Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年6月号

未来を生き抜く学力のつけかた

東京純心女子中学校

自ら学びを深めていく探究型学習
これからの時代を生き抜く力になる

ニュージーランド3カ月留学

情報が氾濫する現代だからこそ、図書館で情報を見つけ出す手法を学びます。

同校がめざす3つの教育目標とは
3つの教育目標

 昨年、創立50周年を迎えた同校。創立者であるシスター江角ヤスが唱えた3つの教育目標が、校歌にも歌われている「叡智」「真心」、そして「貢献」を備えた女性です。「叡智」とは、誠実に考え、語り、行動できること。「真心」とは、他者のこころに寄り添うことができること。そして、この2つを土台として、平和を希求し、未来に「貢献」できること。

 混迷する現代。しかし、どんな社会でも、与えられた素質を生かし、世の中に貢献することができるための力があるはず。学校という学びの場で身につけることの基本として「叡智」、つまり学習面での取り組みとして行われているのが、同校オリジナルの「探究型学習」プログラムです。

現代だからこそ求められる図書館を活用する力

 同校の「探究型学習」では、図書館が重要な役割を果たしています。インターネットで情報が簡単に手に入る時代だからこそ、情報をどう探し、選び、まとめるかが大切。

「中1では、とにかく生徒たちに図書館を使ってもらうことを意識します。本を読まなくても図書館に行く、先生と話をするために行く。生徒達にとって図書館が身近なものになるように促していきます」 (図書館司書教諭/遊佐幸枝先生)

 同校では、数学を除くあらゆる教科で、図書館を活用した探究型の授業が行われます。その内容は学年が上がるにつれて高度になり、最終的には自分で課題を見つけて探究し、解決していけるだけの力を身につけます。総括として行われる中3の「時事問題スピーチ」では、全員が興味を持ったテーマについて探究し、クラス全員の前で10分間のスピーチ。その後の質疑応答でも積極的な発言が飛び交います。

「探究型学習」が進路選択のきっかけになる生徒も少なくありません。例えば「格差」をテーマに探究した結果、アジア、ヨーロッパ、南米……それぞれの格差に目を向け “社会が少しでも良くなるお手伝いをしたい” と考え、商社に入ってフェアトレードに関わる仕事に就いた卒業生も。

「『探究型学習』では、自ら課題を見つけ、それを解決する方法を学んでいきます。つまりこれは “学び方を学ぶ” ということ。混迷の時代と言われる現在、探究型の学びを身につけることができれば、それは自信と人生を生き抜く力になります。生徒達には、何よりもそれを身につけてほしいのです」(入試企画部長/高橋 正先生)

6つのステップで育てる課題解決の力

 同校の「探究型学習」は、①課題を明確にする、②情報を集める、③情報を選択する、④情報をまとめる、⑤発表する、⑥振り返る、の6つのステップからなります。そのうち⑥の振り返りは、①~⑤のどのステップでも行われます。「こうすれば良かったかな?」と意識して振り返り、次に活かすためです。

 中1の段階では、生徒達が取り組むのは④から⑥まで。本から情報を取り出し、発表することで、表現力と発信力を養います。中2では、与えられたテーマの中から自分で課題を見出すようになります。それらのうえに総決算としてあるのが中3社会科での「時事問題スピーチ」です。夏休みの課題としてテーマ探しが始まり、2学期には社会科の教員によるマンツーマン指導で調べることと課題を見つけることの繰り返し。そして冬休みの課題としてスピーチを仕上げるのです。

「将来、社会で働くのにも、家庭に入って子育てをするのでも、きちんとした見識を持たなければいけません。ですから、社会の動きに関心を持ち、知る姿勢が大切なのです」(高橋先生)

探究型学習の6つのステップ
あまり接点のない生徒同士でもグループとなり一緒に課題に取り組みます。あまり接点のない生徒同士でもグループとなり一緒に課題に取り組みます。
京都・奈良学習旅行中3の京都・奈良学習旅行も「探究型学習」の一環です。
長崎にルーツを持つ純心だからこその平和への強い願い

 同校には、高1までの4年間、毎年宿泊を伴う行事があり、それぞれが探究型学習の一環としての側面を持っています。中1の「つくば発見・体験学習」では学ぶ楽しさを知り、中2の「鎌倉・三浦半島研修」では海洋生物などに目を向けつつ、事前学習やまとめを体験。中3の「京都・奈良学習旅行」では、日本の伝統文化を切り口に、事前学習から発表までに取り組みます。そして、最後の宿泊行事である高1の「長崎研修旅行」では、純心のルーツである長崎を訪れ、「三ツ山」「恵みの丘長崎原爆ホーム」を訪問。戦時中、純心女子学園の疎開地だった地で、平和について深く考えます。

「長崎を訪れた生徒達は、創設者シスター江角の思いに触れ、自然と “人の役に立つことをしたい” という思いを持つようになるのです。ここで平和を願う心やボランティア精神が育ち、看護や医療、薬学への道を選ぶ生徒達も多いのです。平和都市・長崎を訪れる学校は数多くありますが、その中でも本校と長崎とのつながりは格別なもの。今後はこの「長崎研修旅行」も「探究型学習」とつなげていき、学校全体で、平和を希求し、未来に貢献できる女性を育てるべく、さらに進化させていこうと考えています」(高橋先生)

長崎研修旅行
被爆劇

長崎研修旅行にて。シスター江角が設立した原爆ホームで、
今や高齢となった被爆者自身があの日の惨劇を再現してくれる「被爆劇」。平和への思いが深く心に刻まれます。

(この記事は『私立中高進学通信2015年6月号』に掲載しました。)

東京純心女子中学校  

〒192-0011 東京都八王子市滝山町2-600
TEL:042-691-1345

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】被爆地を訪ね、姉妹校とともに語り、学ぶ長崎研修旅行
【注目のPICK UP TOPIC!】オーストラリアの姉妹校とのターム留学
【6年間の指導メソッド】「探究型学習」を深化する『学び方』の授業を開始
【校長が語る 自立へのプロセス】“叡智” “真心” “貢献”をバランス良く育てたい
【私学だからできるオリジナル教育】こころを一つにして臨む中学合唱コンクール
【キャンパスのビジョン】知識を追い求めた先にまだ見ぬ自分と出会える場所
【熱中!部活動】【吹奏楽部/バドミントン部】指導者と生徒が心を一つに豊かな人間性を育む
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】清く、賢く、優しい女性を育成 図書館が舞台! 現代文の授業でオリジナル探究型学習
【熱中!部活動】【吹奏楽部】他者の気持ちに寄り添う心のアンサンブルをめざして
【The Voice 新校長インタビュー】人を喜ばせることで自分も幸せになれる“清く・賢く・やさしい”女性を育てたい
【SCHOOL UPDATE】探究型学習 教科×図書館で育つ 正しく情報を読み、考える力
【10年後のグローバル社会へのミッション】人間の尊厳のために「英語の純心」のユニバーサル教育
【未来を生き抜く学力のつけかた】自ら学びを深めていく探究型学習がこれからの時代を生き抜く力になる
【その先に備える キャリア教育】生きる“使命”を問い続け自らの可能性に気づく6年間
【On Going! 進歩する私学の注目情報】夢をたぐりよせる新カリキュラム 『純心エデュケーショナルデザイン』がさらに進化する
【キャンパス歩き】図書館には10万冊以上の蔵書が!純心オリジナルの『探究型学習』を可能にする 情報教育棟セント・メリー・ホール
【学びのプロセス】純心オリジナルの探究型学習 学ぶスキルを身につける図書館と授業のコラボレーション
進学通信2015年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ