Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年2・3月合併号

中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳

文教大学付属中学校

学びの円環を作り
家庭学習を定着させる

校舎の改築と同時に、電子黒板やデジタル教科書を活用した授業が定着。2015年度以降は、「学びの目的」をより意識した授業が始まります。

校舎の改築と同時に、電子黒板やデジタル教科書を活用した授業が定着。
2015年度以降は、「学びの目的」をより意識した授業が始まります。

宿題、復習、テストを当たり前にこなせる
学びの円環は復習、小テスト、新しい内容の学習を3パートに分け、一つの授業で行う学習サイクル。勉強が楽しくなり、自信がつきます。“学びの円環” は復習、小テスト、新しい内容の学習を3パートに分け、一つの授業で行う学習サイクル。勉強が楽しくなり、自信がつきます。

 2年前から学習習慣の定着に向けてさまざまな取り組みを行ってきた同校では、今年度に入り、学校で自習をする生徒が目立つようになったそうです。その背景として、放課後にチューターが常駐して自学自習を支援する校内自主学習システム『文教ステーション』(B‐ステ)の充実があります。

 そして今、中学1年では新しい学習プロセスの導入により、さらなる学習意欲の高まりが起きているといいます。

「授業は復習、小テスト、新しい内容の学習の3つのパートから成ります。従来は独立して行われていたこれら3つのパートを一つの授業の中で関連づけるようにしたのです。これを ”学習の円環” と呼んでいます」(進路指導部長/豊嶋正貴先生)

 授業のスタイルはこうです。まず、ウォーミングアップとして課題の言葉を辞書で調べる辞書活動の後、先生が生徒一人ひとりの宿題をチェックします。確認が済んでスタンプをもらったら、生徒達はその範囲を復習し、すぐに復習部分の小テストを行います。その後、新しい内容を学ぶのです。

「授業の半分は復習となりますが、進度が遅れることはありません。復習後の小テストでしっかりと点数を取ることで、生徒達は自信がつきますし、その後の新しい単元の学習も復習したことの続きですから、すんなりと頭に入っていきます」(入試広報部/関本康葉先生)

 50分間を3つのパートで構成し、授業に変化が出たことから、生徒の集中力も維持されるようになったといいます。また、小テストで点数を取りたいため、家庭学習をする生徒が増えたそうです。

「ほぼ全ての授業が同じプロセスを踏むので、生徒は『今日は小テストがある日だ!』と焦ることがありません。小テストは毎回ありますし、その日の宿題をすれば小テストで点数が取れるからです」(関本先生)

 模擬試験の後などには、「もっと勉強をすれば、もっとできると思う」と話す生徒がいるなど、生徒達の意識にも変化が見られるそうです。準備をすれば結果に結びつく感覚を得ることが、学習意欲と学力の向上につながると二人の先生は見ています。

行事を探究型の学びに変えていく

 同校では教科学習や行事にキャリア教育の視点を持たせる試みも計画中です。キャリア教育と聞くと、特別な取り組みをイメージしますが、「キャリア教育の本質は日々の教育活動にある」というのが同校の考え方です。

「文部科学省が平成24年度に行った『キャリア教育・進路指導に関する総合的実態調査』によると、計画的にキャリア教育を行っている学校ほど、学習意欲の向上が見られました。国際調査を見ると、日本の生徒は『勉強をするのはテストのため』と答える割合が高いのですが、本校では何のために勉強しているのか、その本質を言える生徒を育てたいと考えています。

  一流のサッカー選手を見ると、技術的に優れているだけでなく、スケジュールを管理する力や選手としての人生設計などにも長けています。キャリア教育は、現在の学びと将来の夢とを結びつけるもので、日々の授業や行事もそうした軸を持って進められるべきだと考えています」(豊嶋先生)

 そうした思いから、2015年度は授業計画であるシラバスに ”学びの目標” を明記することになりました。また、行事についてはその目的を再確認し、実社会との結びつきを意識した内容にしていきます。たとえば中学1年生は毎年、田植えと稲刈りを行っていますが、農作業以外にも品種の命名、パッケージのデザイン、流通など、お米が食卓に上るまでの幅広いプロセスに着目することで、キャリア教育的な視点を盛り込めます。

「行事については、国語や美術、社会科、数学などの知識や技能との結びつきに気づく内容にしたいですね。これからの時代に、そうした学びが大切になってくると考えています」(豊嶋先生)

 新しいことに飛びつくのではなく、足元の授業や行事を実りあるものとしていくことで、生徒一人ひとりの力を最大限に引き出していきます。教育の中身が着実に進化し続ける同校の取り組みから目が離せません。

中1で実施している田植えと稲刈りでも、米づくりが自分達の生活や学校の勉強とどうつながっているかを学びます。
中1で実施している田植えと稲刈りでも、米づくりが自分達の生活や学校の勉強とどうつながっているかを学びます。

中1で実施している田植えと稲刈りでも、米づくりが自分達の生活や学校の勉強とどうつながっているかを学びます。

ここに注目!
ノートに『やることリスト』を貼って楽しく目標達成!

 英語科では、ノートの最初のページに貼り付ける『やることリスト』が生徒に好評です。『やることリスト』とは、生徒自身が学習の計画、宿題・提出物の内容とその締切日などを記入するチェック表です。

「チェックしたら教員がスタンプを押していくので、それがたまっていく楽しみがあります。授業が始まると生徒達はいつもノートを開いて待っているほどです」(関本先生)

『やることリスト』は、過去の記録を振り返ることで、効果的な勉強方法を考えたり、自分に適した学習計画を立てたりするうえでもメリットがあるそうです。

やることリスト

(この記事は『私立中高進学通信2015年2・3月合併号』に掲載しました。)

文教大学付属中学校  

〒142-0064 東京都品川区旗の台3-2-17
TEL:03-3783-5511

進学通信掲載情報

【みんな大好き キャンパス食堂】午後の活動に向かう生徒を「行ってらっしゃい」とやさしく送り出す
【実践報告 私学の授業】タブレットPCの積極活用で理解力・積極性がアップ
【未来を切り拓くグローバル教育】台湾への大学進学を全面的にサポート
【6年間のメンタルケア】養護教諭とカウンセラーは生徒一人ひとりと向き合い 心身の健康をサポートする“縁の下の力持ち”
【実践報告 私学の授業】プログラミング学習で課題解決力を引き出す
【目標にLock On!! 私の成長Story】やるべきことをしっかりやっておけば自信と結果はついてくる
【キャンパスのビジョン】大海原へ漕ぎ出す前の生徒を見守る“港”をイメージしたモダンなキャンパス
【グローバル時代の学び方】中1から参加できる!セブ島英語研修スタート
【中1の始め方】自己管理能力とチーム力が「主体的に行動する力」への第一歩に!
【キャンパスのVISION】人生という長い航海に備える“港”それが新キャンパスのコンセプト
【グローバル時代の学び方】『世界に飛翔する力』で幅の広い選択肢を実現
【注目のPICK UP TOPIC!】「強い心」でこれまで以上の確かな進学力を育成
【10年後のグローバル社会へのミッション】『既知の未知化』『未知の知識化』『知識の未来化』で、 未来に輝く人材を
【Students' Chat Spot】学校の広報活動を行う『文教コンダクター』のみなさんが学校の魅力を存分に紹介!
【SCHOOL UPDATE】未来への船出!生徒たちを明るく包む新校舎
【未来を生き抜く学力のつけかた】『既知は未知でできている』 考える力を育み知識を活かす人材を育てる6年間
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】学びの円環を作り家庭学習を定着させる
【On Going! 進歩する私学の注目情報】新キャンパスを整備 留学制度の充実など改革が進行中
【私学しゅん報】HERE!中学校 みんなの新校舎“PORT”完成
進学通信2015年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ