Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年6月号

The Voice 新校長インタビュー

共立女子中学校

多様性を柔軟に受け入れる集団の中で
輝き、翔ばたく女性へと磨かれていく

児島 博之 (こじま・ひろゆき)

児島 博之 (こじま・ひろゆき)
早稲田大学第一文学部、同大学院文学研究科で日本史学を専攻。1981年、共立女子高等学校に奉職。
学年主任、教務部主任等を経て、6年間教頭(中学3年、高校3年)を務めた。2015年4月より現職。

受験科目以外でも啓発に富んだ授業を実践
[沿革]
1886年、女性が自立し、社会人として職業に就くことを目的として、教育界の先覚者34名により設立された共立女子職業学校が原点。2016年に共立女子学園は創立130周年を迎える。

 私たちには、建学の精神である「女性の自立」と、校訓の「誠実・勤勉・友愛」という目標があります。

 建学の精神にある「自立」には、女性の特徴である、やさしさ、思いやり、細やかな心遣い、美しい振る舞い、礼儀などを身につけ、それでいて人に頼らず、自分の人生を自分で考えて切り拓いていく女性を育てたいという思いが込められています。私たちの理想とする生徒像は、自分の収入で生活を成り立たせるためにバリバリと働くキャリアウーマンや、男性と張り合うことができる女性というものではありません。社会がどのように変化しても、変わることなく求められる、女性らしさを大切にしたいと考えています。

 その教育目標を貫き、受験科目以外でも手を抜かず、深みのある啓発に富んだ授業をするのが本校の教科学習の特徴です。

「人間形成」と「学力形成」を車の両輪にたとえ、単に大学受験に必要な科目に偏ることなく、リベラルアーツ(教養教育・感性教育)を大切にし、カリキュラムを作成してきました。それを学校生活のさまざまな経験と連動させて、心の成長にもつながる教育を実践しています。

 さらに、生徒がしっかりと自分の将来を見据えることができる仕掛けやプログラムを用意して、生徒が目標を持ち、その目標を達成できるよう、学校全体でバックアップしています。

多様性と柔軟性を持った集団の中で成長する
輝き、翔ばたく女性を育成する4つの力
●人間形成
  1. 関わる力(人間関係力)
    ・他を理解し、他を尊ぶ
    ・豊かな情操と礼儀を身につける
  2. 動く力(計画行動力)
    ・自分の役割を把握し、その役割を果たす
    ・自主的、自発的に行動する
●学力形成
  1. 考える力(情報活用力)
    ・知識力、情報を収集する
    ・得た知識・情報を活用し発信する
  2. 解く力(問題解決力)
    ・課題を設定する
    ・問題の解決に取り組む

 1学年の定員が320名という環境も、生徒達の成長に大きく作用しています。気さくでコミュニケーション能力が高い生徒が多く、元気すぎて手をやくこともありますが(笑)、全体としては、オンとオフの切り替えは上手ですね。学校全体を前向きなパワーで満たしてくれる、明るく元気な集団です。もちろん一人ひとりを見ると、おとなしい生徒や、引っ込み思案の生徒もいますが、そういう生徒も違和感なく受け入れられています。

 人数の多いことが、さまざまな個性を受け入れる土壌となっているのです。本校の特色は、その多様性と柔軟性にあるように思います。

 本校では「誠実・勤勉・友愛」の校訓のもと、「時代を超えて輝き、翔ばたく女性」の育成をスクールアイデンティティとして掲げています。時代を超えて輝き、翔ばたく女性になるために必要なのが「関わる力」「動く力」「考える力」「解く力」の4つです。

 この4つの力を身につけるために、役立っているのが学校行事です。勉強は一人でできても、行事は一人ではできません。コミュニケーション能力や行動力は、異なる学年、クラス、部活動の生徒達の協動作業を通して確実に高まります。

 そのほかにも、生徒数が多いことを生かしてたくさんの出会いと経験ができるように努めています。高2になるまでの4年間は毎年クラス替えを実施して、異なる個性との出会いとふれ合いを大切にしています。生徒はその中で成長していくのです。

 これからは学習や行事などを通じて、自主的・主体的に学ぼうとする力、関わろうとする力、能動的な態度の育成がさらに大切になると考えています。大きな集団の中でさまざまな活動に積極的に関わることで、その力が育まれていくのです。

能動的な態度とともに自己管理能力を育てる

 生徒の進路を実現させるための学習指導は中等教育の大切な役割ですが、本校では「○○大学に何名合格させる」という数値目標は掲げていません。生徒一人ひとりが将来の目標を持つこと、そして、その目標が実現できる学校として、しっかりサポートすることを何より大切にしてきました。英語や数学などの大学受験に不可欠な教科には、当然力を入れています。前半の4年間(中1~高1)で、基礎学力の定着をしっかりと果たしていくという姿勢と方針は、今後も変わりません。一方でバランスに配慮したカリキュラムと、リベラルアーツの確保は、今後も継続していくつもりです。

 今後は、目まぐるしい社会の変化の中で、新時代に適応できる高い知性と教養が必要となります。知識や技能を習得するだけでなく、その活用が重視される時代になってきたのです。

 中等教育に課せられている役割や、教育そのものに対する考え方が大きく変わっていかなければならないと思います。子ども達の将来を見据えて、どのような職業に就いても活かすことができる自己管理能力や、学び続けるための動機を育てていくことが、これからの中等教育には求められるでしょう。予測のつかない未来や変化に対応できる能力をどのように育成していくかは、そう簡単に答えが出るものではありませんが、本校の生徒には、本校の教育方針と新時代に求められる力を常に認識させ、その体得を促していきたいと考えています。

(この記事は『私立中高進学通信2015年6月号』に掲載しました。)

共立女子中学校  

〒101-8433 東京都千代田区一ツ橋2-2-1
TEL:03-3237-2744

進学通信掲載情報

【私学だからできるオリジナル教育】表現力を養う独自授業『国語表現』の魅力
【中学入試のポイント】多彩な才能を持つ生徒が集まり互いを高め合う
【行ってきました!学校説明会レポート】授業や部活動など多彩なプログラムで伝統ある女子校の学校生活を一日体験
【制服物語】輝き、翔ばたく女性をテーマに共立生の品格と誇りを表現
【キャンパスのビジョン】校内展示の名画から学ぶ「友愛」の精神 本物を見て感性を磨く
【注目のPick up TOPIC!】「全国高等学校鉄道模型コンテスト」で最優秀賞を受賞し、次は国際大会へ!
【SCHOOL UPDATE】日本文化を知り国際感覚を磨く
【グローバル時代の学び方 】校内にいながら外国に入国!? 日常に使われる会話力を磨くランゲージスクエア
【熱中!部活動】【太極拳部/能楽部】優雅さと華やかさ伝統ある文化を学ぶ
【中学入試のポイント】合科型論述テストと算数+面接により選考
【授業見聞録】美術で磨かれる感性が普遍的な強さを生む力に
【カリキュラムを読み解く】読書感想文で培う自己発信力
【SCHOOL UPDATE】オープンキャンパス 多彩な学びを体験
【The Voice 新校長インタビュー】多様性を柔軟に受け入れる集団の中で輝き、翔ばたく女性へと磨かれていく
【制服Collection】礼法の教えをまとい立ち居振る舞いを整える伝統服
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】あなたの敬語 正しいですか?
進学通信2015年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ