Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年4・5月合併号

部活レポート

日本学園中学校

鉄道研究部
大好きな鉄道を通して社会で働く重みにふれる

高校生がリーダーシップをとって部活動を運営。「高校生は中学生の面倒を見ることで大きく成長していきます」と鈴木先生。

高校生がリーダーシップをとって部活動を運営。
「高校生は中学生の面倒を見ることで大きく成長していきます」と鈴木先生。

安全運転を支える車両基地を見学

 中学生と高校生が一緒に活動している鉄道研究部。主な活動は、週末などの休日を利用した鉄道会社の車両基地や工場の取材です。また、その様子を文化祭で展示したり、部の機関紙『鉄研情報』にまとめたりということもしています。

2014年の春期合宿で乗った磐越西線の快速『あいづライナー』。毎年、3回の合宿のほか、7回ほど車両基地の見学などを行っています。 2014年の春期合宿で乗った磐越西線の快速『あいづライナー』。毎年、3回の合宿のほか、7回ほど車両基地の見学などを行っています。
取材や見学の様子をまとめた『鉄研情報』。毎年文化祭に合わせて発行し、取材に応じてくれた鉄道会社には、お礼の意味を込めて送付しています。取材や見学の様子をまとめた『鉄研情報』。毎年文化祭に合わせて発行し、取材に応じてくれた鉄道会社には、お礼の意味を込めて送付しています。
2014年1月の冬期合宿では、大井川鐵道新金谷車両基地で蒸気機関車の仕組みについて学びました。一般公開していない車両基地でも、「文化祭展示のためなら」と特別に取材が許されるケースもあるそうです。 2014年1月の冬期合宿では、大井川鐵道新金谷車両基地で蒸気機関車の仕組みについて学びました。一般公開していない車両基地でも、「文化祭展示のためなら」と特別に取材が許されるケースもあるそうです。
文化祭やオープンキャンパスでは模造紙に写真を貼り、取材で得た知識や見学先の様子、感想などを添えて展示しています。 文化祭やオープンキャンパスでは模造紙に写真を貼り、取材で得た知識や見学先の様子、感想などを添えて展示しています。

「取材先の基地や工場に行くと、現場の皆さんの『絶対に事故を起こさない』という強い信念が伝わってきます。安全に運行するための工夫や苦労を知ることで、部員には働くことの意味や重みを感じてほしいですね」(顧問/鈴木賢先生)

 長期休暇中には、青春18きっぷで全国各地の鉄道に乗る合宿も行います。 「廃線前の列車を見に行くなど、貴重な体験ができます。最近、鉄道ファンのマナーが問われていますが、自分たちはきちんとマナーを守って、見学や旅行を楽しみたいと思います」と部長の柴山友希くん(高2)。遠方への合宿では高校生がリーダーシップをとり、中学生と一緒に鉄道の魅力を存分に味わいます。

文化祭やオープンキャンパスで展示する鉄道模型は、OBや保護者、近隣住民からの寄付がほとんど。展示前にはみんなで心を込めて磨きます。文化祭やオープンキャンパスで展示する鉄道模型は、OBや保護者、近隣住民からの寄付がほとんど。展示前にはみんなで心を込めて磨きます。
和気あいあいとした雰囲気の鉄道研究部。「活動を通して、チームワークを身につけてほしい」と鈴木先生。和気あいあいとした雰囲気の鉄道研究部。「活動を通して、チームワークを身につけてほしい」と鈴木先生。
文化祭やオープンキャンパスでは、やや大きめスケールの鉄道模型を組み立て、来場者に楽しんでもらいます。文化祭やオープンキャンパスでは、やや大きめスケールの鉄道模型を組み立て、来場者に楽しんでもらいます。
●活動日/活動時間     木/15:30~17:30
●部員数(2014年度) 中1=1名、中2=4名、中3=3名
高1=1名、高2=2名、高3=4名

(この記事は『私立中高進学通信2015年4・5月合併号』に掲載しました。)

日本学園中学校  

〒156-0043 東京都世田谷区松原2-7-34
TEL:03-3322-6331

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】自転車部の部長や生徒会長として活躍 独自の教育が学びの礎となった6年間
【未来を切り拓くグローバル教育】3種の海外研修が積極性と英語力をアップ
【校長が語る自立へのプロセス】創造してきちんと発信する「創発学」その学びは生徒たちに生きています
【SCHOOL UPDATE】『高校創発学』新規導入でさらに強化 創造力・発信力・思考力を鍛える独自プログラム—『創発学』
【私学の英語最前線】独自の『創発学』を応用英語をやる気になる授業
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】職業人との対話が将来の自分を描くきっかけに
【グローバル時代の学び方】日本語と英語を同時に強化 創造し発信する力を養う
【The Voice 校長インタビュー】デジタルの時代だからこそ大切なリアル体験型学習
【Students' Chat Spot】仲良し4人が語る いま熱中していることや学校の魅力
【私学の光輝】にちがく祭 個の力を発揮しながら、生徒自らが築く学園の歴史
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】林業・漁業・農業体験は好奇心を刺激する貴重な時間
【校長が語る 思春期の伸ばし方】子どもの「思い」を基に得意な道で成長させる
【熱中!部活動】もっともっとうまくなって日本中の人に音楽を届けたい!
【目標にLock On_!! 私の合格Story】“創って発信する” 経験が「僕にもできる」という自信に
【部活レポート】鉄道研究部
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】『にちがく講座』とスケジュール管理を通して課題の発見・解決の基礎となる自学自習力を育成
【私学の先生から受験生へのアドバイス】自己発信できる、創造型のリーダーをめざす生徒の受験に期待
進学通信2015年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ