LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年1月号

授業発見伝

安田学園中学校

探究
創造的学力を身につけ社会の即戦力へ

生徒の目線になって助言し、考え方を引き出す『探究』担当の物部先生。

生徒の目線になって助言し、考え方を引き出す『探究』担当の物部先生。

 昨年度は『新中学棟』の竣工および中学『2コース制』の設置、今年度は『男女共学化』の実現で、ますますの進化を遂げる同校。最難関国立大学20%、GMARCH以上100%という大学進学を目標に掲げる『先進コース』では、独自の授業『探究』を展開しています。

 この授業での学びは、「疑問・課題→仮説の設定→調査・観察・実験など→新しい疑問・仮説の生成→……」などの方法により、根拠をもって論理的に探究すること。テーマは1年「自然(動物)」から始まり、2年「人間と自然のかかわり」、3年「人間社会」、4年(高1)「個人探究」、5年(高2)「グローバル探究」というように、成長過程に合わせて、理系・文系の両方に触れていきます。「疑問を持つ」ということが日常化するとともに、教科を越えた学びが世の中の事象とリンクするようになるのです。

 この授業で大切にしていることについて、「結果より過程に重点を置いています」と話すのは、『探究』担当で教育企画主任の物部昌太郎先生。その理由を、次のように話します。

「この授業には、『将来的に社会に出て活躍できる人材を育てたい』という願いが込められています。そのため、生徒達には自分で物事を考えたり、問題を発見したりする力をつけてあげたいのです。もし結果が間違っていても、『疑問に思ったことをどう解決するか』という創造的学力を大切にしているので、生徒達がやりたいといったことを、まずはやらせるスタンスでいます」

 そうしたスタンスを貫くために、「指導方法を工夫する必要がある」と、物部先生。

「まずは、生徒達がどう考えているのか聞き出します。それについて『合っている』『間違っている』という指導はせず、認めたうえで『こういう考え方はどうだろうか』と助言をします。そうすると、生徒のさらなる考え方を引き出せるのです」

 この授業で身につくのは、探究する力だけではありません。その成果を発信する機会として年に3回ほどプレゼンテーションの場があり、5年次にはイギリスの大学で発表します。最初は下を向いて話せなかった生徒が、原稿を見ずに自分のことばで発表し、質問にも応えられるようになる、確かな成長が見られるのだといいます。

「コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力が自然と身につきます。『自分の気持ちをどう表現して相手に伝えるか』が今以上に、これからの時代では必要なことであり、人と人との付き合いを大切にしてほしいと思います」
(広報本部長/金子直久先生)

 教育方針である『自学創造』を基盤に、将来グローバル社会で活躍するべく、常に生徒達は課題解決にチャレンジしています。

授業レポート
「なぜ」が自発的な学びに

「疑問は『なぜ』から始めるんだ」と、授業開始前、物部先生はアドバイスを送ります。

 この日に行われた中学1年生の『探究』の授業は、先日訪れた上野動物園観察会を振り返り、担当動物ごとのグループに分かれて、動物に対する疑問、その根拠や理由、仮説をまとめるという内容です。

「最初はなかなか話し合いができないので、こちらから『どう思う?』と働きかけます。生徒達も、夏休みに行った2泊3日の『野外探究』を経て、だいぶ慣れてきました」という物部先生のことば通り、生徒達は活発に意見を交わします。その手元には、観察会でびっしり書き留めたメモと、事前にリサーチした動物に関する資料があります。自ら興味を持ち、自発的に学ぶ生徒達の姿勢がうかがえます。

「なぜゴリラにはしっぽがないのか」「なぜフラミンゴは座らないのか」など、生徒達から集まった多彩でユニークな疑問。次回の授業では、その検証方法を考えます。

探求
探求

(この記事は『私立中高進学通信2015年1月号』に掲載しました。)

安田学園中学校  

〒130-8615 東京都墨田区横網2-2-25
TEL:03-3624-2666

進学通信掲載情報

【6年間の指導メソッド】学ぶ力をつける『学び力伸長システム』
【私学の英語最前線】学校を挙げて「英検」受検 準2級合格者が続々
【グローバル時代の学び方】疑問・仮説・検証を繰り返し論理的思考力を磨く『探究』
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】各コース制で重視する英語 大学入試改革に対応し4技能の総合力を伸ばす
【SCHOOL UPDATE】新1年生宿泊オリエンテーション 入学前から育む友情と礼儀
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】興味の方向を広げ、将来の選択肢を増やす 『自学創造』の精神で磨かれる論理的思考と自分だけの表現力
【Students' Chat Spot】グローバル社会に貢献する人材の育成
【その先に備えるキャリア教育】貢献 「なりたい自分」を見出す そのための貴重な90時間
【熱中!部活動】共学化でより活発に活動!人気の高まる文化系クラブ
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語力と人間力を身につけグローバル社会を生き抜く
【大学合格力強化計画】現役合格力を伸ばす多彩な学習プログラム 学校一丸で生徒を支援する
【授業発見伝】探究 創造的学力を身につけ社会の即戦力へ
【Students' Chat Spot】新校舎、男女共学化 魅力満載の新しい学習環境
【制服Collection】2015年4月男女共学スタート!新しい試みに満ちた制服はグレー基調のすっきりスタイル
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】信頼関係づくりは入学式“前”の『宿泊オリエンテーション』で
進学通信2015年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ