Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年4・5月合併号

部活レポート

芝浦工業大学附属中学校

弓道部
作法を重んじる武道
自分との闘いで自制心を鍛える

道場の板場は冬の寒さが身にしみますが、一心に呼吸を整え、心を安定させ集中力を高めます。

道場の板場は冬の寒さが身にしみますが、一心に呼吸を整え、心を安定させ集中力を高めます。

感情をコントロールし、結果に責任をもつ力をつける
「射位(射を行う場所)」につく前に一礼。 「射位(射を行う場所)」につく前に一礼。

「感情の乱れが結果の乱れ」と話すのは顧問の杉山賢児先生。弓道部の練習は精神統一の黙想から始まります。正座した部員を前に高校部長の吉川和希くん (高2)が号令をかけ、全員が静かに気持ちを整えます。30秒から1分間、全員の呼吸の乱れがなくなるまで続きます。「弓道は武道の中でも特に作法に重きを置いている。当たるか当たらないかより型を身につけることに集中する」と吉川くん。修練の基本となるのは、『射法八節しゃほうはっせつ』と呼ばれる射術の法則を理解することだといわれています。中・高生ともに日々の鍛練ではこれを踏まえ、ひたむきに的を狙います。中学部長の奥村龍成くん(中3)は、「弓道は相手がいません。結果に言い訳ができないので向上心をもって取り組むことの大切さを学べます」といいます。どんな環境でも冷静さを保てる自制心は社会に通じる大きな力です。教育目標の一つ「心と体を整え、世界と社会に貢献する気概を養う」の精神を体現しているといえるでしょう。

弓を構えれば己との闘いですが、日々の所作をともに鍛練し、互いに士気を高めあっています。弓を構えれば己との闘いですが、日々の所作をともに鍛練し、互いに士気を高めあっています。
射法八節の六つ目は「会(かい)」。弓を放つまでの限りない無心の時間です。「まさに一期一会。同じ射はない」(杉山先生)射法八節の六つ目は「会(かい)」。弓を放つまでの限りない無心の時間です。「まさに一期一会。同じ射はない」(杉山先生)
何度も射を繰り返すうちに擦り切れる弓。修理も自分達で。何度も射を繰り返すうちに擦り切れる弓。修理も自分達で。
弓道修練の基本『射法八節』。週3日は師範代の講師を招き練習します。弓道修練の基本『射法八節』。週3日は師範代の講師を招き練習します。
同じ矢は1本もありません。同じ矢は1本もありません。
その日の結果を確認し、自分を奮い立たせます。その日の結果を確認し、自分を奮い立たせます。
藁を巻いた「巻藁(まきわら)」と呼ばれる練習用の的。射に納得いかないときは、こちらで調子を確認します。中1生は夏合宿まではここで練習。藁を巻いた「巻藁(まきわら)」と呼ばれる練習用の的。射に納得いかないときは、こちらで調子を確認します。中1生は夏合宿まではここで練習。
1日の終わりには高3生が並び順に弓を引き、全員が正座で見守ります。最後に部長(右)が矢を放つ瞬間、「締め矢!」の掛け声が上がります。1日の終わりには高3生が並び順に弓を引き、全員が正座で見守ります。最後に部長(右)が矢を放つ瞬間、「締め矢!」の掛け声が上がります。
●活動日/活動時間     月・水・木・金/15:30〜17:00、
土/13:00〜16:30 
●部員数 中1=13名、中2=10名、中3=4名
高1=11名、高2=12名、高3=7名
●主な実績(2014年度) [中学]
関東中学生弓道大会個人 8位入賞
東京都中学校弓道大会個人 中2部門優勝
同上  中1部門準優勝
[高校]
高校総合体育大会個人 東京都1位(全国大会出場)
高校総合体育大会団体 東京都3位
高校関東大会個人 関東17位

(この記事は『私立中高進学通信2015年4・5月合併号』に掲載しました。)

芝浦工業大学附属中学校  

〒135-8139 東京都江東区豊洲6-2-7
TEL:03-3520-8501

進学通信掲載情報

【学校ってどんなところ?生徒の一日】恵まれた環境の中 優れた理工系の人材を育成!
【グローバル特集 アイデンティティ】「3つの言語」を強化して世界に貢献する力を育む
【SCHOOL UPDATE】海外教育旅行 アメリカでの武者修行でグローバルの達人をめざす
【実践報告 私学の授業】オリジナル教材で培うセルフマネジメント力
【The Voice 校長インタビュー】中高大一貫教育による理工系人材育成を加速する
【熱中!部活動】【サッカー部/バスケットボール部】充実した設備が整う新校舎で楽しみながら強くなる
【目標にLock On!! 私の成長Story】自分らしさを発揮して「夢に向かって進む力」を育んだ
【キャンパスのビジョン】開放的な教室が表すのは教育への自信と誇り
【Students' Chat Spot】芝浦工業大学附属では新校舎が完成
【校長が語る 思春期の伸ばし方】夢を持った子どもたちを引っ張っていく場所でありたい
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ロボット入門講座で伸ばす課題解決の力
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】豊洲の新校舎で社会に貢献する技術者を育成
【10年後のグローバル社会へのミッション】理工系教育と中高大連携強化で科学技術の最前線をめざす
【キャンパスのVISION】新時代は「豊洲」から!理工系教育の一環として新校舎建設現場見学会を開催
【部活レポート】弓道部
【Students' Chat Spot】専門性の高い理工系教育で人気の男子校
【私学しゅんぽう】新キャンパス豊洲に移転!
進学通信2015年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ