Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年12月号

私学の先生から受験生へのアドバイス

サレジオ学院中学校

教科の知識をつけるだけでなく
日常生活との関わりを考えよう

問題数が多くても焦らず、わかる問題から時間を考えて解いていく

 同校の2015年度入試は、募集定員、入試日程、出題傾向ともに、前年度までと変わりありません。2月1日は日曜日ですが、例年どおり2月1日と2月4日に実施します。

 入試科目は国語、算数、理科、社会科の4科目です。国語と算数は50分ずつで各100点満点、理科と社会科は40分ずつで各75点満点です。

「本校の問題はどの教科もボリュームがあります。過去問を解いて、出題の傾向や時間配分を把握して試験に臨んでほしいと思います」 (入試・広報委員長/小川剛史先生)

記述問題は部分点があるので書けるところまで書く

 国語は大問4題構成で、そのうち2題を占める漢字の書き取りと読みは落とさないようにしたいところです。時事問題に関連した漢字が出題されることもあるので、日頃から新聞に目を通し、わからない漢字は確認しておくことが得点につながります。

 読解問題は、説明的文章と物語文の読解が出題され、論理的な構成や登場人物の心情の変化を読み解くことが求められます。記述問題は部分点があるので、必ず解答しましょう。その際、理由を聞く問いに対しては「~だから」といった具合に、問いかけに対して正しく答えることが大切です。説明の根拠が書いていなかったり、引用の間違い、誤字、脱字は減点の対象になるので注意する必要があります。

 算数は大問6〜7題で、計算問題、図形、特殊算など、分野の偏りがなく出題されます。第1回試験の受験者平均点は例年約50点、合格者平均点は約60点です。

 算数が苦手でも50点程度取れていれば、他の教科でカバーすることが可能ですので、計算問題や大問2、3などのやさしい問題で点を落とさないことが大切です。後半の大問はやや難易度が高いものが出題されますが、冒頭にはやさしい問題もあるので、諦めずに解答しましょう。途中の考えを書く問題は、部分点があるので少しでも書いて点数に結びつけたいものです。

 算数が得意な人は、後半の難しい問題でしっかり点数をとることで優位に立てます。とくに、ここ数年出題されている “理由を説明する問題” に注目してほしいと数学の亀田隆史先生は言います。

「理由を説明する問題は、中学で学ぶ証明の単元につながるものです。国語の問題と同じように、どのようにしてその式や数値を導き出したのか、ことばと式・図などを使って説明してください。相手に伝わるように書くことが大切です」

理科、社会科ともに実生活との関連を理解する

 社会科は地理、歴史、公民の3分野、各25点です。問題数が多く、年によって出題順が違うので、できる問題から着手し、最後まで解くことが大切です。

 2014年度の入試で、合格者と不合格者の正答率に差が出た問題が、図表や地図、文章の読み取りです。
「地理の問題であるけれど地図が掲載されていない問題もありますが、頭に日本地図を思い描くことができた人は難なく答えられることでしょう。日頃から地図や図表を注意深く見て頭に入れておきましょう」(小川剛史先生)

 理科では知識、計算、図表の分析など、幅広い力が問われます。身の回りの自然現象についての問題や、実験のグラフや表を読み取る問題も出題されるため、理科の基礎知識から一歩進めて、日常生活でどのように活用されているか、理解を深めることが高得点につながります。

 また、解答は記号、語句、数値、記述など指示された形式で答えることが求められます。設問を最後まで正確に読んでから解答しましょう。

(この記事は『私立中高進学通信2014年12月号』に掲載しました。)

サレジオ学院中学校  

〒224-0029 神奈川県横浜市都筑区南山田3-43-1
TEL:045-591-8222

進学通信掲載情報

【熱中!部活動】仲間との活動を通して知と心と体を養う
【SCHOOL UPDATE】クリスマス街頭募金
【熱中!部活動】失敗を恐れず勝利へ向かってチャレンジ
【Students' Chat Spot】互いに刺激し合って語学力を磨いています。
【その先に備えるキャリア教育】目標 『25歳の男づくり』を見据え未来を描く種を蒔く
【学校生活ハイライト】国内外の姉妹校・兄弟校と交流し国際化へと飛躍する
【熱中!部活動】【吹奏楽部】自身の役割を理解して部の活動に貢献する
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】正解のない問題にどう向き合うか オリジナル探究型学習『未来塾』
【グローバル時代の学び方】世界へ目を向け奉仕する心を育てる
【目標にLock On!! 私の成長Story】一時は「辞めたい」とさえ思った学校が自分を大きく育て司法への道を拓いてくれた
【熱中!部活動】身近な謎をカガクする未来の博士たち
【中1の始め方】「25歳の男づくり」への第一歩 友情を育み、学習習慣を確立する1年間
【目標にLock On!! 私の成長Story】目標だった「25歳の男づくり」 振り返り気づく先生の支え
【キャンパスのVISION】新たな学習環境で知識と教養を身につける「25歳の男づくり」
【私学の先生から受験生へのアドバイス】教科の知識をつけるだけでなく日常生活との関わりを考えよう
【私学の光輝】フィリピン語学研修
【遊べる・役立つ・夢中になれる 学習のすすめ】理科 身の回りの現象を化学で解明しよう!
進学通信2014年12月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ