LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年1月号

私学の先生から受験生へのアドバイス

山脇学園中学校

入学後の“学んでいく力” を問う理科
物・化・生・地をしっかり学ぼう

山脇ルネサンスへの期待値の高さから受験生の学力が上昇中

 2010年から、「最高水準の教育」と「最高品質の施設」を提供する “新しい教育” (=山脇ルネサンス)をスタートさせている同校。2011年には、『イングリッシュアイランド』(EI)、『サイエンスアイランド』(SI)など、独自の施設による新しい形式の授業を導入し、他大学との交流や合同研究なども本格化しています。2013年度入試から徐々に受験生の学力上昇が顕著になってきているのも、それらの取り組みが成果を上げている同校に対する期待が高まっていることの表れです。

「入学後の保護者アンケートの結果からも、本校を第一志望に受験に臨んだというご家庭が増えてきていることがわかっています。私達教員も授業を通して、ここ数年に入学した生徒達の学力の高さを実感できるようになりました。理系志向の高まりとともに、SIで行っている実験中心の授業『サイエンティストの時間』で学びたいと、具体的に入学後の目標を明言する受験生も少なくありません」
(入試広報室長/西川史子先生)

高度な理系教育を志す受験生に向けた理科の問題に注目

 同校を特徴づける理科教育と連動して、注目したいのが近年の理科の出題傾向です。

 理科では、科学的思考力をはかるような問題が出題されています。

「理系の高度専門職への志と資質を育てるSIができたことで、理科ではここ数年、特徴的な問題を出すようになりました。入学試験での得点力だけでなく、本校入学後に、理科を学んでいく力がどれだけあるかも知りたいところです」(理科担当/堀 邦子先生)

 知識に関する事項は、中学受験用の問題集における頻出事項を中心に出題されています。易しい問題をやり残すことのないよう、大問は易しい問題から難しい問題という順に配列されている点の確認も必要です。理科の学力をバランス良く測定するため、物理・化学・生物・地学の各分野から、1題ずつ出題されています。

「アドバイスとしては、1から順に解いていくことをお勧めします。大問の2と3の最後のほうの小問で行き詰まったときはこだわらずに、次の問題に移ったほうがよいでしょう。大問の4は、小問を一つずつ筋道を立てて考えていかないと、最後まで解けません。小問はどれも決して難しい問題ではありませんので、落ち着いて解き進めましょう。大問1から順に、4分、6分、8分、12分の時間配分を目安にしてください」(堀先生)

 続いて、気になる採点基準についてです。

「漢字という指定がない限り、ひらがなで答えても、単独の問題としては減点しませんが、答案全体としてひらがなが目立っている場合は減点します。また、明らかな誤字は減点の対象となるので注意しましょう。それともう一つ、単位が必要な答えに単位を付け忘れている場合は、やはり減点の対象となります。配点は均等ではなく、大問3と4の配点をやや大きくしています」(堀先生)

(この記事は『私立中高進学通信2015年1月号』に掲載しました。)

山脇学園中学校  

〒107-8371 東京都港区赤坂4-10-36
TEL:03-3585-3911

進学通信掲載情報

【私学だからできるオリジナル教育】研究に1年間没頭し夢と目標を見つける
【学校生活ハイライト】全員が主役! 高校生のリードで中学生も全力投球の体育祭
【行ってきました!学校説明会レポート】3つのアイランドを中心に学校の魅力を発信したナイト説明会
【学校生活ハイライト】学校生活の楽しさを来校者にも伝えたい!
【グローバル時代の学び方】英語を学ぶやる気を高める『イマージョンウィーク』
【Students' Chat Spot】「英語」や「科学」。やりたいことをとことん追求できる環境が自慢!
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】クロスカルチャー教育で国際社会で活躍する力を育成! 2016年より新クラスがスタート
【SCHOOL UPDATE】イングリッシュアイランド/サイエンスアイランド 国際社会で活躍する力を育む新しい設備での最高水準の教育
【キャンパスのビジョン】『あなたが未来を創造する場所』それが新しい校舎のテーマ
【10年後のグローバル社会へのミッション】気分は校内留学!自由に楽しみながら英語を学ぶ
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】英語力が活かせる新入試スタイルでグローバル教育を深化
【キャンパスのVISION】112年の伝統を礎に生き生きと活躍できる新しい学び舎が完成
【私学の先生から受験生へのアドバイス】入学後の“学んでいく力”を問う理科 物・化・生・地をしっかり学ぼう
【キャンパス歩き】新しい施設での新しい教育で 生徒の瞳が輝きます
【Students' Chat Spot】100余年の伝統 夢中になれる活動でいっぱいの学校生活
進学通信2015年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ