LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年4・5月合併号

注目のPICK UP TOPIC!

城北中学校

理科好きの「原石」を掘り起こす
主体的な研究の成果『理科自由研究発表会』

金賞・銀賞・銅賞に選ばれた生徒達に、校長先生からメダルが授与されます。

金賞・銀賞・銅賞に選ばれた生徒達に、校長先生からメダルが授与されます。

「隠された『原石』のような生徒達の可能性を発掘したい」と熱心に話す小俣校長先生。「隠された『原石』のような生徒達の可能性を発掘したい」と熱心に話す小俣校長先生。

 理科の授業に多くの実験や観察を取り入れている同校。理科の思考力は机上で学ぶのではなく、実験や観察を通してこそ育まれるものだという考えに基づいているからです。同時に、それによって得られたデータや事象を整理してまとめ、考察するレポート作成の指導にも力を入れています。  こうして鍛えられた理科の力を、思い思いに発揮できる機会が、夏休みの自由研究です。

「普段の授業では、テーマや具体的な実験方法などを教員が提示することが多いのですが、自由研究では、物理・化学・生物・地学の4分野から生徒一人ひとりがテーマを見つけて、自分で考えながら研究に取り組みます。身近な疑問を解くための仮説を立て、実験や観察を行い、失敗したら原因を考えて何度もやり直す……。すべてを自分で考えて行わなくてはならない大変さとも向き合いながら、各々の力を発揮します」(小俣力校長先生)


講堂には中1生から中3生まで、 約900人の生徒が集いました。 講堂には中1生から中3生まで、 約900人の生徒が集いました。

 試行錯誤の末にまとめられたレポートは、夏休み明けすぐに、理科の教員全員による審査を受けます。そこで、全中学生徒のなかから、2014年度は金賞(15名)・銀賞(37名)・銅賞(53名)の入賞者が決定。さらに金賞受賞者の作品15点については、文化祭で模造紙展示され、来場者へのアンケートの意見も加わって、各学年から一つずつ『夏休み理科自由研究発表会』で発表される作品が選ばれます。

 発表会は今回で28回目を迎えます。代表に選ばれた生徒3名は、この日のために発表練習を繰り返し、中学生徒全員の前で研究成果を披露しました。それぞれ独創的な着眼点と創意工夫にあふれた作品ばかりです。

パワーポイントを使いこなし、堂々の発表パワーポイントを使いこなし、堂々の発表。 今回発表を行ったのは、1年生の宇野裕くんの研究「トンボの翅について」、2年生の遠藤翔亮くんの研究「土砂災害が発生しやすい土の質」、3年生の風間俊洋くんの研究「光の進み方と蜃気楼」。

 ご自身も生物の教師として、発表会の立ち上げから、その歩みを見守ってきた小俣校長先生は、この取り組みの成果を「原石を掘り起こす」と表現しています。

「本校では、中学生の約8割が運動部に所属していますが、理科系の文化部だけでなく運動部にも、自分で調べたり、飼育したり、実験したりすることが好きな生徒が多くいます。このような原石である理科好きな生徒たちが、夏休みに自由研究として機会を与えられることで、熱心に取り組み、潜在的能力を発揮し、輝いてくれると思っています」(小俣校長先生)

 研究の面白さに目覚めた生徒は研究職への道を志すとのこと。知的好奇心を引き出す自由研究への取り組みは、生徒の進路や職業の選択にも大きな影響を与えているようです。

図書館前
ホワイエ

理科教員は作品すべてに目を通します。優秀作品は、作品集としてまとめられ、大切に保管されています。

理科への取り組み
普段のトレーニングの成果が 創意工夫あふれる自由研究へと つながります
中学の実験室には生徒一人ひとりのレポートファイルが保管されています。中学の実験室には生徒一人ひとりのレポートファイルが保管されています。

 城北中学校と高等学校には、中学棟に2つの実験室、高校棟には6つの実験室があり、これらの充実した実験設備を利用して、体験を重視した授業を行っています。また、その結果をまとめたり、考察したりすることによって、科学的な思考が身につくという認識に基づき、実験後には、必ずレポートとしてまとめるように指導しています。生徒達は、普段の授業でも結果を考察し、グラフやスケッチなどを駆使してレポートを作成。担当教師から評価を受けています。

夏休みの自由研究では、夏休みが始まる前に、各自で設定したテーマを提出し、実際の実験や観察は、夏休みの間に自分の力で取り組みます。身近なことから感じた疑問について、調べ、仮説を立て、観察や実験を行い、考察する過程は、生徒自身の創意工夫を引き出します。

また、高校の授業においても、各科目の本質を体感できるような大学レベルの高度な実験を多く取り入れ、大学入学に必要な知識を得ることだけでなく、大学入学後にも活躍できる力を養成することに力を入れています。

(この記事は『私立中高進学通信2015年4・5月合併号』に掲載しました。)

城北中学校  

〒174-8711 東京都板橋区東新町2-28-1
TEL:03-3956-3157

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】テーマ決めから発表まで役割分担して自主的に活動
【目標にLock On!! 私の成長Story】東大の推薦入試合格に結びついた不断の努力と化学部での研究実績
【グローバル時代の学び方】3カ月(1月~3月)のターム留学を導入
【Students' Chat Spot】海外の生徒たちの積極性が刺激になりました。
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ICT化を加速させ思考力・表現力・判断力を向上
【目標にLock On!! 私の成長Story】自主性と忍耐力を養った野球部 勉学と両立しながら難関大学に合格
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】より充実した食堂に、育ち盛り食べ盛りの生徒たちも大満足!
【授業見聞録】理科 実験重視の理科教育により論理的に調べ、考察する力を伸ばす
【校長が語る 思春期の伸ばし方】思春期は社会に出て役立つ人間性を育み将来の道を自分で切り開いていく時期です
【目標にLock On!! 私の成長Story】野球部で育んだ“勝つための自信”を受験に活かして2名が東大に現役合格
【Students' Chat Spot】伝統校ならではの質実剛健さと男子校ならではの自主性、友情を育む
【熱中!部活動】スポーツに芸術に充実の施設でクラブ活動に打ち込む!
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】満足度の高い6年間の入口 必ず自分の居場所を見つけられる男子伝統校ならではの中1の取り組み
【目標にLock On_!! 私の合格Story】文武両道を実践した6年間 身につけた集中力と忍耐力で東大に現役合格
【注目のPICK UP TOPIC!】理科好きの「原石」を掘り起こす主体的な研究の成果『理科自由研究発表会』
【私学の光輝】城北祭
【Students' Chat Spot】積極性があって元気いっぱいの城北生
進学通信2015年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ