LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年12月号

On Going! 進歩する私学の注目情報

麗澤中学校

道徳教育を基盤とする叡智を磨き
真のリーダーを育成する『叡智コース』

叡智コース

東京大学をめざす

アドバンスト叡智コース

難関国公私立大学をめざす

エッセンシャル叡智コース

 2015年4月、新たに『叡智コース』がスタートします。東京大学をめざす『アドバンスト叡智コース』と、難関国公立大学をめざす『エッセンシャル叡智コース』の2コース制で展開される意欲的な取り組みについて、森川嘉之教頭先生にうかがいます。

「叡智とは、知識と知性を支える優れた智恵を表し、物事の真実や真理をとらえることのできる、最高の認識能力のことです。現在のグローバル社会では、冷静かつ客観的に物事の本質を見抜き、複雑な諸問題を解決していく総合的な人間力が求められています。本校では、優れた叡智を携えた真のリーダーを育成するため、2002年の中学開校以来、蓄積してきた研究成果と実績を活かしながら、さらに麗澤らしい教育活動を展開していくことになりました」

 叡智コースの設置にあたり、同校はこれまで築き上げ、着実に成果をあげてきた独自の教育(言語技術教育・英語教育・キャリア教育など)をさらに進化させ、新たに5つの「L」をキーワードとして制定しました。Language(英語力)・Logical thinking(論理的思考力)・Liberal arts(教養)・Literacy(情報活用力)・Leadership(リーダーシップ)の5つです。

「この5つのLを鍛えながら、真のグローバル人材の育成に努めます。ただし、リーダーシップを発揮するのは一人の人間ですから、はたしてそのリーダーが信頼するに足りる人物か否かの判断は、結局のところ、その人間性を表すベースとなる道徳教育にかかっているといっても過言ではありません。
 本校の創立者である廣池 千九郎ひろいけ ちくろう先生は、漢字8文字からなる格言を100以上も遺していますが、その中の一つに「徳を尚たっとぶこと学知金権より大なり」とあります。人柄さえ良ければ、学知金権の諸力はどうでもよいという意味ではなく、道徳性が身についている人にそういった諸力が身につけば、本物の人間、真のリーダーとして認められるという意味で、まさに5つのLと道徳教育が一体となった本校がめざすリーダー像がそこにあります。
 開校から12年を経ていよいよ気高い “叡智” を備えた人材育成のための『叡智コース』が始まります。創立以来、受け継がれてきた人間教育をより深化させ、豊かな智恵を備えた真のリーダーを輩出してまいります」

ココがポイント
Language+Logical thinking
グローバル社会で不可欠な力を鍛える英語+言語技術のコラボレーション
GTEC Writing Score(120満点)。与えられたタイトルに対する自由英作文が課されるGTECのWritingにおいて、同校の中3が全国の高3の平均点を上回りました。GTEC Writing Score(120満点)
与えられたタイトルに対する自由英作文が課されるGTECのWritingにおいて、同校の中3が全国の高3の平均点を上回りました。

 豊かなコミュニケーション能力を育む「生きた英語力」の習得と「大学入試を突破する英語力」の養成をめざす英語教育に、同校独自の教科である『言語技術』をプラスして取り組んでいるのが麗澤教育の特徴の一つです。国際社会を堂々と生きるために必要な “言葉を操るスキル” を日々、トレーニングしています。

「言語技術の授業は中1から高1までが対象で、各学年とも必修で、週1時間実施しています。授業はすべてディスカッション形式で行われ、作文で集結。ルールに則って問答を繰り返し、相手の考えを理解する受信力と、自分の考えを伝える発信力を鍛えていきます」(森川先生)

 言語技術で習得した “言葉を操るスキル” を、存分に発揮していくのが英語です。

「発信力の不足が課題とされる日本人の英語力ですが、本校では英語によるプレゼンテーション能力も特筆すべきレベルに達しています。特に中3のイギリス研修旅行の際に実施しているプレゼンは、現地校の先生・生徒からも高い評価を得ています。一方、英語コミュニケーション能力を測定するテストとして知られる『GTEC』のライティング(課題「自由英作文」)においても、本校の中3は、全国高3の平均を上回る結果を残しており、その背景には、言語技術に裏打ちされた確かな論理的思考力が一人ひとりに備わっていることを実感しています。来年度から始まる『叡智コース』では、さらにパワーアップした “英語+言語技術” のコラボレーション教育の効果を実感していただきたいと思っています」

言語技術は体系的に「聴く・話す・読む・書く」ことをトレーニングしながら、論理的に思考する力を育成しています。言語技術は体系的に「聴く・話す・読む・書く」ことをトレーニングしながら、論理的に思考する力を育成しています。
同校のネイティブスピーカーはALT(Assistant Language Teacher)ではなく、日本人教師とのチームティーチングによる質の高い授業を展開しています。同校のネイティブスピーカーはALT(Assistant Language Teacher)ではなく、日本人教師とのチームティーチングによる質の高い授業を展開しています。
ココがポイント
さらに高い進学実績へ
『叡智コース』に期待をつなぐ2014年春の堂々たる合格実績
国公立大学の進学データ(棒グラフ)(合格者内訳)東京大学1名、北海道大学1名、東京工業大学1名、筑波大学3名、千葉大学6名、お茶の水女子大学2名、東京外国語大学1名、国際教養大学1名、横浜国立大学1名など国公立大学の進学データ(棒グラフ)
(合格者内訳)東京大学1名、北海道大学1名、東京工業大学1名、筑波大学3名、千葉大学6名、お茶の水女子大学2名、東京外国語大学1名、国際教養大学1名、横浜国立大学1名など

 今春の大学入試で、現役受験生の4人に1人が国公立大学の合格を勝ち取りました(合計50名)。また私立大学では、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、GМARCH、東京理科大学などの難関大学に、延べ173名が現役合格を果たしています。大学受験に向かう力を、開校からわずか12年で確実なものにしてきた同校の指導力に今、大きな期待が集まっています。

「皆様からいただく期待を、来年度からの『叡智コース』のスタートとともに、より大きく育てていきたいと思っています」

(この記事は『私立中高進学通信2014年12月号』に掲載しました。)

麗澤中学校  

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
TEL:04-7173-3700

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】温かい人たちに囲まれて過ごした6年間 弓道に打ち込みながら第1志望校に合格
【キャンパスのビジョン】古き良き伝統と新しさが調和した食堂「けやき」が誕生
【私学の校外学習・学外交流】伝統に息づく先人の志や願いに触れ国際社会を生きる基盤を培う
【目標にLock On!! 私の成長Story】クラスメートとの濃密な日々を通して得た成長と気づきが、未来を切り拓く原動力に
【目標にLock On!! 私の成長Story】楽しく学び、医学の道に進めたことに感謝するばかりの6年間
【学校生活ハイライト】日本の伝統・文化を深く学び表現する麗鳳祭
【グローバル時代の学び方】グローバルな視点を育むユネスコスクールの取り組み
【6年間の指導メソッド】実体験に根ざした教養教育を中学から
【大学合格力強化計画】「叡智」を磨く東大コースを新設 豊富な課外講座で万全の志望校対策
【私学の光輝】入学式 共に磨き合う仲間と迎える新たな門出
【校長が語る 思春期の伸ばし方】自分の夢を追いながら社会にも貢献できる人に
【学校生活ハイライト】チームワークとコミュニケーション力で「麗澤らしさ」を発揮する3日間
【10年後のグローバル社会へのミッション】知識と人間性を兼ね備えた 叡智にあふれるリーダーを育成
【その先に備える キャリア教育】一人ひとりを進むべき進路へ導く 道徳教育に基づくキャリア教育
【On Going! 進歩する私学の注目情報】道徳教育を基盤とする叡智を磨き真のリーダーを育成する『叡智コース』
【私学の光輝】〝誇り〟と〝謙虚〟さを胸に学校生活の第一歩を踏み出す
進学通信2014年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ