LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2015年1月号

私学の先生から受験生へのアドバイス

春日部共栄中学校

基礎力考える力を問う良問を出題
入試種別が一部変更で門戸拡大!

英語と専門性で海外進学も視野に

「基礎的な学力と、知識の詰め込みではなく自分で考える力があるかを問う問題になっています。学力は、入学後に責任を持って伸ばすという姿勢です」と星善博教頭。

 2015年度は、第3、4回入試の種別が『GE(グローバルエリートクラス)』から「総合選抜入試」へ変更され、受験者への門戸が広がります。合格者は得点によりGE/GS(グローバルスタンダードクラス)へ振り分けられ、「スライド合格」は実施されません。スライド合格とは、GE受験者に対しGE合格点未満でもGS合格圏内とみなした場合はGSへ合格させる制度で、第1、2回では昨年同様に実施されます。国語・算数の2科に秀でた受験生のために、昨年からGEに2科入試も導入しました。GEクラスのキーワードは『世界、英語、専門』。

「世界を知り、自分の世界を持ち、高い専門性と英語力で広く社会で活躍する人物になってほしい。海外進学を希望する生徒が増えることも期待している」と宇野禎弘校長。2泊3日のイングリッシュサマーキャンプなど1年生から始まる多彩な英語教育が特徴です。

 また、専門性への意欲を育むため、開校以来、各界の第一人者を招き100回を超す講演会を開いています。2014年からの新体制で、広い視野を持ち次世代を生き抜くスペシャリストを養成する環境がさらに拡充されます。

各教科では例年通り過去問が合格の鍵

 出題傾向は例年通りで過去問題が重要です。

 国語は、GE/GSとも『漢字書き取り』『説明的文章』『物語的文章』の大問が3題。

「漢字は意味で理解できるように短い文章で覚えましょう。記述問題では、求められる文字数の8割を目安に最後まで書き切ることが大切。指示語は頻出です。指示する内容がどこにあるか、近くの文から見つけ出す訓練をしてください」(国語/増田剛先生)

 算数は、GE/GSとも大問が6題、大問3は2題で各10点です。

「GEでは部分点があり、答えのみだと4点、答えが不正解でも立式が正確なら6点、図にも3点が与えられます。自分が考えた過程を必ず図や式でしっかり表現してください。図形の移動の様子を無地のノート上にフリーハンドで書く練習は有効です」(数学/高山遼先生)

 理科は、『運動とエネルギー』『物質と変化』『生物と環境』と、GEでは『地球と宇宙』、GSでは『時事問題』が出題されます。「各分野とも基礎と思考力を問う問題で構成されます。GEで未習の内容が出されても、実は問題文のキーワードから解くことができます。キーワードを見つけてわかりやすくまとめる練習、図や表から関係性を見つける練習をしておきましょう」(理科/田村輝明先生)

 社会科は、『地理』『歴史』『政治』の大問3題。「『地理』では、日本の都市や地形の名称は必須です。『歴史』は各時代の特徴をつかんで流れを理解しておくこと。『政治』では日本国憲法を中心に出題します。新聞やニュースに日頃から触れましょう」(社会/佐藤大祐先生)

進学通信2015年1月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ