Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年4・5月合併号

学びのプロセス

田園調布学園中等部

未来へつなぐ
21世紀型スキル

グローバル社会に貢献する人格の “根っこ” を育成
みんなで同じ時間を共有し、共通の体験を重ねていくことで、自由な意見交換をし合える学習環境がつくられ、生徒同士、自然に固い絆で結ばれていきます。

みんなで同じ時間を共有し、共通の体験を重ねていくことで、
自由な意見交換をし合える学習環境がつくられ、生徒同士、自然に固い絆で結ばれていきます。

田園調布学園の「21世紀型スキル」

 中高6年間の学びを独自の「1・3・2」年ずつの3期分けに沿って実施。その目的は「未来へつなぐ学びの深化」。自分の力で未来を拓き、人生を創ることをめざします。能力を磨き社会に活かすために不可欠な人格の基盤を植物の “根っこ” にたとえ、グローバル化・高度情報化が進む社会に貢献できる21世紀型スキルを育む教育活動を展開しています。

「本校が進めている21世紀型スキルとは、思考力・表現力の2つの能力と、主体性・社会性の2つの態度が融合したものです。課題発見、課題解決型の学習には思考力・判断力・表現力の育成が必須と言われますが、深く考えて理解するにも、分析・考察するにも、それを表現するにも、必ず判断や選択が伴うものですし、修正が伴って当然と考えています。ですから、本校ではまず根っことして、思考力・表現力を育てたいのです。生徒の長い人生を見通したとき、特に女性はライフステージごとの影響を受けながら選択を迫られることが多いですから、10代で描いた人生設計どおりに歩んでいけると考えるよりも、折々の条件に柔軟に対応できる修正力を持っていることが大切です」
(西村弘子校長先生)

 21世紀型スキルはすべての教育活動に込めていますが、特に、大学教育で注目され始めたアクティブ・ラーニングを重視して授業改革が進められています。

 独自の『協同探求型授業』として、次年度からはカリキュラムがさらに進化。周囲と競争するより、協力し協働して物事に取り組み成果を示すことに長けている女子の特長を活かした教育。そして思考や表現のツールとしてのICT環境も充実していることによる相乗効果で、さらなる高みをめざしています。

「 “探究” ではなく “探求” としたのは、究めるまで探し求め続ける精進こそ、生涯にわたる学びであり、 “根っこ” としての21世紀型スキルであると確信するからです」

 建学の精神『捨我精進』のもと、体験を通して「強い心」「思いやりの心」「素直な心」を育成している同校。人格の “根っこ” を育成する機会は多く、多彩な講座によりリベラルアーツへと誘う『土曜プログラム』もその一つです。

「『土曜プログラム』にはすでに13年間の蓄積があり実績も認められています。社会で活躍する卒業生の多くが、中高時代に多彩な専門的な分野に触れることができ、視野が広がったと、異口同音に述べています。新年度からは〈未来へつなぐ土曜〉という意図で再編したプログラムがスタートしますから、どうぞ期待してください」

心身の成長に合わせて
「1・3・2」の3期に分けた一貫教育

 学園生としての自覚を高め、学習と生活のリズムを確立させる「基礎育成期」の第1期(中1)。さまざまな“揺れ”を経験しながら、他者との対話を通して自分を知り、体験の拡大とともに思考を深めていく「個性伸長期」の第2期(中2~高1)。進路目標を明確にし、生涯にわたる学びの継続に向かう態度を確立させる「発展充実期」の第3期(高2・高3)で構成している一貫教育です。

アクティブ・ラーニングが深化
協同探求型授業

 生徒の主体的な問題発見力や、解決能力を養う授業(アクティブ・ラーニング)が、新年度から『協同探求型授業』(65分間)としてさらに進化します。

「毎回発見があり、学びのおもしろさを体得できる授業です。自らの考えを発信し、意見交換をしながら、誰もが場を動かすリーダーになれることを実感してほしいですね」(西村校長先生)

誰もが活躍できる
定期音楽会

 全員が弦楽器演奏を体験する同校では、毎年1月の定期演奏会(みなとみらいホール)がその発表の場となっています。

「指揮やピアノ伴奏を担当する生徒、自ら打楽器を希望する生徒、学年全体のまとめ役となってはりきる生徒など、一人ひとりの活躍が結集した感動のステージです」(西村校長先生)

 さまざまな体験によって、リーダーにも、フォロワーにもなれる21世紀型スキルが、ここでも育まれています。

(この記事は『私立中高進学通信2015年4・5月合併号』に掲載しました。)

田園調布学園中等部  

〒158-8512 東京都世田谷区東玉川2-21-8
TEL:03-3727-6121

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】第二校舎~創造探究棟~の授業 多彩な「教科横断型授業」で知識と感性を“つなぐ”
【注目のPICK UP TOPIC!】情報収集、情報発信にフル活用 双方向の授業を拡充する
【キャンパスのビジョン】“人生100年時代”を生きる生徒へ 第二校舎~創造探究棟~
【その先に備えるキャリア教育】統計 “統計”教育によって社会で必要なスキルを身につける
【私学の英語最前線】高い英語力を維持する少人数制『取り出し授業』
【SCHOOL UPDATE】“未来へつなぐ土曜日”で外の世界へ一歩を踏み出す
【グローバル時代の学び方】ニュージーランドで学ぶターム留学がスタート
【6年間の指導メソッド】英語で主体的に発信できる生徒を育てる
【私学だからできるオリジナル教育】時代に合わせて進化 『土曜プログラム』講座
【注目のPICK UP TOPIC!】人としての「根っこ」を育てる6年間
【私学の光輝】なでしこ祭 Breakthrough“伝統と新しさ”を発信する場
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】思考力の高い生徒を育てる協同探求型授業
【SCHOOL UPDATE】オルセースクールミュージアム 21世紀型の主体力を育てる!!
【注目のPICK UP TOPIC!】友と重ねた毎日が今の自分に活きている
【SCHOOL UPDATE】土曜プログラム(コアプログラム) 発達に応じた多彩なテーマで「21世紀型スキル」を磨く
【10年後のグローバル社会へのミッション】自ら考え発信する「21世紀型スキル」を養う
【学びのプロセス】未来へつなぐ21世紀型スキル
【全人教室│心を育む私学の授業】21世紀型スキルを育む 土曜プログラムが進化・深化します
【On Going! 進歩する私学の注目情報】他との調和を図れる人間性を重視した国際人教育へ
進学通信2015年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ