LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年12月号

私学しゅん報

明治大学付属明治中学校

紫紺祭
知性と創造性が輝く

豊かなアイデアで来場者を魅了!
生徒、先生、保護者、卒業生が一つになる特別な2日間
 “猛々しさ”と “美しさ”が共演する応援指導班のステージは、『紫紺祭』のハイライトともいえる伝統の催しです。

“猛々しさ”と “美しさ”が共演する応援指導班のステージは、
『紫紺祭』のハイライトともいえる伝統の催しです。

 毎年、多くの来場者でにぎわう『紫紺祭』。今年も2日間で1万人近い人が訪れました。今年度のテーマは「May genius(天才かもしれない)」。その言葉どおり、どの発表を見ても、生徒達の才能やアイデアが随所に感じられます。

 なかでも盛り上がりを見せたのは、鵜澤總明ホールでのステージ発表です。ダンス部が独創的な踊りを披露すれば、吹奏楽班は2人のDJ役が巧みな司会で会場を盛り上げ、なじみのある曲を演奏します。客席は立ち見が出るほどの超満員。幾度となく掛け声や手拍子がわき起こりました。共学化から7年目、男女の仲の良さも伝わってきます。

 一方の教室展示も、創意工夫に満ちた企画が並びます。その一つ、自主運営サークル『法学入門』では、サルカニ合戦や地元で起きたマンション訴訟を題材にしたユニークな模擬法廷で、来場者の関心を集めていました。

「『紫紺祭』は生徒達の自主運営が基本ですが、ただ生徒任せにするわけではありません。教員やOBなどが温かい目で見守り、時に的確にサポートします。背景に “オール明治”の精神があるからこそ、生徒達はのびのびと自分らしさを発揮できるのです」(広報主任/齊藤信弘先生)

 フィナーレを飾るのは、『紫紺祭』の名物、応援指導班のステージ。今年も在校生、教員、保護者、卒業生が一体となって声援を送りました。

予想外な演出の連続で、会場を盛り上げた吹奏楽班。予想外な演出の連続で、会場を盛り上げた吹奏楽班。
模擬法廷を行った『法学入門』は、大学助手を務める卒業生のサポートを受けて運営しています。模擬法廷を行った『法学入門』は、大学助手を務める卒業生のサポートを受けて運営しています。
中学生は学年単位での教室展示。これまでの学習成果などをまとめ、発表しました。中学生は学年単位での教室展示。これまでの学習成果などをまとめ、発表しました。
生徒の手拍子に乗り、軽快に踊るダンス部員達。生徒の手拍子に乗り、軽快に踊るダンス部員達。
化学部はユニークな実験を披露。多くの小学生を集めていました。化学部はユニークな実験を披露。多くの小学生を集めていました。
明治大学の人気キャラクター “めいじろう”も来校。明治大学の人気キャラクター “めいじろう”も来校。

(この記事は『私立中高進学通信2014年12月号』に掲載しました。)

明治大学付属明治中学校  

〒182-0033 東京都調布市富士見町4-23-25
TEL:042-444-9100

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】野球部の活動とテーマを持った学習 中高時代の学びが将来の夢につながる
【行ってきました!学校説明会レポート】さまざまな体験をして入学後の自分を見いだす
【SCHOOL UPDATE】明治大学・明治高等学校連携サマーセミナー 高大連携セミナーで将来のキャリア設計を描く
【その先に備えるキャリア教育】涵養 司法試験トップ合格!学びの原動力は「面白い、楽しい
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】食事の質とおいしさにこだわった開放的な食堂が人気!
【目標にLock On!! 私の成長Story】明治大学との太いパイプを生かして高校在学中に公認会計士試験の勉強をスタート
【グローバル時代の学び方】自分の意見を英語で語り未来を拓くコンテスト
【The Voice 新校長インタビュー】“競争しない教育”は直系付属校ならではの環境 英語と数学で生きる力を鍛える
【目標にLock On_!! 私の合格Story】学校生活を精いっぱい楽しみながら付属校から最難関大学に現役合格!
【SCHOOL UPDATE】中大連携事業 中大連携スプリングセミナー(理科実験講座)
【私学しゅん報】紫紺祭 知性と創造性が輝く
【The Voice 新校長インタビュー】常に上を見つめ、どう生きるべきか どう社会に貢献すべきかを考えてほしい
進学通信2014年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ