LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年1月号

中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳

獨協埼玉中学校

自ら考え、判断できる若者を育成
中1から始まる“自立”を促す指導

入学式で緊張していた生徒達も、合宿を通じてこんなに笑顔に。

入学式で緊張していた生徒達も、合宿を通じてこんなに笑顔に。

学校生活の土台をつくるオリエンテーション合宿

 130年の歴史を誇る獨協学園の系列校である同校では、 “自ら考え、判断できる若者の育成” をめざしています。言われたことをするだけではなく、自らの頭と心で考え、行動できるように生徒を導く指導は、入学早々から始まります。

 入学したばかりの頃は、新入生にとって友達、先生、生活など、新しいことずくめです。そのため、同校では少しでも早く中学生活に慣れてもらおうと、入学式の翌日から日光で2泊3日のオリエンテーション合宿を行っています。入学式では緊張の面持ちだった生徒達も、オリエンテーション合宿を終えた帰りのバスの中ではすっかり打ち解け、笑い声が響きます。

 この合宿には、二つの目的があります。一つは、仲間と親しくなること、もう一つは学校生活の基本を身につけることです。合宿で渡される冊子『学習の手引き』には、各教科の進め方や、ノートの取り方、必要な用具などがわかりやすく書かれています。カリキュラムについても、1年間各教科でどのような学習を何時間するのかが、詳しく書かれています。

「これから1年間、これだけのことを勉強するんだという自覚を生徒達に持ってもらいたいと思い、カリキュラムについても詳しく説明しています」(入試対策部・1年担任/T・T先生)

 今年度から、同校では中高全学年で生徒手帳にスケジュール機能を持たせました。この合宿では、『スケジュール帳』の使い方も指導します。各教科の課題や提出物のほか、下校後の時間管理表もついており、家庭学習の計画を立てるのにも利用しています。毎日の家庭学習時間を集計して提出し、その推移を次週にフィードバックする『勉強マラソン』という取り組みでも『スケジュール帳』が活用されています。

「言われたことをするだけでなく、それをどれだけ自分のやり方で実行できるかが大切です。スケジュールの管理は、これから6年間の学校生活で、なくてはならない基礎力だと思います」
(入試対策部・1年担任/S・H先生)

 このほか合宿では、集団活動や時間厳守など、基本的な生活指導も行われます。また、後半には日光東照宮を舞台にウォークラリーを行い、チェックポイントに設けられたクイズに仲間と共に挑戦します。

「日光の森の中を歩きながらのレクリエーションは、自然の力も手伝ってかリラックスした雰囲気で、生徒達はすぐに仲よくなっていきます。入学式直後という早いタイミングでのオリエンテーション合宿のおかげで、新年度早々から良い雰囲気で学校生活に入っていけます」(S・H先生)

生徒が自分自身でスケジュールを立てることで、家庭学習の習慣も身につきます。生徒が自分自身でスケジュールを立てることで、家庭学習の習慣も身につきます。
携帯電話の取り扱いは家庭用のプリントを配布し、連携をとりながら進めています。携帯電話の取り扱いは家庭用のプリントを配布し、連携をとりながら進めています。
禁止するのではなくどう使うかを指導

 中学入学を機に携帯電話を持つ生徒は少なくありませんが、同校ではトラブルを未然に防ぐ取り組みも行っています。外部講師を招いての講習会を通じ、携帯電話やSNS、メール利用のマナーを勉強します。

「禁止するのは簡単ですが、道具は使ってこそ価値があるもの。その意味で、道具に振り回されないよう、正しい使い方を教えるのが教育だと考えています」(T・T先生)

 SNSの利用などで小さなトラブルが起きた場合、生徒自身に考えさせ、そこに保護者や先生が寄り添うことで、解決へと向かわせるのが同校のやり方です。

「携帯電話については、各家庭で使い方のルールを決めるようにお願いしています。勉強中は保護者の方が預かるようにするなど、個人面談を通じて多様なアイデアを耳にしています」(S・H先生)

 こうした指導を通じて、生徒は「信頼されている」という自覚を持ち、自ら考え行動する力を育んでいきます。枠にはめた指導ではなく、生徒一人ひとりの自主自律、 “生きる力” を育むのが同校の教育方針なのです。

ここに注目!
早めのオリエンテーション合宿でクラスの“まとまり”が生まれる
地図を見ながら日光東照宮のチェックポイントを探す生徒達。一緒に行動するうちに、絆も強くなります。地図を見ながら日光東照宮のチェックポイントを探す生徒達。一緒に行動するうちに、絆も強くなります。

 オリエンテーション合宿の唯一のレクリエーションであるウォークラリーでは、クラスの男女5~6人が1グループになって行動します。「ねむり猫の裏には何がある?」などの謎めいた質問に、決められたエリアを回りながら、仲間と協力して答えを見つけ出していきます。

(この記事は『私立中高進学通信2015年1月号』に掲載しました。)

獨協埼玉中学校  

〒343-0037 埼玉県越谷市恩間新田寺前316
TEL:048-977-5441

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】体験を積み上げて学ぶ理科の実験授業
【Students' Chat Spot】行事などでみんなが楽しんでくれるとやりがいを感じます!
【学校生活ハイライト】学年ごとに一つのテーマを掘り下げそれぞれのクラスが個性を発揮
【子どもの自立を促す教育】体験を通して興味を広げ夢の実現に向けて行動する 精神的大人になるための信じて見守る教育
【The Voice 新校長インタビュー】「語学の獨協」の伝統を受け継ぎ 個性と多様性を重んじる人間形成
【その先に備えるキャリア教育】勤労 「働くことの意義」を実感 上野・アメ横での職業体験
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】勉強・部活動・学校行事のすべてに全力で取り組み 自ら考え、主体的に行動する生徒を育成
【熱中!部活動】高い意識を持って勉強と部活を両立させる
【キャンパスのVISION】自然に恵まれた環境と充実した施設の中で送る 伸び伸びとした学園生活
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自ら信じる価値観を自分の力で確立させる
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】自ら考え、判断できる若者を育成 中1から始まる“自立”を促す指導
【私学の光輝】蛙鳴祭
【Students' Chat Spot】選挙を経て、生徒会役員に 充実した学校生活を送る中学2年生
進学通信2015年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ