LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年4・5月合併号

その先に備える キャリア教育

東洋大学京北中学校

自分の哲学を持って生きる
本当の国際人の育成

いよいよ出発の時を迎える2015年の春。建学の精神「諸学の基礎は哲学にあり」「独立自活」「知徳兼全」は次の社会を生き抜く次世代のための原動力となっていきます。
文京区白山の新校舎。

文京区白山の新校舎。

 大学との連携を強化、共学校として生まれ変わる東洋大学京北。校長の石坂康倫先生は希望に満ちた明るい口調で、活気づく同校の様子をお話しくださいました。

「私は2012年4月の校長着任以来、生徒にも教職員にも、学校で『できない』という言葉を安易に使わないようにしましょうと言い続けてきました。それから3年の月日が経ち、生徒と教職員が同じベクトルに向かって一致団結しています。『やればできる』を合言葉にしたポジティブな校風が、学校全体に満ちているのです。『あいさつをしっかりする』『人の話をしっかり聞く』『なにごとに対しても一生懸命取り組む』の3つも、学校生活の中で日常的に実践されています。そうした校風の中、教職員も生徒も新入生達との出会いを今か今かと待ちわびているところです」

 新たな歴史を開く記念すべき年となる2015年の1月、石坂校長先生は3学期の始業式に際し、出発を意味する “発” と書いた色紙を全校生徒に披露したといいます。

「私はそれを掲げ『魅力ある学校づくりに協力してくれる人は拍手をしてほしい』と呼びかけました。すると生徒と教職員が一丸となって、盛大な拍手で応えてくれたのです。その拍手はなかなか鳴り止みませんでした。私は大きな感動とともに、東洋大学京北がスタートする2015年が、すばらしい出発の年になることを強く確信しました」

 出発に向けて同校が特に力を入れているのが、『本当の教養を身につけた国際人の育成』です。

「自分とは異なる文化背景を持つ相手を思いやり、きちんと理解できる心を持った人物こそ、真の教養人・本当の国際人であると私達は考えています。本当の国際人が持っている真の教養とは、学力と心の両面を鍛えて身につけていくものです」

 そう話す石坂先生の力強い言葉からは、創立者・井上円了博士が掲げた『諸学の基礎は哲学にあり』の精神が、新たに始まる同校の教育の根幹に脈々と生き続けていることが感じ取れます。同校で過ごす6年間は、ものごとを多角的・論理的にとらえ、自己のあり方や価値観を探究する、生徒一人ひとりが哲学を持つための6年間なのです。それはミスマッチのない大学進学を可能とし、さらにその先の確かなキャリアプランニングへとつながっていきます。

 都内唯一の東洋大学附属校でもある同校では、生徒一人ひとりを支える手厚い教育環境を整え、国公立大学をはじめとした他大学への進学指導も充実しています。これからの社会を見据えて、一人ひとりが輝き活躍する将来のために、自己の哲学を備え持つ人物、高い学力と真の教養を兼ね備えた人物の教育に力を注ぐ。次世代の未来を拓く教育が今、希望で活気づく文京区白山の新しいキャンパスで始まろうとしているのです。

Report哲学教育
創立者で哲学者の井上円了博士。創立者で哲学者の井上円了博士。
キャリア形成に欠かせない「生き方」の教育

 明治20年に東洋大学の前身となる私立『哲学館』を、その翌年に『京北中学・高校』を創設した哲学者・井上円了博士。以来、「哲学」を生き方教育の基盤として学校生活の中で実践してきました。新しくスタートする学校でも、さまざまな分野で活躍する人物を招いて行われる生き方講演会や、少人数のゼミ形式で行われる「哲学ゼミ」など、自分を見つめる機会が数多く用意されています。

「『木を見て森を見ず』というたとえがあるように、『森を見て木を見ず』というたとえがあっても良いと思います。ものごとを俯瞰的にとらえる観察力と、視野を広く持ち深く考える洞察力を磨く基礎となるのは、まさに哲学です。混迷する時代だからこそ、哲学教育を通してより良い生き方を見つけることが、本校のキャリア教育に欠かせません」(石坂校長先生)

Reportキャリア教育
自己実現をめざす生徒を一生を見据えてサポート

 クラス担任が一人ひとりの生徒に寄り添い、より良いキャリアプランを構築する手助けをするのが同校のキャリア教育のスタイル。定期的に実施する進路面談、中学から始まる進路ガイダンスや大学訪問など、心身の成長に合わせて効果的に実施するキャリア教育の随所に、自分の一生を見据え、自己実現をめざす生徒を支える細かな指導が展開されていきます。中学では職業インタビューや職業見学などを通して少しずつ将来に目を向けさせる指導、高校では大学訪問や進路講演会や進路面談を通して目標を明確にしていきます。

Report三位一体の教育
より良く生きるための心を育てることを大切に

 教育方針は、『哲学教育』『国際教育』『キャリア教育』が三位一体となったものです。

「東洋大学京北のスタートにあたり、学力向上だけでなく、心を育てることを考えた多彩なカリキュラムを用意しています。6年間かけて、精いっぱい、一生懸命に学ぶ心を育てることが大切です。そうした心が、世の中にとって役に立つ人物であり続けるためには欠かせないものなのです」(石坂校長先生)

教育方針

(この記事は『私立中高進学通信2015年4・5月合併号』に掲載しました。)

東洋大学京北中学校  

〒112-8607 東京都文京区白山2-36-5
TEL:03-3816-6211

進学通信掲載情報

【熱中!部活動】礼儀・自主性・思いやりを育み 人としても大きく成長
【未来を切り拓くグローバル教育】異文化に触れ英語力を試す中3のカナダ修学旅行
【私学だからできるオリジナル教育】小説の執筆を通して生き方を考える時間
【6年間の指導メソッド】人間性の向上『より良く生きる』がテーマ
【グローバル時代の学び方】3つの柱を掲げた独自の国際教育
【Students' Chat Spot】「哲学教育(生き方教育)」「国際教育」「キャリア教育」の柱のもと、本当の教養を身につけた国際人を育成
【その先に備える キャリア教育】哲学 哲学的に生きる生徒たちは主体的にキャリアを考える
【キャンパスのビジョン】陽光の入る開放的な図書室が探究心と学習意欲を高めてくれる
【Students' Chat Spot】「哲学教育(生き方教育)」「国際教育」「キャリア教育」の柱のもと 本当の教養を身につけた国際人を育成
【10年後のグローバル社会へのミッション】めざすは哲学を持って生きる 本当の教養を身につけた国際人
【キャンパスのVISION】広々とした新校舎でおおらかに成長し「より良く生きる」
【その先に備える キャリア教育】自分の哲学を持って生きる本当の国際人の育成
【The Voice 新校長インタビュー】満を持して、いよいよ東洋大学京北がスタートする
【私学しゅん報】HERE!新たなスタート 新校舎&共学化
【On Going! 進歩する私学の注目情報】大学との連携を強めより深い教養を学ぶ 共学校の誕生!
進学通信2015年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ