LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年4・5月合併号

Students' Chat Spot

専修大学松戸中学校

アメリカ・ネブラスカ修学旅行も体験した中3生
学校の魅力とこれからのことを語ってもらいました。

「英語教育専門校舎の「アンビションホール」。英語力を磨いています!」

「英語教育専門校舎の「アンビションホール」。英語力を磨いています!」

「国際舞台」を視野に、「難関大学」をめざし、「報恩奉仕」の心を持つ。こうした3つの教育方針のもと、充実した学校生活を送る中3生6人。アメリカ・ネブラスカ修学旅行も体験した彼らに、学校の魅力とこれからのことを語ってもらいました。

雄一朗くん

雄一朗くん
バドミントン部と合唱部を兼部。好きな科目は理科です。「科学の甲子園ジュニア千葉県大会※」初出場で4位に。活気のある学校です。

和志くん

和志くん
ソフトテニス部。理科実験などはもちろん、技術や家庭科といった授業も面白く、興味がわいて積極的に学べるようになりました。

潤くん

潤くん
陸上部の仲間とはとても仲良し。先輩・後輩の隔たりがなく、みんなでワイワイ楽しめます。大会の打ち上げがいつも楽しみ。

佳子さん

佳子さん
合唱部。面白い行事がいっぱい。イングリッシュデイやスポーツデイ、ミニ文化祭など、活躍の場がたくさんあります。

奈々さん

奈々さん
チアリーディング部。先生と生徒の距離がとても近い。もちろん礼儀は大切にしたうえで親身に話を聞いてもらえるのがうれしいです。

杏美さん

杏美さん
バレーボール部。数学と英語のクラスが習熟度で分けられていて、自分に合ったレベルで学べるところが気に入っています。

※科学の甲子園ジュニア千葉県大会:
千葉県下の中学生チームが科学の思考力・技能を競う大会。優勝チームは、全国大会への出場権を得る。
毎年、多くの難関校が名を連ねる。

一問一答
「イベントだけじゃない。専松生はいつもワイワイ明るい雰囲気。」「入試もお手伝い。受験生が全力を発揮できる環境をつくります。」「イベントだけじゃない。専松生はいつもワイワイ明るい雰囲気。」
「入試もお手伝い。受験生が全力を発揮できる環境をつくります。」

――この学校を選んだ理由は何ですか?

奈々さん
英語教育が充実していると聞いて選びました。ネイティブの先生が多く、英会話の授業以外でも「ランチタイムアクティビティ」など、日常的に英会話を楽しめます。

和志くん
敷地が広く、施設が充実しているところが魅力でした。人工芝のグラウンドのほかにテニスコートもあり、部活動のモチベーションが上がります。

――アメリカ・ネブラスカ姉妹校との連携、修学旅行はいかがでしたか?

潤くん
中2のときから、現地姉妹校の生徒と文通を始めます。受け取った手紙には、わからない英語もあったけど、その分、わかったときの喜びが大きかったです。

奈々さん
プレゼントの交換もします。海外に友達ができるのは、それだけでもうれしい。

佳子さん
中3の修学旅行では、ホームステイをします。ホストファミリーに優しくしてもらって感じたのは、自分の家族への感謝。帰国後、両親に「ありがとう」って伝えました。

和志くん
日本食をつくって出したとき、予想外に美味しくなさそうな反応でした(笑)。食文化の違いを実感できたのは良い経験です。

――学校全体で大切にしていることがあれば教えてください。

雄一朗くん
挨拶を大切にしています。毎朝、校門で先生が指導しているし、部活動で先輩が徹底しているから、自然と身につきます。

杏美さん
思いやりや親切をきちんと行動で表すことです。ボランティア活動をしたり、『小さな親切』について作文を書いたりするうちに、日常的に意識するようになりました。

――これから頑張りたいことや将来の夢は何ですか?

雄一朗くん
専松生は、「Future Project」で将来の職業観を養います。僕の夢はパイロット。免許取得のための大学進学、留学を見据え、今は必要な英語力や理系知識の基盤を築いているところです。

奈々さん
小学校の頃から英語が好きで、英語を使う仕事がしたいと考えています。就職の前に、高校や大学で留学し、より言葉の深さを知っておきたい。経験をたくさん積んで、視野を広げていこうと考えています。

潤くん
昔から飛行機が好きで、航空会社に勤めるのが夢です。そのため、苦手な理数系科目や語学も克服したい。国際教育と理数教育が充実しているので、助かっています。

佳子さん
将来は保育士になりたいと考えています。ただの保育士にとどまるのではなく、できればグローバルに活躍したい。中高で学ぶ英語を活かせたらいいな、と思います。

和志くん
子どもが好きなので、子どもにかかわる仕事がしたいです。教員や医師もいいな、と考えています。選択肢を広げるためには、理系・文系問わず知識が必要。先生方のおかげで、今のところ苦手科目はありません。

杏美さん
医療系をめざしています。最初は看護師を考えていましたが、学校の取り組み「Future Project」で職業について調べるうちに、患者さんの役に立つ仕事は、いくつもあると知りました。これから自分にできること、やりたいことを絞っていきたいです。

僕達・私達には夢がある!将来を見据えて学んでいます

「夢はグローバルな保育士さん。」「子どもにかかわる仕事がしたい。」「医療で患者さんを助けたいな。」「夢はグローバルな保育士さん。」
「子どもにかかわる仕事がしたい。」
「医療で患者さんを助けたいな。」
「検定試験にも力を入れているよね。英検・数検・漢検で準2級制覇したよ。」「検定試験にも力を入れているよね。英検・数検・漢検で準2級制覇したよ。」
「チームが「科学の甲子園ジュニア千葉県大会※」で健闘したよ。後輩もグングン力を伸ばしているみたい。」「チームが「科学の甲子園ジュニア千葉県大会」で健闘したよ。後輩もグングン力を伸ばしているみたい。」
「パイロットに絶対なる。」「英語力を活かして働きたい。」「航空会社でバリバリ働くぞ。」「パイロットに絶対なる。」
「英語力を活かして働きたい。」
「航空会社でバリバリ働くぞ。」

(この記事は『私立中高進学通信2015年4・5月合併号』に掲載しました。)

専修大学松戸中学校  

〒271-8585 千葉県松戸市上本郷2-3621
TEL:047-362-9102

進学通信掲載情報

【The Voice 校長インタビュー】『報恩奉仕』の建学精神をもとに生徒を基本に据えた学校づくりを
【目標にLock On!! 私の成長Story】長期留学しても、難関大に現役合格困難なときは、先生がサポートしてくれた
【グローバル時代の学び方】現地のサマースクールやホームステイで”英語を使う体験を” ネブラスカ修学旅行で将来へ一歩を踏み出す
【子どもの自立を促す教育】中学校生活の集大成として中3に行われるネブラスカ修学旅行が生き方を考える分岐点に
【目標にLock On!! 私の成長Story】体験や経験から学び取った多面的なアプローチで夢を切り拓く
【グローバル時代の学び方】留学生と英語で対話する2日間
【SCHOOL UPDATE】理科実験授業 “不思議”から生まれる知的好奇心を大きく育てる
【目標にLock On!! 私の合格Story】報恩奉仕の精神で後輩たちの未来を共に考える
【SCHOOL UPDATE】ISAプログラム 留学生との交流で英語力を徹底強化
【The Voice 新校長インタビュー】学力を生かし、社会の中で活躍するための人間力を育成
【Students' Chat Spot】アメリカ・ネブラスカ修学旅行も体験した中3生 学校の魅力とこれからのことを語ってもらいました。
【母校にエール!OGOB interview】卒業生が語るわが母校 未来のヒントを得る進路講演会
【私学の光輝】アメリカ・ネブラスカ修学旅行
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】学校生活の基礎となる規律を学ぶ2泊3日のオリエンテーション合宿
進学通信2015年4・5月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ