LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年6月号

キャンパスのVISION

文京学院大学女子中学校

生徒が主役!
アクティブに学び、考え 感動、発見をわかち合う

都内の女子中高一貫校として初の文部科学省スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定され、「リケジョ」の育成に力を入れる同校。自然に癒され、光がたっぷりさしこむ明るい校舎で仲間とともに過ごす横顔をのぞいてきました。
「BALスタジオ」のワークエリア。熱い議論でホワイトボードが埋め尽くされます。

「BALスタジオ」のワークエリア。熱い議論でホワイトボードが埋め尽くされます。

明るく開放的な学び舎でパワフルかつ主体的に学んでいく
参加型授業で真の探究力を身につける
「BALスタジオ」のマルチメディアエリアでは、パソコンやインカムを使って多彩な授業を展開。「BALスタジオ」のマルチメディアエリアでは、パソコンやインカムを使って多彩な授業を展開。

「グループワークやディスカッションの授業を通じて、みずから考える力、探究する力、人の意見を聞く力、そして聞く相手を納得させるプレゼンテーション力を身につけてほしいのです」(広報企画主任/床爪克至先生)

 そういった理念から、同校では2011年に「BALスタジオ」を新設しました。ここは文系も理系も関係なく、ディベートの授業、グループ学習などの実践の場となっています。生徒自身が学びの主役になり、ただ教わるのではなく、積極的に課題に取り組んでいます。

「高校生の理数系クラスでは、『卵を落としても割れない装置をつくる』というコンテストを開催し、それぞれの意見を発表し合いました。海外の教授が講義する機会もあり、ますます勉強が楽しくなりました」(高校2年/辻内栄理さん)

 能動的な学びの体験に、生徒達は大いに触発され、そのパワーは他校との交流へつながり始めました。

「本校はSSHの拠点となっており、SSHに参加する女子高生たちのグループ “リケジョの会” の活動も活発に行われています。学校間の結びつきの輪は、海外へも広がっています」(床爪先生)

 さらに、今年度からは文部科学省スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校にも指定された同校。ますます目が離せません。

同校自慢の施設「BALスタジオ」ー「BALスタジオ」とは「文京アクティブ・ラーニング・スタジオ」(Bunkyo Active Learning Studio)の略称。●同校自慢の施設「BALスタジオ」
「BALスタジオ」とは「文京アクティブ・ラーニング・スタジオ」(Bunkyo Active Learning Studio)の略称。
パソコンでの調べ学習も積極的に取り入れています。パソコンでの調べ学習も積極的に取り入れています。
●カフェテリア 中学生は給食。高校生は食堂も利用できます。放課後はフリースペースに。●カフェテリア
中学生は給食。高校生は食堂も利用できます。放課後はフリースペースに。
●デッキ 都内にありながらも自然が身近にあるのが同校の魅力。●デッキ
都内にありながらも自然が身近にあるのが同校の魅力。
●図書館 約7000冊もの洋書があるのが自慢です。おすすめの本を紹介するPOPは生徒の手作り。●図書館
約7000冊もの洋書があるのが自慢です。おすすめの本を紹介するPOPは生徒の手作り。
●礼法室 中学生は隔週で、高校生は放課後に行うお茶とお花の授業のため、礼法室も完備。●礼法室
中学生は隔週で、高校生は放課後に行うお茶とお花の授業のため、礼法室も完備。

(この記事は『私立中高進学通信2015年6月号』に掲載しました。)

進学通信2015年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ