします。中1はオリエンテーション合宿で自己理解、他者理解を深める第一歩として、『他人史取材』を行い、模造紙でプレゼンします。

 両翼と言われる「校内課外活動」、「校外活動」を通して自ら考え、課題に向き合い、解決する力を養います。中1から高3まで成長に合わせて取り組みの段階を上げることで、物事に対する具体的なスキルを学び、自己決定能力を高めていきます。女性はこれから先、企業で働く場合も、家庭で子を産み育てていく時も、何かを判断し、決定しなければならない場面が多く出てきます。その時に適切な判断ができるには、自己判断と決断力は欠かせません。6年間で身につけた高いスキルは、大学進学、社会人とキャリアを継続していくうえでも必ず役立つ力となります。

未来を生き抜く「英語力」
高3のスピーチコンテスト。演壇を離れて、歩き回りながらの熱いプレゼンテーションが繰り広げられます。高3のスピーチコンテスト。演壇を離れて、歩き回りながらの熱いプレゼンテーションが繰り広げられます。

 グローバル化が進む時代の中で、これからを生きるのに大きな役割を担うのが英語力です。女性は言語コミュニケーションに長けています。持って生まれたその能力を、英語を使ったコミュニケーションでも活かしてもらいたいと考え、「イングリッシュ・デー」や、全員参加の「スピーチ(後期生)・レシテーション(前期生)コンテスト」※など、英語を習得するための多彩なプログラムを実施しています。希望者が参加するセブ島英語研修では、一人ひとりに合わせて個別のプログラムを準備、オールイングリッシュのマンツーマンとグループ学習を通して使える英語を身につけます。

※英語の暗誦のコンテスト。物語の一説など一定量の英語を覚えて発表する。

(この記事は『私立中高進学通信2015年7月号』に掲載しました。)

横浜富士見丘学園中学校  

〒241-8502 神奈川県横浜市旭区中沢1-24-1
TEL:045-367-4380

進学通信掲載情報

【その先に備えるキャリア教育】交流 将来のキャリアに必要な“ジェネリックスキル”を育成
【注目! News and Topics】男女別クラスによる共学化がスタートオンライン英会話が必修化
【未来を切り拓くグローバル教育】世界を身近に感じて自らつかむ未来像
【6年間の指導メソッド】男女別クラスによる共学化がスタート
【注目のPICK UP TOPIC!】2019年度からの共学化を見据え理数教育と英語教育をさらに充実させる
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】2019年度より共学化横浜富士見丘学園の未来ビジョンが始動!
【SCHOOL UPDATE】海外研修 活きた英語力を高める体験型の海外研修
【グローバル時代の学び方】体系的な授業と多彩な講座で活きた英語力を磨く
【グローバル時代の学び方】体験から学びとる異文化コミュニケーション
【大学合格力強化計画】未来を幸せに生き抜くために 部活と勉強を両立し、志望校合格へ
【SCHOOL UPDATE】地域社会に貢献する体験型授業
【カリキュラムを読み解く】社会変化に対応できるキャリア教育
【10年後のグローバル社会へのミッション】価値観が多様化する社会で必要となる自ら選択する力を育む
【学校生活ハイライト】6年にわたる多彩な取り組みで 豊かな心と学力を育み 自立し、自律した女性をめざす
【未来を生き抜く学力のつけかた】なぜ学ぶのかを理解させ社会でのスキルを学び選択肢に広がりを
【Students' Chat Spot】学習指導・人格形成・キャリア教育を三本柱としたプログラムを展開
【キャンパス歩き】大切な6年間の成長をやさしく見守る 美しくゆとりあるキャンパス
【めざせ 次代のグローバルリーダー】6カ年一貫の女子教育を軸に 社会の中心で活躍できる女性を育てる
進学通信2015年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ