Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年12月号

私学の光輝

聖徳学園中学校

太子祭

活気に満ちた文化祭から見えてくる、それぞれの成長の姿
太子祭
高1・2生による模擬店は大繁盛!高1・2生による模擬店は大繁盛!

『全身全霊〜頂点さえも越えていく〜』。力強いスローガンが掲げられた横断幕をくぐると、校内は快活な雰囲気であふれていました。

 9月20日、21日の2日間にわたって、クラスの出し物や学習成果の発表、部活動のパフォーマンスなど、さまざまな催しが繰り広げられた『太子祭』。聖徳太子の『和』の教えを建学の精神とし、一人ひとりの可能性を伸ばし未来を育むことを教育の目標とする同校では、文化祭もその重要な実践の場と位置づけています。

 準備の過程を通して協力の精神を培い、生徒どうしの連帯感を強めるとともに、開催時にはそれぞれが活躍の場をもち、その成果を披露。中学生はクラスごとに演劇や動画上映などの企画を行います。中1生が5月に新潟県阿賀町で体験したファームステイをポスターや映像で紹介するブースや、その阿賀町で作られたお米や野菜を販売する物産展もあります。

 部活動の発表では、吹奏楽部によるマーチングや書道部によるパフォーマンスなどもあり、大いに盛り上がりました。

『太子祭』の入り口に面した12号館『かえで未来館』の広い窓から、電子黒板対応の理科室「S-LAB」がよく見えます。ここで行われた、理科実験部の実験を見学しに、多くの来場者が足を運んでいました。

「学校生活のなかで、何かしら舞台に立ち、発表することは貴重な体験です。本校は生徒が主役になれる行事が多くあり、とくに文化祭では『自分たちのステージ』を作り上げることができます。さまざまな発表や企画は、生徒の自由な発想で立案されたもの。一人ひとりの興味や関心、そして意欲を引き出し、個性と創造性を伸ばすきっかけの場になっているのです」と入試広報部長の岩崎喜和先生。

スローガンには「競い合うことで、自分の限界を超え、全力を尽くそう」という意味が

中1生のファームステイの紹介
新鮮な野菜が並ぶ阿賀町物産展

中1生のファームステイの紹介と、
新鮮な野菜が並ぶ阿賀町物産展。

理科実験部は電流実験や人工イクラの作り方などの実験を紹介。理科実験部は電流実験や人工イクラ
の作り方などの実験を紹介。
『絆』を力強く書く書道部員。『絆』を力強く書く書道部員。
ダンス部による、明るく元気なステージ。ダンス部による、明るく元気なステージ。
華やかな作品が展示された華道部の『華道展』。華やかな作品が展示された華道部の『華道展』。

(この記事は『私立中高進学通信2014年12月号』に掲載しました。)

聖徳学園中学校  

〒180-8601 東京都武蔵野市境南町2-11-8
TEL:0422-31-5121

進学通信掲載情報

【Students' Chat Spot】自由な校風のなかで自律性と協働力を育む
【目標にLock On!! 私の成長Story】全幅の信頼を寄せる先生と ともに歩んだ6年間
【私学だからできるオリジナル教育】iPadを駆使して映画制作作品発表の場は聖徳映画祭
【実践!未来の学び STEAM教育】“Art”にこだわったSTEAM教育で一生学び続ける力を鍛える
【コロナに負けない!私学のアクション】簡潔な解説動画と Zoomによる双方向授業で 効果的な学びを展開
【大学合格力強化計画】自学自習を確立し体験型学習で学びの本質をつかませ学力伸長度全国1位に
【熱中!部活動】仲間と豊かな時間を過ごし絆を強める
【学校生活ハイライト】エールを送り合い支え合う生徒が主役の体育祭
【学校ってどんなところ?生徒の一日】未来を見据えた最先端の教育とアットホームな学生生活を送る
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】教科の融合がポイント!STEAM教育で育てる新しい価値を創造する力
【The Voice 校長インタビュー】感性を磨いて、挑戦を忘れず世界のために力を尽くそう
【グローバル時代の学び方】日本の文化・伝統に触れ世界へ羽ばたく力を育む
【キャンパスのビジョン】STEAM教育を学ぶためにICTで最適化された新校舎
【注目のPICK UP TOPIC!】試行錯誤とディスカッションが楽しめる授業 プログラミングで論理的思考力を伸ばす
【学校生活ハイライト】一人ひとりが主役として輝き生徒間の絆を深める体育祭
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】実社会との知の連携が好奇心を刺激し、力を引き出す
【未来を生き抜く学力のつけかた】大学と心を通わせて学び 企業と連携してものを作り 国際貢献で自分を知る社会との知の連携が充実
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】本年度より中1授業にiPadを導入 中1担任と専門支援員がタッグを組んで挑むオリジナリティあふれるICT授業
【SCHOOL UPDATE】iPad活用 心を育てる独自のICT教育に挑む
【私学の情報リテラシー】生徒の未見の才能を見出し伸ばす ICTを活用した心の教育
【私学の光輝】太子祭
【大学合格力強化計画】生徒の個性を引き出し学力を伸ばす
進学通信2014年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ