LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年2・3月合併号

めざせ 次代のグローバルリーダー

昭和女子大学附属昭和中学校

高大・産学連携でグローバルな
キャリアを描く女性を育成

国際的に展開する日本企業について真剣なまなざしで問題提起をするSGHグループの生徒。

国際的に展開する日本企業について真剣なまなざしで問題提起をするSGHグループの生徒。

国際的素養とキャリアデザイン力を育む課題解決型プロジェクトが始動

 国際的に活躍できるグローバルリーダーの育成を目的に、文部科学省が2014年度から開始した『スーパーグローバルハイスクール』(SGH)事業。伝統的にグローバル教育に力を注ぎ、国際社会で活躍する卒業生を輩出してきた同校の高等部は、2014年度SGHに指定されました。

 大学附属校ならではの高大連携の教育環境を活かし、生徒たちの将来を見据えたキャリア教育に力を入れてきた同校では、2014年から『女性のグローバルなキャリアデザインに対する課題解決プロジェクト』をスタートさせました。高大連携、グローバルに事業展開する大手企業との産学連携など、外部の専門家との協力によって、SGH校としての特色を打ち出しています。世界へと開かれたキャリア教育プロジェクトとはどのようなものか。その成果が発表されるという同校の文化祭『昭和祭』を案内していただきながら、副校長の會川恵志先生にうかがいました。

「本プロジェクトに参加しているのは、自ら進んで手を挙げた4年生と5年生の24名で、校内では『SGHグループ』と呼んでいます。プロジェクトテーマ(=LABO)は全部で4つ。その中からそれぞれに関心のあるものを一つ選び、大学教授や企業の皆さんから助言をいただきながら、約半年間をかけて課題解決への道を模索してきました。今日はその研究成果の一部を発表していきます」

国際的に展開する日本企業について真剣なまなざしで問題提起をするSGHグループの生徒。質疑応答にもしっかり対応していました。質疑応答にもしっかり対応していました。
『グローバルルーム』に掲示された研究成果。詳細な取材に基づき、考察が行われています。『グローバルルーム』に掲示された研究成果。詳細な取材に基づき、考察が行われています。
グローバルな企業で活躍する女性が抱える諸問題を考察

 研究発表の会場は、昭和祭用に『グローバルルーム』と命名された教室。同校で取り組んでいる課題解決プロジェクトに参加した生徒によるプレゼンテーションが始まりました。

 LABO①のテーマ『企業や個人で活躍する女性グローバルリーダーの研究』を選んだ4年生のN・Hさんと5年生のM・Nさんは、グローバルに展開する企業である富士ゼロックス本社を訪問。社員の方々に取材を行いました。

「世界的な企業として有名な富士ゼロックスでも、まだまだ女性管理職の割合は少ないということが意外でした。お子さんの学校行事のために、出勤・退社時間を工夫しているというお話も女性社員の方からうかがいました。私は将来、ダンサーとして世界中で活躍したいと思っています。どんな職業であっても良い意味で女性と男性が対等に働ける社会にしていくための方法を考えていきたいです」(N・Hさん)

「会社が積極的にワーク・ライフ・バランスを推進していても、やはり仕事と育児の両立は簡単にはいかないという現実の難しさがあることを、女性社員の方からうかがいました。その一方で、総務部長の男性からは、特に海外で働くときは相手の文化や価値観を尊重する、リスペクトの心を持つことが大切であるという貴重なご意見もいただき、勉強になりました。大学卒業後は一般企業に就職したいと考えていますが、外国人と一緒に働くことになっても戸惑わないよう、まずは学生の間に、コミュニケーション能力をしっかり鍛えておくべきだと思いました」(M・Nさん)

 生徒達は始動したばかりのプロジェクトを活かして早くも成長を遂げています。

Interview
お話をうかがった會川恵志先生。お話をうかがった會川恵志先生。

建学の精神に掲げた『世の光となろう』というメッセージが示すように、人のために働ける人物でなければ、真のグローバルリーダーになることはできないと私達は考えています。まずは “良き個人” であることを前提に努力をし、さらに “良き日本人” であるために人間性の涵養に努めてもらいたいと願って、多彩なプログラムを用意しています。今回の『女性のグローバルなキャリアデザインに対する課題解決プロジェクト』はその一つです。まだまだ中間報告という位置づけに過ぎませんが、SGHに指定された本校のキャリア教育の大きな特色として、これからも充実させていきたいです。

課題解決プロジェクトテーマ

LABO①
『企業や個人で活躍する女性グローバルリーダーの研究』

[目的]グローバルに事業展開する企業で働く女性社会人をモデルに、企業のしくみ、仕事への取り組み、抱える課題などを知り、どのようにすれば、よりグローバルにキャリアをデザインできるのかを研究し、提言する。

LABO②
『日本人女性のジェンダーギャップの研究』

[目的]グローバルな社会課題である “日本人女性のジェンダーギャップ” の現状を探り、専門家の指導を受けながら、その課題を克服し、女性がグローバルにキャリアデザインを形成する方法を研究し、提言する。

LABO③
『海外で活躍する女性リーダーの研究』

[目的]自らカンボジアに工場をつくり、現地女性の雇用や持続的な経済的自立に尽力している日本人女性の仕事に密着。そこから途上国支援の方法を体得し、提言する。現在、昭和女子大学准教授の指導のもとで研究が進んでいる。2015年度からカンボジアでの研修を実施予定。

LABO④
『途上国女性の社会進出課題』

[目的]因習や宗教的事情により、社会的弱者の地位に甘んじている女性たちの現状・問題点を探り、途上国女性のキャリアデザインのために支援できることを研究し、提言する。2015年度からタイでの研修を実施予定。

(この記事は『私立中高進学通信2015年2・3月合併号』に掲載しました。)

昭和女子大学附属昭和中学校  

〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
TEL:03-3411-5115

進学通信掲載情報

【Students' Chat Spot】コースやクラスだけでなく上級生も下級生も全校で仲が良い学校です!
【私学の英語最前線】21世紀の国際感覚を育むグローバル留学コース
【実践報告 私学の授業】学び合いをベースにした理科の授業 自ら学んでいく生徒を育てるアクティブラーニング型授業
【学校生活ハイライト】『ザ・ボストン ミッション』でアクティブな海外研修を経験 意欲的な学びを英語漬けで体験
【その先に備えるキャリア教育】体験 卒業後につながる体験で リーダーシップマインド育成
【SCHOOL UPDATE】スーパーサイエンスコース 大学連携で専門性を追求
【Students' Chat Spot】和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しい学校です。
【グローバル時代の学び方】全人教育で未来を拓きグローバルな力を鍛える
【学校生活ハイライト】日本文化をより深く知る 国際人としての学習
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】NEXTと言えるのは築いてきた確かな礎があるから ─「SHOWA NEXT」がめざす教育とは
【学校生活ハイライト】グローバル社会で躍動し 輝く女性になるために おそれることなく世界に飛び出そう!
【未来を生き抜く学力のつけかた】伝統と先進を融合させた独自の中高一貫教育で未来を見つめ自ら力を発揮する女性を育成する
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】グローバル社会で活躍できる人材を育てる新カリキュラム「SHOWA NEXT」
【めざせ 次代のグローバルリーダー】高大・産学連携でグローバルなキャリアを描く女性を育成
【母校にエール!OGOB interview】中高で学んだチャレンジ精神が私をずっと支えてくれました
【私学の光輝】感謝音楽祭
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】中高6年間の土台となる学習習慣を築く『学寮』
進学通信2015年2・3月合併号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ