Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年12月号

On Going! 進歩する私学の注目情報

佐野日本大学中等教育学校

4・5年生の全生徒がタブレット端末の使用を開始!
本格化するICT活用

4・5年生の全生徒がタブレット端末の使用を開始!本格化するICT活用

 中等教育学校として、6カ年一貫の体系的なカリキュラムが組まれている同校ですが、ICTの効果的な活用が、学力の定着・向上につながっています。以前から、社会科で動画を活用した反転授業を実施するなど、その取り組みは注目を集めてきました。加えて今年9月からは4・5年(高校1・2年)生に1人1台のタブレット端末を導入し、学習活動におけるICTの活用が本格的にスタートしました。

「先進事例の視察などを通じて、日々の学習に効果があると判断し、導入を決定しました。生徒達は端末を使って課題をダウンロードすれば、いつでもどこでも学習できるようになります。本校には約2時間をかけて通学してくる生徒もいるので、そうした時間も有効に使えます。自主学習の習慣が早期に定着することが、学力の向上につながっていくことも期待しています」(入試室/荒木敏幸先生)

 タブレット端末のOSは、『Windows 8』です。1~3年(中学1~3年)でパソコンを活用してきた生徒達にとっては、見慣れた画面なので、難なく活用できます。また、今秋には無線LANの設備も増強し、キャンパス内のほぼどこからでも、高速インターネットが利用できる環境を整えました。今後は教室はもちろん、特別教室や校舎周辺でも、タブレット端末を活用することができます。

「たとえば、理科では事前に実験の動画を見せて、手順や注意点などを伝えておけば、実験本番をスムーズに進めることができます。国語や社会科では、教科書に載っている写真や挿絵を拡大したり、インターネットで詳しく調べたりすることもできます。こうして授業に “変化” が出ることで、生徒達の学習意欲を高めることができます」

 同校では今後、4~5年生での成果を踏まえながら、1~3年生にもタブレット端末を導入していく予定です。タブレットを活用することで家庭での学習が充実すれば、学習意欲も高まっていくことでしょう。そして、最終的な目標は “大学合格実績の向上” にあると荒木先生は言います。

 今後は、生徒一人ひとりの成績のデータベース化と分析を通じて進路選択にも役立てていく予定です。中等教育学校となってから5年目を迎える同校ですが、タブレット端末という新たなツールを得たことで、さらなる飛躍が期待できそうです。

ココがポイントデジタルキャンパス
先生・生徒・保護者の情報共有・交流プラットフォーム

 タブレット端末の導入と同時に整備したのが、『デジタルキャンパス』と呼ばれるページです。先生と生徒、保護者が情報を共有し、交流するプラットフォームとしての活用が期待されています。ここにアクセスし、IDとパスワードでログインすることで、生徒達は学校・学級・教科からのお知らせ、教材、時間割、学級だよりなど、必要な情報をいつでもどこでもダウンロードすることができます。先生と生徒が情報を交換・共有する「連絡掲示板」もあり、質問や相談を書き込むことも可能です。IDとパスワードにより、アクセスできる情報がコントロールされているため、プライバシー保護の側面からも安心して利用できます。

デジタルキャンパス
デジタルキャンパス
ココがポイントアプリの活用
授業に変化が出て、学習効果が高まる
アプリの活用

 タブレット端末は、さまざまなアプリ(ソフト)を使うことができます。たとえば、同じ4択問題を生徒達の端末画面に表示し、解答の集計結果をプロジェクターなどで表示することなどもできます。また、先生が作ったオリジナルの教材に、生徒がテキストを書き加えたり、マーカーを引いたりできるアプリもあります。同校では、こうしたアプリを活用することで、従来の一方通行型とは異なる双方向型の授業を実施し、生徒達の学習意欲を向上していきたいと考えています。

ココがポイント反転授業
自宅で視聴してきた動画の内容を授業で発表
反転授業

 反転授業とは、自宅で学習してきたことを学校で復習・定着させるもので、新しい学びの形態として注目を集めています。同校では、社会科で他校に先駆けて反転授業を実施し、その取り組みは新聞などでも取り上げられるほど、注目を集めてきました。具体的な進め方は、生徒達が自宅で先生が用意した授業動画を視聴し、授業ではその内容や課題を発表するというものです。生徒達は、仲間の前で恥はかけないと思い、動画を集中して見るうえに、発表というプロセスを通じて、より深く単元内容を理解することができます。タブレット端末の導入により、今後は同様の反転授業が、より多くの教科で展開されていくことが期待されます。

(この記事は『私立中高進学通信2014年12月号』に掲載しました。)

佐野日本大学中等教育学校  

〒327-0192 栃木県佐野市石塚町2555
TEL:0283-25-0111

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】“成功”という同じ目標に向け心が一つになる『顕桜祭』
【注目! News and Topics】「ニュージーランド ターム留学」がスタート自分と向き合い英語力を磨く3カ月
【熱中!部活動】文化部の全国大会である「総文祭」に昨年、2回目の出場
【私学の校外学習・学外交流】世界をぐっと身近にする多彩な姉妹校との交流プログラム
【THE VOICE 校長インタビュー】『自主創造』の精神のもと世界へと羽ばたく人材育成をめざす
【キャンパスのビジョン】広々とした快適な空間で読書活動にはげむ
【制服物語】制服のリニューアルとともに 心も新たに『第2世紀』へ踏み出す
【職員室のヒミツ】充実したサポート体制で生徒一人ひとりの進路の実現と豊かな人間性を育む完全一貫教育校
【制服物語】フルモデルチェンジした制服とともに2017年から新たな一歩を
【グローバル時代の学び方】ASEAN諸国と教育連携 ALT授業で英語力を強化
【未来を生き抜く学力のつけかた】世界に向けてネットワークを構築し 問題を解決できるタフな人材を育成
【キャンパスのVISION】蔵書数8万冊を誇る自慢の図書館は好奇心を満たす知的空間
【The Voice 新校長インタビュー】自ら考え、自ら調べ自ら行動する人間の育成 21世紀を生きる土台づくりの6年間
【キャンパス歩き】豊かな自然に囲まれた広大な敷地と充実の施設で“新たな自分”を発見する6年間
【On Going! 進歩する私学の注目情報】4・5年生の全生徒がタブレット端末の使用を開始!本格化するICT活用
【学びのプロセス】タブレット端末などを活用する反転授業
進学通信2014年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ