LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年1月号

キャンパス歩き

跡見学園中学校

伝統の女子教育を継続する
静かな環境と充実の施設

2015年、創立140周年を迎える伝統校。知的探究心を育む図書館やのびのびと活動できる土のグラウンド、さらに礼儀作法を身につける本格的な和室といった施設が整い、生きた学習体験を支えています。
グラウンド 教室はすべて南向き。明るく、風通しのいい環境が整っています。都心では珍しい土のグラウンドでスポーツや部活動に励みます。

グラウンド
教室はすべて南向き。明るく、風通しのいい環境が整っています。
都心では珍しい土のグラウンドでスポーツや部活動に励みます。

『目と手と心と』を養う女子教育
学祖跡見花蹊(かけい)先生の銅像 正門の左手にあります。生徒達が登下校時に校門でおじぎをするのが伝統です。学祖跡見花蹊(かけい)先生の銅像
正門の左手にあります。生徒達が登下校時に校門でおじぎをするのが伝統です。

「ごきげんよう」とキャンパスで交わされるあいさつは、創立期からの伝統を引き継ぐものです。連綿と続く女子教育の理念は、充実した図書館や本格的な和室、美しい講堂にも表れています。中1生から平和教育として図書館を利用した調べ学習を行い、修学旅行では広島の原爆ドームなどを見学します。また開校当時から行儀作法を取り入れており、現在でも作法室で「茶道」「華道」「箏曲」を課外授業として実践しています。「本物」に触れ、豊かな心を育てることを教育方針としている同校では、理想的な施設・設備を活用して、スポーツや演劇鑑賞など感性と情緒を涵養する機会も多く取り入れています。

アトリウム キャンパス中央部にある吹き抜けのアトリウムは自然光が差しこむ落ちついた空間です。アトリウム
キャンパス中央部にある吹き抜けのアトリウムは自然光が差しこむ落ちついた空間です。
跡見李子(ももこ)記念講堂 約350人収容可能な講堂です。演劇や発表会、校長先生の訓話などに利用されています。跡見李子(ももこ)記念講堂
約350人収容可能な講堂です。演劇や発表会、校長先生の訓話などに利用されています。
図書館 蔵書数7万冊以上、約70種類の雑誌と11種類の新聞も揃います。館内には多目的ルームや調べ学習などに利用できるレファレンスルーム(辞典・事典約2900蔵)が設けられています。図書館
蔵書数7万冊以上、約70種類の雑誌と11種類の新聞も揃います。館内には多目的ルームや調べ学習などに利用できるレファレンスルーム(辞典・事典約2900蔵)が設けられています。
雑誌架には料理の本や専門雑誌も豊富!雑誌架には料理の本や専門雑誌も豊富!
作法室(和室) 庭園が眺められる和室で、礼儀作法や和の精神を学びます。にじり口という小さな入口を備え、本格的な茶室としても利用できます。
作法室(和室) 庭園が眺められる和室で、礼儀作法や和の精神を学びます。にじり口という小さな入口を備え、本格的な茶室としても利用できます。

作法室(和室)
庭園が眺められる和室で、礼儀作法や和の精神を学びます。
にじり口という小さな入口を備え、本格的な茶室としても利用できます。

温水プール オールシーズン利用可能な屋内プールを地下2階に設置(25m×6コース)。温水プール
オールシーズン利用可能な屋内プールを地下2階に設置(25m×6コース)。
国際水連の規定に適合した、可動式踏み切り付きの新型スタート台を導入しました。国際水連の規定に適合した、可動式踏み切り付きの新型スタート台を導入しました。

(この記事は『私立中高進学通信2015年1月号』に掲載しました。)

進学通信2015年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ