LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年1月号

大学合格力強化計画

足立学園中学校

現役合格に強く“入学後に伸びる”
男子伝統校の教員力

朝7時から夕方5時半まで(高校生は夜8時まで)、年中無休で利用できる自習室。部活に励む生徒も工夫して頑張っています。

朝7時から夕方5時半まで(高校生は夜8時まで)、年中無休で利用できる自習室。
部活に励む生徒も工夫して頑張っています。

勉強も部活動も手を抜かず全力で志望校合格に挑む

 2014年の大学入試で、国公立大学に4年連続で20名以上の合格者を輩出(合計24名)。東京大学にも2名(理科Ⅰ類/文科Ⅱ類)が現役での進学を果たすなど躍進を続けています。

「今年、過去最高となる690名が現役合格を勝ち取り、合格率は86%を記録しました。今後は継続的に東大合格者を出すこと、平均的な学力の生徒が確実にGMARCHクラスの大学に合格すること、現役合格率90%以上を達成することが進路指導部の目標です」(進路指導部長/馬止久之先生)

 同校は勉強と部活動の両立を推奨する男子校です。高3の秋口まで部活をやりきり、翌週から一気に受験モードに頭を切り替える器用さを見せる生徒が多いのも、同校の特徴のようです。

「部活動を一生懸命やればやるほど、勉強時間はどうしても少なくなるものですが、それだけを見てとがめるのではなく、逆に生徒の中で伸びている部分を認め、精いっぱい取り組ませることでモチベーションが上がっていきます。 “よし!やってやろう” と腹を決めた生徒は心身ともに強く、難関大学の合格を勝ち取る生徒の多くにその傾向が強く見られるものです。本校の受験は団体戦です。それを受けて “チームのために自分一人が手を抜くわけにはいかない” という責任感が自然と芽生え、結果に影響しているとも感じています。これは教育目標に掲げる『自ら学び 心ゆたかに たくましく』の実践によって築かれてきた本校の良さで、これからも大切にしていきたい校風です」

最後の一人が合格するまで強固な教員力でサポート

 同校の進学サポートは、【目標設定】と【実力養成】の2本柱を軸に展開していきます。

「早期に目標を持ってもらうための指導としては、例えば、東大や早慶など最難関大学に限定した『大学見学ツアー』を導入し、実際にその大学に在籍するОBと直接コミュニケーションをとることで生まれるやる気を育てています。また、東大が発行する『東京大学新聞』(週刊)を国公立希望のクラスに常備し、いつでも東大の雰囲気に触れられるようにもしています。 “東大は雲の上の存在” と考えていたある生徒が、東大生のものの考え方や研究活動などに憧れを抱くようになり、実際に東大への現役合格を勝ち取ったのも実は今年度のことでした。前例があるなしに関わらず、良いことはすぐに取り入れてみようという教員の自発的なアイデアも大切にしています」

【実力養成】の指導も、長年にわたる実績で充実度を増しています。

「今回ぜひ紹介したいのが、私たち教員が講師を務める無料の『高3直前ゼミ』のことです。受講期間は12月初旬から1月末までで、生徒は自分で複数の講座を選び、時間割を作成して志望大学の受験に臨みます。既に導入から20年近く続いているゼミですので、大学別に細かく分析した出題傾向や、センター試験に完全対応した実践型のノウハウは予備校にも負けていません。その効果は “先生と勉強したところが出ました!” と、毎年必ず誰かが言ってくるほどです。そんな生徒達の喜びの笑顔が、私たち教員のモチベーションにも良い影響を与えています」

 最後の一人が合格を果たすまで、徹底して生徒と向き合い続ける先生方の教員力で、一人ひとりの大学受験を力強く後押し。信頼感で結ばれた教師と生徒の距離の近さが、何物にも代えがたい安心感となって、生徒達の現役合格を確実なものにしています。

慶應義塾大学で行われた大学見学ツアーの一コマ。大学で学ぶ自分の姿を想像して次の学ぶ意欲につなげています。慶應義塾大学で行われた大学見学ツアーの一コマ。大学で学ぶ自分の姿を想像して次の学ぶ意欲につなげています。
先輩達が志望大学合格の体験を語る『ОB懇談会』。直接質問したり、リアルな話を聞くことができる絶好の機会です。先輩達が志望大学合格の体験を語る『ОB懇談会』。直接質問したり、リアルな話を聞くことができる絶好の機会です。
毎週月曜日に担任へ提出する、家庭学習の自己申告シート。6年間、欠かさず続けられます。毎週月曜日に担任へ提出する、家庭学習の自己申告シート。6年間、欠かさず続けられます。
2013年度(2014年春)勉強と部活動の両立例
所属部活動 合格大学
バスケットボール部 埼玉大学・早稲田大学
硬式テニス部 筑波大学・明治大学・法政大学
硬式野球部 立教大学・明治大学・学習院大学
卓球部 早稲田大学
軽音楽部 早稲田大学・東京理科大学・明治大学
パソコン部 東京大学・学習院大学
吹奏楽部 国際基督教大学
2013年度(2014年春)主な大学合格実績

※( )内は既卒生の実績

大学名 人数




東京大学 2
北海道大学 (1)
筑波大学 2
千葉大学 3
埼玉大学 2
東京海洋大学 2
首都大学東京 1
大学名 人数



早稲田大学 11
慶應義塾大学 3
上智大学 3(1)
学習院大学 19(4)
明治大学 27(3)
青山学院大学 7(3)
立教大学 20(2)
中央大学 16(5)
法政大学 51(13)

(この記事は『私立中高進学通信2015年1月号』に掲載しました。)

足立学園中学校  

〒120-0026 東京都足立区千住旭町40-24
TEL:03-3888-5331

進学通信掲載情報

【SCHOOL UPDATE】特別優遇制度 兄弟、同窓生の子息、孫の和を広げ社会で活躍できる存在に
【The Voice 校長インタビュー】徹底した「生徒第一主義」で生徒の夢を教師一丸となってサポート
【目標にLock On!! 私の成長Story】たくさんの人に支えられ仕事の基盤となる力を育んだ中高時代
【6年間の指導メソッド】高校にコース制を導入し可能性を広げる
【学校生活ハイライト】頼りになる先輩と行動を共にして人間的にも成長する後輩たち
【グローバル時代の学び方】3年間かけてグローバルな素養を育てる総合学習
【私学の光輝】強歩大会 「強歩」で心身ともにたくましく成長
【中学入試のポイント】将来を見据えた授業改革と中学入試改革
【SCHOOL UPDATE】ICTとアクティブラーニングの活用 生徒自らの学ぶ意欲を育てる授業改革
【未来を生き抜く学力のつけかた】男子の知的好奇心を刺激し学習意欲を高めながら未来へと導く授業改革
【Students' Chat Spot】一人ひとりの能力・個性を伸ばす指導
【キャンパス歩き】地域の熱意に応えて誕生した学園の自学自習を実現する学び舎
【大学合格力強化計画】現役合格に強く“入学後に伸びる”男子伝統校の教員力
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】始めからできなくてもいい ありのままでいられる環境のなかで文武両道の男子へと成長させる学園
進学通信2015年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ